青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハルハナ #haruhana | main | 「グランヴィル展」 >>

「シュルレアリスム展」

国立新美術館で開催中の
「シャルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―」に行って来ました。



1977年に開館したパリ、ポンピドゥセンター。近現代芸術の殿堂として今ではすっかりパリでもお馴染みの存在に。若い時分は、ここに行くだけで何かしら大きなモノが得られる気がしたもの。初めてパリへ行った時もルーブルよりもまず先に向かったのがパリ国立近代美術館でした。

今回の「シュルレアリスム展」ではポンピドゥセンターが所蔵する800を超えるシャルレアリスム作品の中から約170点が六本木へやって来てます。


ポンピドゥ・センター外観 (c)読売新聞社

これだけ、まとまった形でシャルレアリスムの作品を体系的に網羅すること本場ポンピドゥセンターへ行っても叶わないことです。海外のみならず美術館の所蔵作品まとめて観るチャンスそうそうありませんからね。

シュルレアリスム運動の中心人物であったフランスの詩人、アンドレ・ブルトンが1924年に「シュルレアリスム宣言」をしてから彼の死(1966年)までの40年以上に渡る長く複雑な芸術運動を、本家ポンピドゥ・センター所蔵の優品たちで顧みんとする、実は大変贅沢な展覧会なのです。


アンドレ・ブルトン『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』
パリ、サジテール刊

本で読んだこと、何かの折に耳にしたことあってもきちんとこれだけの作品を直に観た方そうはいないはず。自分の好きなマックス・エルンストの「キマイラ」一点観られただけでも十分満足。

また、自分のようにシュルレアリスム(シュールレアリズム)の一端しか興味関心が無いものでも、「繋がり」や「関連」を明確に示した展示ですので意外なほど楽に鑑賞出来ました。尤もそれが災いして予定していた時間よりもかなり喰ってしまいましたが。。。


ジョージ・プラット・ラインズ撮影
1942年のピエール・マティス画廊におけるアンドレ・ブルトンとほかのシュルレアリストたち(マッタ、セゼール、タンギー、デュシャン)」

この展覧会ほどチラシやポスターはたまた公式サイトの情報からでは、内容を知ることが難しいもの他に無いかもしれません。行ってみて納得。そして大満足を得られるはずです。

展覧会の構成は以下の通りです。

1:ダダからシュルレアリスムへ
1919-1924
2:ある宣言からもうひとつの宣言へ
1924-1929
3:不穏な時代
1929-1939
4:亡命中のシュルレアリスム
1939-1946
5:最後のきらめき
1946-1966


「シュルレアリスムは20世紀に文学、美術、音楽など幅広い範囲で広まった芸術運動のひとつです。本展はダリ、マグリット、ミロ、デ・キリコなど代表的な作家らの作品約170点によって、シュルレアリスムが近現代芸術にもたらした影響とその意義を明らかにしようとするものです。

ジャクソン・ポロック「月の女が円を切る」1943年という作品が4章に展示されています。良く知るところの所謂「ドリッピング」で描いた作品ではなく、キャプションが無ければミロか色使いを失敗したピカソにしか見えないような出来栄えです。

そのポロックの作品と並んで、シュルレアリストでアメリカに亡命していたアンドレ・マッソンの作品(「巫女」1943年他)が展示されています。この時点で二人に何らかの交流があったことは明らか。アクションペインティングで名を馳せる前のポロックがシュルレアリスムに大きな影響を受けていたこと容易に想像出来ます。

こうした関連性を頭ではある程度知っていても、実際の作品と対峙し感得可能な機会まぁ滅多にありません。1〜5章までの大きな括りの中に更に細分化されテーマ毎に展示されているので、し易いかと。


また、今回の音声ガイドは初めて画面付きのものが採用されています。それぞれの画家たちの相関関係もこれなら一目で理解出来ちゃいます。

シュルレアリストたちにとって、その時代の課題が何であったのか(各章毎の重要な概念)も捉えやすい工夫が各章の導入でなされています。いずれにせよ「現実を変えよう。世界を変えよう。」という基本意図が彼らにあったことは事実。

本当は今こそ変化せねばならぬ時にも関わらず、能天気に自堕落的に毎日をだらだら過ごしている現代人だからこそ、重い腰上げて観に行かねばならぬ展覧会なのかもしれません。

そう、20世紀に興ったキュビズムやフォービズムなどの芸術運動と比べても遥かに長命であったのですから。シュルレアリスム運動。彼らが目指したように「新たな自分を作りだす」契機になるはずです。

まぁ、理由なんて後まわしにし、とにかく行くべし!「シュルレアリスム苦手!」と言って憚らない女の子強引に連れて行ったけど、帰りがけにはしっかり図録買うほど感動してました。


シュルレアリスム展 
―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―


会期:2011年2月9日(水)〜5月9日(月)
会期延長決定!→5月15日(日)まで
毎週火曜日休館 ただし5月3日(火・祝)は開館
開館時間:開館時間 午前10時〜午後6時 
※金曜日は午後8時まで。入場は閉館の30分前まで。
会場:国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
http://www.nact.jp/
主催:国立新美術館、ポンピドゥセンター、読売新聞社、日本テレビ放送網
後援:フランス大使館
協賛:大日本印刷
協力:ソニー・クリエイティブ プロダクツ
監修:ディディエ・オッタンジェ氏(ポンピドゥセンター・パリ国立近代美術館 副館長)
南 雄介(国立新美術館 学芸課長)
展覧会のお問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会公式ホームページ http://sur2011.jp/

ミュージアムショップはとてもシンプルな作りでした。余分なもの一切省いたような潔さがあります。ポストカードはかなり種類も豊富に揃えてありました。


また、シュルレアリスム関連の書籍が充実。印象派の展覧会と違い、鑑賞後何かしらのテキスト読みたくさせる展覧会です。

注:会場の画像は内覧会時に主催者の許可を得て撮影したものです。

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2416

JUGEMテーマ:アート・デザイン


現実に内在し、ときに露呈する強度の現実としての超現実―シュルレアリスム。20世紀はじめに登場したこの思想と運動について、ブルトンやエルンストを中心に語り、さらに「メルヘン」「ユートピア」へと自在に視野をひろげてゆく傑作講義。文学・芸術・文化を縦横にへめぐり、迷路・楽園・夜・無秩序・非合理性などをふたたび称揚するとともに、擬似ユートピア的な現代の日本を痛烈に批判する。いま、“幻想を超えて生きるには”。
「シュルレアリスム。私にとってそれは、青春の絶頂のもっとも美しい夢を体現していた」――マルセル・デュシャン 

1924年、当時28歳の詩人アンドレ・ブルトンは、パリで「シュルレアリスム宣言」を発表、20世紀最大の芸術運動の口火を切りました。シュルレアリスムは、偶然性、夢、幻想、神話、共同性などを鍵に、人間の無意識の世界の探求をおこない、日常的な現実を超えた新しい美と真実を発見し、生の変革を実現しようと試みるもので、瞬く間に世界中に広まりました。シュルレアリスムの影響は、たんに文学や絵画にとどまらず、広く文化全域に、そして広告や映画などの表現を通じて21世紀に生きる私たちの生活の細部にも及んでいます。
シュルレアリスムの中核を担った詩人や芸術家の多くにとって終の住処となったパリの中心部に位置する国立ポンピドゥセンターは、この運動についてのもっとも広範で多様なコレクションによって知られています。膨大なコレクションの中から、絵画、彫刻、オブジェ、素描、写真、映画などの作品約170点に、書籍や雑誌などの資料を加え、豊かな広がりを持ったこの運動の全貌をつぶさに紹介する展覧会が初めて実現しました。20世紀の芸術の流れを変えたシュルレアリスムを体験する絶好の機会といえるでしょう。
展覧会 | permalink | comments(3) | trackbacks(7)

この記事に対するコメント

こんばんは。
おっかなびっくり行ってきましたが、よかったです。
荷物がいっぱいで図録買えなかったのが残念でしたけど。
帰ってから何冊も美術の本だして見て、驚きました、
代表的なのがずらっと展示されていたのです。
すぴか | 2011/02/22 12:37 AM
こんばんは。ツイッターから来ました。
この展覧会のUP楽しみにしていました。
既に私は2時間かけてみましたが、おっしゃっていたとおり、ポンピドゥーだけじゃなくどこかで見たことあるはずなのに、新鮮でした。
ピカビアがたくさんみれたし、エルンストが良かったです!
文献や写真も、楽しく、映像はちょっと見るの大変だけど、時代感でますね…

入り口のデュシャンの中吊りに、南さんのデュシャン愛を感じました。

ミーハーなので、リサのファイル付き前売り券で入場。
図録も久しぶりに購入!(リサ達のシュルレアリスムを教えてくれるページは、全く子ども向きじゃなくて笑えます!)

それにしても、何パターンのポスターつくったんでしょう…

とーくる | 2011/02/23 11:13 PM

こんにちは。私もシュルレアリズム展を観てきましたので、ブログを興味深く読ませていただきました。
シュルレアリズム展の美術は理解しにくいところもあるで、少し勉強して考察なども加えて、私もブログに書いてみました。
読んでいただき、なんでも結構ですから、ブログにコメントなどいただけるとか感謝いたします。
dezire | 2011/04/30 6:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
先週の金曜日(祝日)に、国立新美術館で「シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―」を観てきました。本格的な大展示でしたので、感想を前編・後編に分けてご紹介しようと思います。 ...
シュルレアリスム展 (感想前編)【国立新美術館】 | 関東近辺の美術館めぐり 〜美術・美景・美味を楽しむブログ〜 | 2011/02/22 12:08 AM
シュルレアリスム展ーパリ、ポンピドゥセンター所蔵作品によるー 国立新美術館に行ってきました。(2/18)                             会期 2011.2.9〈水)〜5・9〈月) 絵はイヴ・タンキーの《岩の窓のある宮殿》1942
シュルレアリスム展 国立新美術館 | すぴか逍遥 | 2011/02/22 12:14 AM
乃木坂 chariot 六本木の国立新美術館では、「シュルレアリスム展−パリ、ポンピドゥーセンター 所蔵作品による」が開かれています。 会期は5月9日(日)までです。 シュルレアリスムは1924年に28...
忙しい忙しい言ってる人とかね、かっこわるいと思うのですよ。 徹夜とかね、しゃらくせえ。 だからさ、仕事ばっかしてると、腐るぜ?的な意味で、 自戒を込めつつ、時間を取ってふらふらと出かけてきたよ。 なにげに初の国立新美術館。広いのね。無駄に。 シュルレアリ
シュルレアリスム展 | What's Design Blog | 2011/03/07 1:58 PM
「シュルレアリスム。私にとってそれは、青春の絶頂のもっとも美しい夢を体現していた」――マルセル・デュシャンシュルレアリスムは、偶然性、夢、幻想、神話、共同性などを鍵に ...
 新国立美術館で開催されている『シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―』(〜5月15日)に行ってきました。  お馴染みのマックス・エルンストとか、ジョアン・ミロ、ルネ・マグリットといった画家の作品が並んでいましたが、中でも興味を惹
シュールレアリズム展 | 映画的・絵画的・音楽的 | 2011/05/03 10:36 AM
当初5月9日までの開催と聞いていたので、新規事業準備で超多忙の日々の中で「シュールレアリスム展」になんとか駆け込む(5月4日・国立新美術館)。 じつはつい先日知ったのだが、英
【アート】シュールレアリスム展 | 【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog | 2011/05/04 9:14 PM