青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「カポディモンテ美術館展」 | main | 「デイヴィッド・アジャイ展」 >>

「マン・レイ展」チケットプレゼント

六本木、国立新美術館で開催中の「マン・レイ展」


「マン・レイ展」公式サイト

2007年から2010年にかけヨーロッパ7か所の美術館で開催されたマン・レイの展覧会「Man Ray: Unconcerned But Not Indifferent」に新たに70点を追加しマン・レイの全貌に迫る展覧会。

マン・レイというとどうしても「写真家」のイメージ強くありますが、彼自身の出発点は「画家」。絵画作品を整理する為に作った「インデックス・カード」に作品の画像を添付する為に写真を撮ったことが、写真との関わりを持つ契機だったことなど、非常に興味深い発見が随所で見受けられます。


大好きだったチェスも自身で作ったりもしてます。

先日お邪魔した「マン・レイ展」レビューはこちら



この展覧会のチケットをプレゼント致します。
※受付好評のうちに終了しました。

当選された方には後日折り返しこちらから返信メールお送りします。

メールアドレスはこちらにあります。
毎回、大変多くの方から応募があり中々ご希望に添えませんがご勘弁下さい。

チケットご希望の方は、件名に「マン・レイ展」、本文にお名前(ハンドルネーム可)とお持ちであればTwitterアカウント(Twitterアカウントお持ちの方優先とします)を明記しメールをお送りください。※受付好評のうちに終了しました。

ツイッターアカウントお持ちの方は行かれたら「マン・レイ展」の感想をハッシュタグ「#manrayten」を付けてつぶやいてみてください。青いハートや黄金の唇、おなじみのマン・レイ作品がエアタグとしてふわふわ浮かんで見えます。

詳細はこちら↓
『マン・レイ展』と「セカイカメラ」のコラボで六本木をジャック!!
・マン・レイ展にはセカイカメラをもって。


マン・レイ「黄金の唇

:会場内の写真は内覧会時に主催者の許可を得て撮影したものです。


会場:国立新美術館  
開催期間:2010年7月14日(水)〜 9月13日(月)  
開館時間:10:00−18:00 (毎週金曜日は20時まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
主催:国立新美術館、日本経済新聞社


こちらもよく出来てますよ〜「マン・レイの美神たち」とか必見。
マン・レイ展 コミュニティサイト「カフェ マン・レイ」

「マン・レイ展」or「オルセー美術館展」鑑賞後は国立新美術館正面入口横の「豚組 しゃぶ庵」へ。ここ最近、国立新美術館→豚組しゃぶ庵が定番コースとなっています。


とても落ち着いた雰囲気の「豚組 しゃぶ庵」店内

予約はツイッター上で@hitoshiさんに直接リプライ!
→『小さなお店のツイッター繁盛論』著者:中村仁(@hitoshi)

ツイッターやってます。
 @taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2194

JUGEMテーマ:アート・デザイン


プレゼント | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

わぁ、マン・レイ展ぜひぜひ行きたいです。
リュウ | 2010/07/21 11:15 AM
先日はありがとうございました+ごちそうさまでした!

>「マン・レイ展」の感想をハッシュタグ「#manrayten」を付けてつぶやいてみてください。

近日中に見て参ります!
はろるど | 2010/07/22 1:01 AM
マン・レイ☆ 才能豊かなアーティストですね
Takさんの記事で、さらなる魅力が広がります。

チケットプレゼントに応募しま〜す*^^*
珠希 | 2010/07/22 5:45 AM
@リュウさん
こんにちは。

応募なさってみてください。

@はろるどさん
こんにちは。

肩の力抜いていくくらいが
丁度良い展覧会です。

しかし美味しかったね〜

@珠希さん
こんにちは。

お返事遅くなりました。
Tak管理人 | 2010/07/29 3:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック