青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「空と宇宙展」 | main | ホキ美術館チケットプレゼント >>

『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』

集英社より刊行されている時田昌瑞著『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』を読んでみました。


『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』 (満点ゲットシリーズ)集英社
時田 昌瑞 (著), さくら ももこ (クリエイター), 相川 晴 (イラスト)

展覧会や講演会へ足を運んでいると思わぬ出会いが待っていたりします。

Bunkamura ザ・ミュージアムで今年の夏に開催された「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」展。この展覧会の関連企画として監修者である森洋子先生(明治大学名誉教授)による「ブリューゲル版画の世界」展開催記念特別講演会が2010年7月19日に明治大学・アカデミーコモンで行われました。



「ブリューゲルの版画の世界展」では七つの原罪シリーズが人気を博していましたが、それに負けず劣らず興味関心を惹いていたのが「ことわざ」です。フランス・ホーヘンベルフ「青いマント」等今の我々にもずばり通ずる鋭いことわざが版画として当時流行したそうです。

→森先生の講演会で教えて頂いた43個のことわざ全てこちらに掲載してあります。

この時の講演会の開催に協力したのが日本ことわざ文化学会。そしてそのことわざ学会の理事を務めていらっしゃるのが、『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』の著者・時田昌瑞氏です。

講演会終了後、森先生や嘗ての教え子さん、そして時田先生らと共に同じ明治大学・アカデミーコモンの地下にある明治大学博物館で開催されていた「ことわざワールドへようこそ−時田昌瑞ことわざコレクションのすべて−」展を解説してもらいながら、拝見。

森先生の好奇心旺盛なお姿に驚きつつも、時田氏のことわざに対する情熱ひしひしと伝わり、忘れかけていた諺の存在を思い出すと共に、子供のころにタイムスリップした感に。



また同時開催として明治大学中央図書館ギャラリーでは同じく時田氏のコレクションの中から諺が描かれた浮世絵や日本画を展示。驚くことなかれ長澤蘆雪や山東京伝の描いた作品まで。

その他、昔懐かしいことわざメンコや双六等江戸から現代までの「ことわざ」にちなんだ品がずらりと。「ことわざワールドへようこそ」とはまさに言い得て妙。

その中に混じり『続ことわざ教室』も。



北斎、歌麿、暁斎、それに蘆雪に混じってちびまる子ちゃんとは…でも今最も身近で親しみやすいキャラとしてちびまる子ちゃんやドラえもん登場して当然。現代の浮世絵感覚?!

そしてこの『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』監修を務めたのが時田氏だったのです。ふ〜やっと繋がった。


『ちびまる子ちゃんのことわざかるた
さくらももこ (著), 時田 昌瑞 (著)

時田氏や森先生にあれこれお話お伺いし、かるた好きの心に火が。(子供の頃地元のかるた大会で入賞経験あり)早速帰宅し検索してみると何と本まで出ているではないですか!!

『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』 『ちびまる子ちゃんのことわざかるたゲットし。黙々と読み耽るとこれが面白いこと!!

とりわけ『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』はその出来の良さに感服。子供の頃こんな本あったもっと勉強したのに〜と思ってしまいます。



侮ることなかれ、200頁以上の大ボリューム。見開きページに左右1つずつ諺が紹介されています。諺だけの意味ではなくそこに用いられている言葉の意味も掲載(「勝てば官軍」も「官軍」の意味として「時の政府の軍勢」と記載されています)。これは大事なこと。今の子、読書量ほんと少ないので言葉通じないことしばしば。

単にことわざを覚えるだけでなく、日本語を覚えることにも。そしてひいては日本文化を理解する手助けにもなります。昔の日本人の考えを知るに格好の教材でもあります。

ブリューゲルからネーデルランドの諺をちびまる子ちゃんから日本の諺を。

驚くべきことにコラムとして「三つのいろはカルタ」の説明まで掲載されています。ご存じでした「上方系いろはカルタ」「江戸系いろはカルタ」「新案系いろはカルタ」

因みにことわざは世界中にありますが、48枚のカードの体裁を取るいろはカルタは日本にしかないものだそうです。「遊びながら自然と学べる。」←これ今の日本に欠けていますよね。

そうそう、『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』 の最大の魅力はそのお値段かもしれません。お幾らだと思います??

850円!!(安い!安過ぎ!!)

200頁以上ぎっしり書かれ、新書版より大きめのサイズです。ペラペラな内容の新書が同じ値段で幅をきかせてますが、こんな良質で安価な本が子供向けに販売されていたとは!

こちらも是非!

ちびまる子ちゃんの ことわざかるた原画展

会期:2010年10月25日(月)〜2010年11月15日(月)
開館時間:12:00〜17:00
休館日:11月14日(日)
入場:無料

会場:奥野かるた店2階(小さなカルタ館)
東京都千代田区神田神保町2-26
ホームページ(http://www.okunokaruta.com)

東京メトロ・都営地下鉄「神保町」A4出口より左折して白山通り沿いを3分
JR中央・総武線「水道橋」東口より、右折して白山通り沿いを徒歩7分


@taktwi


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2299

JUGEMテーマ:アート・デザイン


読書 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

いつも楽しみに拝見しています。
大好きなブリューゲルの講演会の件もこちらで知り、おかげ様で森先生の貴重な特別講演会を聴く事ができました。
ありがとうございます。
ことわざワールドへようこそ も、この講演会に合わせて下さったようで、最終日・・見ることが出来てラッキーでした。

ちなみに、頂いたフィギアは足魚ちゃん(黒)
Bunkamuraでは卵ちゃん(白)でました。。。

ますますのご活躍を。。
mimi | 2010/11/01 9:51 PM
ちびまる子ちゃんシリーズは、私の教室で読ませていただいております。小中学生の活字離れ、言葉を知らない〜と嘆くよりも楽しく学べるこのシリーズはとても好きです。

親しんでいた本が急に違うものに見えてきます。
ご紹介ありがとうございます。

ヤンバル | 2010/11/02 12:04 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2299
この記事に対するトラックバック