青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「中島潔展」 | main | 「帰ってきた りったいぶつぶつ展」 >>

「シュルレアリスム展」チケットプレゼント

国立新美術館で好評開催中の「シュルレアリスム展」のペアチケットをプレゼント致します。


ジョージ・プラット・ラインズ撮影
1942年のピエール・マティス画廊におけるアンドレ・ブルトンとほかのシュルレアリストたち(マッタ、セゼール、タンギー、デュシャン)」

チケットご希望の方は、件名に「シュル展チケット希望」、本文にお名前(ハンドルネーム可)と、Twitterアカウントを明記しメールをお送りください。
※受付終了しました。

mixiその他では一切受け付けておりません。また転売目的でのご応募はご遠慮下さい。



観に行かれたら展覧会の感想ツイートして下さい(^^)

メールアドレスはこちらです。お間違えのないように。

taktwi温泉gmail.com

温泉の部分を@に変えてお送り下さい。

毎回大変多くの申込みがあり、ご希望に添えないかもしれませんがご勘弁下さい。


シュルレアリスム展 
―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―


会期:2011年2月9日(水)〜5月9日(月)
毎週火曜日休館 ただし5月3日(火・祝)は開館
会場:国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
http://www.nact.jp/
主催:国立新美術館、ポンピドゥセンター、読売新聞社、日本テレビ放送網
後援:フランス大使館
協賛:大日本印刷
協力:ソニー・クリエイティブ プロダクツ
監修:ディディエ・オッタンジェ氏(ポンピドゥセンター・パリ国立近代美術館 副館長)
南 雄介(国立新美術館 学芸課長)
展覧会のお問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会公式ホームページ http://sur2011.jp/

開館日、開館時間はお出かけになる前に公式サイトまたは国立新美術館のサイトでご確認して下さい。


シュルレアリスム展 特別ドリンク
リサの「ラズベリーラテ」とガスパールの「ダブルエスプレッソラテ」


今夜、豚組しゃぶ庵で開催しましたオフ会に参加頂いた皆様、お忙しい中有難うございました。


豚組しゃぶ庵は、国立新美術館正門すぐ脇にあります。

急な企画でしたので、20名ほど集まればいいかな〜と思っておりましたが、なんと蓋をあけみたら予想の約3倍、60名弱の方々にお越しいただきました。


大広間貸し切り!

参加費の一部に加え、皆さまから募金して頂いたお金、更に熊澤弘様より会場で販売した『レンブラント 光と影のリアリティ』の売り上げの全てを今回の地震で被災された方々への義援金として寄付させて頂きました。

あらためて参加された皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

国立新美術館「シュルレアリスム展」の他にも六本木では、震災による影響でスタートが遅れましたが、以下の展覧会絶賛開催中です。


「開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 I 夢に挑む コレクションの軌跡
サントリー美術館


「フレンチ・ウィンドウ展」
森美術館


「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展
21_21 DESIGN SIGHT 

シュルレアリスム展」と併せて是非是非!!

@taktwi

JUGEMテーマ:アート・デザイン


プレゼント | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

またの機会、楽しみにしています。
熊澤先生にもよろしくお伝えください。
makoto | 2011/03/28 11:17 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2451
この記事に対するトラックバック