青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 誰も知らない「名画の見方」 | main | ルーヴル−DNPミュージアムラボ「外交とセーヴル磁器展」 >>

根津美術館カフェ「NEZUCAFE」

好評の美術館カフェインタビュー記事第3弾をお送りします。今日は新創一周年を迎えた根津美術館の庭園内に佇む「NEZUCAFÉ」の店長さんにインタビューして来ました。


根津美術館「NEZUCAFE」

−美術館建物から独立し庭園の中に建っていますが、ここに場所を決めた理由は何かあるのでしょうか?

店長「NEZUCAFEの場所にはかつて、根津邸のサンルームがありました。当時使用していた暖炉をそのまま内装に取り込んでいます。また庭園を見渡せる絶好のポジションにあることも選ばれた理由の大きな理由です。



店長「元々根津家の家族団欒のひと時を過ごすサンルーム(初代根津嘉一郎の私邸)ですので、お庭が一番奇麗に見える場所のひとつです。

−ガラス張りのような作りになっているのは窓の景色を楽しむ為でもあるのですね。

店長「三方をガラスに囲まれたとても開放的な場所となっています。四季折々に移り変わる景色を眺めながらゆったりとした時間をお過ごし頂けたら幸いです。

−建物のことばかりお聞きし恐縮ですが、この天井は和紙で出来ているように見えますが…

店長「皆さんに聞かれるのですが、和紙ではありません。建物の外壁内部に使用する機能材料の一種を使用しています。本当は和紙を張りたかったそうですが、メンテナンス(例えば水拭き)等に問題もあるため、自然なむらのある和紙に似た表情を持つ素材を使用しています。


NEZUCAFE@藤塚光政

−普段目にしない健材を前面に出したということですね。

店長「そうなります。よく探して来たと思います。美術館もそうですが、このNEZUCAFEも隈研吾事務所の手によるものです。

−メニューについてお伺いします。こだわりの逸品教えて下さい。

店長「そうですね、お飲みのですと紅茶でしょうか。ティーインストラクター指導のもとフォートナム&メイソンの茶葉を使用したものをポットでお出ししています。

−先日、うちのかみさんが注文してました。量たっぷりで2,3杯は楽しめたと。

店長「仰って頂ければティーカップお二つ用意致しますよ。

−自分はコーヒーを頂戴しました。

店長「珈琲豆はキーコーヒーの有機栽培豆を使用したNEZUブレンドのものです。そういえばカップの模様気付かれましたか?

−あっ!カキツバタ!!



店長「この燕子花のデザイン、コーヒーカップだけでなく色んなところに用いています。お皿にも。そしてメニューの表紙も燕子花が型押ししてあります。

−細かい部分にもかなりこだわりが感じられますね。そうするとこのテーブルや椅子も?」

店長「はい。まずテーブルですが表面が竹の木目調となっています。これは根津美術館本館内の壁やロッカー等にも用いられているパターンです。カフェ少し離れた所にありますが、こうした部分では美術館とリンクしており、美術館→カフェの連動性を考えてデザインされています。

追補:テーブルの木目に関し隈研吾事務所の方から詳細な解説頂戴しました。
素材は壁ケースの手摺と同じセン(栓)という木を使いました。(理由は、竹の小端の表情は美術館には丁度な繊細さですが、カフェの空間サイズには繊細さが足りず、より素直で繊細なセンを選択しました。壁ケース手摺をセンにしたのも同様の感覚です)

−椅子はとてもか細く見えますね。

店長「持って頂けると分かりますがとても軽い作りとなっています。座り心地がとてもよく長居されるお客さんが多いのも納得です。隈研吾事務所でこのカフェに合うように作られたものです(テーブルも椅子も)



−食べ物のメニューもありますが、おススメはありますか?

店長「一押しは何と言っても神戸ビーフ100%使用し作られているミートパイです。神戸牛のミンチがたっぷり入ったとてもジューシーなミートパイです。ミートパイ&サラダで650円でご提供させて頂いております。

−メニューにミートパイ、シングル(650円)・ダブル(950円)とありますが…

店長「ダブルを注文されると、ミートパイが2つになります(笑)かなりのボリュームです。



−二人で行ったらダブル注文してシェアした方がお得ですよね。。。そんなこと可能ですか?

店長「はい。勿論喜んで(笑)。昔ながらのミートパイの味がします。実はケチャップやマスタードを付けて食べるとこれまた美味しさアップします。

−フードメニューは頻繁に入れ替えたりしますか?

店長「メニューアイテム数がうちは多くないので、展覧会毎というより、季節毎に入れ替えています。人気があったメニュー例えば「ニース風サラダ」は定番メニューへと昇格しました。

−この秋の期間限定メニューは何でしょう?

店長「10月9日よりお出ししている「ホットアップルパイ バニラアイスクリーム添え」(750円)です。国産の紅玉りんごを使用し、パイ生地に定番メニューでも好評のバウムクーヘンをはさんで焼き上げたものです。


「ホットアップルパイ バニラアイスクリーム添え」

店長「これに加え温かな「ベジタブルスープ」(サラダ、パン付き)も11月23日より開催される次回展「絵のなかにいきる」と併せてご提供致します。ランチ等でお召し上がり頂ければと思います。

−これからの季節、窓の外の木々の紅葉も一緒に楽しめますね。

店長「そうなんです、こちらは昨年の写真です。


−このカウンター席好きです!二人で来ても敢えてここに陣取ります。

店長「今年ももう少ししたら奇麗に色づき始めます。またその頃見計らっていらして下さい。

−ほんと、四季を通じ楽しめるカフェですね。他にこんな楽しみ方もしくは裏技的なものありましたら、こっそり教えて下さい。

店長「一番のおススメは開館と同時にまずこのカフェにお越し頂き紅茶もしくはコーヒーを飲みながら静かな時間を緑を眺めながらゆったり楽しみ、その後に展覧会会場へ足を運ばれるのがベストです。日によってはNEZUCAFE独占できたりもします。まさに根津美術館通の楽しみ方です。

−そ、そんな贅沢な楽しみ方があったとは…平日休みの日に試してみる価値ありますね!そろそろインタビュー終りにさせて頂きたいと思います。最後に一言お願い致します。

店長「お客様のニーズにお応えできるよう、なるべく「出来ない」とは申さぬよう努力しています。まだオープンして一年しか経っていませんのでこれからなるべく定番メニューも増やしていきたいと思っております。


珍しい写真を一枚「夜のNEZUCAFE」です。

−お忙しい中、お時間取って頂きありがとうございました。庭園の木々色づく頃またお邪魔致します。

美術館、カフェ、そしてお庭。都心しかも南青山にこれだけのお庭があるのかと何度行っても驚いてしまいます。建て替える前のカフェ「喫茶室GAZEBO」の記憶を継承した「NEZUCAFE」。美味しいもの好きな方も、建築好きな方も一度は是非。

根津美術館庭園マップ


根津美術館「NEZUCAFÉ」

所在地:東京都港区南青山6丁目5−1
営業時間:午前10時〜午後5時(ラストオーダー午後4時30分)
休業日:美術館閉館日


根津美術館現在開催中の展覧会

根津美術館創立70周年記念特別展
南宋の青磁 宙(そら)をうつすうつわ
2010年10月9日(土)〜11月14日(日)


次回展

絵のなかに生きる 中・近世の風俗表現
2010年11月23日(火・祝)〜12月23日(木・祝)


そして、来年春には!!
開館70周年記念特別展
「KORIN展」
国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」



国宝「燕子花図屏風」六曲一双 尾形光琳筆
江戸時代18世紀 根津美術館蔵


八橋図屏風」六曲一双 尾形光琳筆
江戸時代18世紀 メトロポリタン美術館蔵
Image (c)The Metropolitan Museum of Art

開催日:2011年4月16日(土)〜5月15日(日)
休館日:月曜日(ただし5月2日は開館)
開館時間:午前10時-午後5時(入場は午後4時半まで)
夜間開館:4月29日〜5月15日まで。19時まで開館


予定していた「KORIN展 国宝『燕子花図』とメトロポリタン美術館所蔵『八橋図』」は来春まで延期となりました。
代りにこちらを開催。
コレクション展
国宝 燕子花図屏風 2011
2011年4月16日(土)〜5月15日(日)

詳細はこちら

【これまでのカフェインタビュー記事】

ブリヂストン美術館カフェ「ジョルジェット」
山種美術館カフェ「椿」



【こちらもあわせてどうぞ】
過去5回のミュージアムショップ担当者インタビュー記事。

インタビュー:ミュージアムショップ「オルセー美術館展」
インタビュー:山種美術館ミュージアムショップ
インタビュー:根津美術館ミュージアムショップ
インタビュー:ブリヂストン美術館ミュージアムショップ
インタビュー:ARATAさん(特別展「隅田川」オリジナルグッズ)

↓こちらとっても使えますよ!

おでかけや暮らし、ランチの情報なら、30min.(サンゼロミニッツ)

30min.は、おでかけや暮らしに便利なタウン情報サイトです。全国各地の新店情報やイベント情報、ブログで話題のスポットなどをチェックすることができます。

Twitterやってます。
 @taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2289

JUGEMテーマ:アート・デザイン


インタビュー | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

こんばんは
このシリーズは本当にソソラレますし、焙られます。
たまにはゆとりを持って美術館へ出かけよう、そしてお茶をいただこう!・・・ということを目標にしてしまいますよ。
出来るのかなぁ、わたし・・・と思いつつ、画像をじーっと眺めてます。
遊行七恵 | 2010/10/24 11:07 PM
遊行さんと同じく私もこのシリーズはツボです!
ジョルジェットもカフェ椿も好きだけど、NEZUカフェは何といってもお庭を見つつお茶を頂けるのが最高ですよね〜
ミートパイも大好き♪

今は体力的にすぐ疲れてお茶タイムが必須なので(笑)ミュージアムカフェの皆様?にはますますの充実を期待しています。(と取材の際にお伝え下さい!)
次は原美かしら〜なんて勝手に期待もしてますww 
noel | 2010/10/28 2:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2289
この記事に対するトラックバック
東京・南青山にある根津美術館に行ってきました。 この美術館の名は、開館した根津嘉一郎氏にちなんで 付けられています。 所在地は文京区根津ではないので、お間違いなく。 (私は何度も勘違いしたのですが、この美術館は  港区南青山にあります。) 私は、以前から
【関東】根津美術館・NEZUCAFE(南青山) | U-runner's View | 2011/02/27 10:20 PM