青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「アルブレヒト・デューラー展」チケットプレゼント | main | KORIN展 速報チラシ >>

山口晃 落語「厩火事」「禁酒番屋」

山口晃展いのち丸開催記念イベント
「〜世界に平和を〜ウンタギルポッポ ハッポネーダ」に行って来ました。



現代美術家、写真家の松蔭浩之氏が山口晃展「いのち丸」の為に自ら企画し作り上げたイベント。同じ昭和40年会の会田誠氏も加わっての実に賑やかで妖しい夜会でした。



時間貸しの駐車スペースとなっているミヅマアートギャラリーが入るビルの1階部分を貸し切ってのイベント。雨天が予想されたのこともあり寒さ対策も万全。

山手線の遅れもあり会場へ着いた頃は入場を待つ行列にビックリ。まさかこんなに人が集まるとは…Twitter効果オソルベシ。

まずは前座として、特殊劇団「劇団☆死期」第一回公演「ヌンバ!が。

原案・ケイタ語訳・ダンス指導:アッサリー・ケイタ
脚本・演出:岡田裕子
大道臭・小道具:会田誠
音響:松蔭浩之、田中啓介




初めはサザエさんをモチーフにしたほのぼの劇かと思いきや、マスオさんはリストラされるは、タマは丸焼きにされれるわの意表を突く(でもある意味期待通りの)展開。

配役
サザエさん−輸廻幸子
波平−きつね
フネ−犬子
マスオさん−トキオ
カツオ−メンターマン
ワカメ−ダンシングキノコ
たらちゃん−ポサ子
タマ−みらくるネコちゃん
アフリカの妖精−キノコットン
ダンサー−ゴミムシの毒液噴射実験装置、バリウム先生、火事ビル、けむししまい、木、たいじくん、マック爺、ディー婆、パクパク様ほか



タマ丸焼きの図

声優
サザエ、フネ、ワカメ、タマ:岡田裕子
波平、マスオ:会田誠
アフリカの石焼き芋売り=アッサリー・ケイタ


唖然呆然、会場に居合わせたほぼ全員が何が起こっているのか理解できない状態のまま、突如磯野家の前にアフリカの妖精が現われ奇怪な意味不明な雄叫びを。


ウンタギルポッポ ハッポネーダ

会場内のボルテージが低空飛行ながらも上向きかけたところで燃料更に投下。会田誠さんが手掛けたこれまた意味不明な(世界平和の願う?!)小道具を手にし、コスプレちっくな衣装を観に纏ったダンサーたちが入り乱れてのどんちゃん騒ぎ。



ダンサーの中には会田さんの息子さん寅くんの姿も!(会うたびに大きくなっているな〜子供の成長って早い!!特に他人の子は)


劇団☆死期初公演「ヌンバ!」の様子を心配気に見守る会田さん

劇団☆死期HPはこちら↓
http://gekishiki.daa.jp/index.html

まぁひとまず、無事?初公演は終了。あたたかい拍手に見送られ劇団員&ダンサー撤収。



さて、次の山口さんの落語始まるまでワインでも飲もうか、と思うが早いか突如こちらのシャッターがガラガラと開き、、、本日の主役・山口さんが登場。



前座公演を労いつつ、一瞬で注目させる巧みな話術のキレはいつも以上。どうやら調子が良いと見受けられます。

そして何とここで洋服から「和服」への生着替えを敢行!



@taktwi 山口晃生着替え中! http://twitpic.com/38hl0o



種明かしすると「和服」のように見立てています。
コートは袴に変身。白いシャツの襟を折り畳むなど工夫を凝らし見事、紋付「和服」姿に。

因みに紋付の家紋の部分はペタリと貼り付けただけの即席。○に「山」の字があしらわれています。これ欲しい。

最初の演目は「厩火事」

厩火事(うまやかじ)
上方落語の演目の一つ。別名を「厩焼けたり」ともいう。題名はネタになっている孔子の故事から。
→あらすじはこちら
「すゞしろ日記」にしばしば奥様のネタ描かれている山口さんにとっては格好の演目。

しかし、それにしても上手い。
ひとつひとつの所作から台詞まわしまでほぼ完璧。



落語好きでも有名な山口さんの本領発揮。

大きな拍手と声援に応え、続けてもう一本披露。
こちらは前日まで予定になかったそうですが、大勢の方が来てくれるとあって急遽追加。

本人曰く「前日にyoutubeで見て覚えた」なんてことを。演目はこれまた有名な「禁酒番屋



日本酒を飲む所作もご覧の通り!

公演前、出番を待つ間の緊張した姿が嘘のようです。


禁酒番屋(きんしゅばんや)
古典落語の演目の一つ。元々は『禁酒関所』という上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。
あらすじはこちら


好きこそ物の上手なれとはよくいった言葉。絵を描くことも、噺をするのも同じこと。山口さんのトークが上手いのも天賦の才では決してなく、地道に積み重ねてきた努力の証。

仕事がテンパっているので、直前まで参加するかどうか迷っていまた会でしたが、行って大正解でした。

惜しむらくは、時間がなく松蔭浩之さん・皆藤将さんによる料理『焼鳥(むね肉・砂肝・肉厚椎茸)、アフロ串(ラム肉の串焼)、豚汁、クスクスのチキントマトソース』が食べられなかったこと。

松陰さん!大変だと思いますがまた何かの折にアフリカン懐石料理振舞って下さい。


山口晃 展「いのち丸」
2010年11月27日まで
ミヅマアートギャラリー



11月16日に開催したトークショーの様子はUstにアーカイブ化してあります。こちらからいつでもご覧になること可能です。「山口晃:切り捨て御免トークショー

山口さんによる貴重な作品解説も含まれています。是非ご覧ください。

Twitterアカウントもあります。フォローよろしく!
@akirainochi

よろしければこちらも↓
 @taktwi


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2320

JUGEMテーマ:アート・デザイン


講演会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2320
この記事に対するトラックバック