青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 映画「レッツゴー仮面ライダー」 | main | 「レンブラント展」 >>

「手塚治虫のブッダ展」に水樹奈々!

東京国立博物館(トーハク)にて下記の日程で開催される仏像と漫画のコラボ「手塚治虫のブッダ展」

4月26日(火)〜4月30日(土)10:00〜16:00
5月1日(日)〜6月26日(日)9:30〜17:00 
(5月より、土・日曜日、祝日は18:00まで)


特別展「手犲C遒離屮奪静検

開催会場:東京国立博物館 本館特別5室(上野公園)
東京都台東区上野公園13−9
主  催:東京国立博物館、東映、TBS
後  援:文化庁、読売新聞社
協  力:手塚プロダクション、日本通運、(財)全日本仏教会 、ニトリ
展示品数:約70点

公式サイト
http://www.budda-tezuka.com/

映画「ブッダ」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/buddha/

この展覧会の音声ガイドナビゲーターに起用されたのが、声優の水樹奈々さん。



また、是非とも参加したい魅力的な関連イベントも!

1:「ブッダを語る講演会&トークセッション
平成館 大講堂 2011年4月30日(土) 13:30〜15:00
テーマ: 仏像ガール(R)講演会「ブッダと仏像 〜インドの風を感じよう!〜」
対談「ブッダ展のたのしい見かた」
講 師: 廣瀬郁実(仏像ガール(R))(仏像ナビゲーター)
松本伸之(東京国立博物館 学芸企画部長)

2: 記念講演会「能と仏教」
平成館 大講堂 2011年6月4日(土) 13:30〜15:00
講師:観世清和(能楽観世流二十六世家元)


<関連イベント1、2の応募方法>
定 員:380名(事前申込制、応募多数の場合抽選) 聴講料:無料(ただし、本展覧会の観覧券が必要。半券でも可、その場合は別途、入館料が必要) 申込方法: 往復はがきの「往信用裏面」に郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・聴講
を希望するイベントの番号(,泙燭廊◆砲汎付を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記の上、下記までお申し込みください。
*1枚のはがきで、1つのイベントにつき最大2名の申込可。
 2名の場合は、それぞれの氏名を必ず明記。
*当日空席が出た場合に限り、お客様をご案内する場合がございます。
 その場合は落選はがきをお持ちの方を優先といたします。
申込先:〒104-0031 東京都中央区京橋1-14-5-5F 特別展「手塚治虫のブッダ展」広報事務局 申込締切: 4月11日(月) 5月16日(月)


展覧会自体もとても興味津々ですが、音声ガイドや関連イベントも展覧会同様に魅力的なものあります。

さて、そんな「手塚治虫のブッダ展」のペアチケットを拙ブログをご覧の皆様にどどーんとプレゼント致します。
※受付終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

チケットご希望の方は、件名に「ブッダ展チケット希望」、本文にお名前(ハンドルネーム可)と、Twitterアカウントを明記しメールをお送りください。

mixiその他では一切受け付けておりません。また転売目的でのご応募はご遠慮下さい。


観に行かれたら展覧会の感想ツイートして下さいね(^^)

メールアドレスはこちらです。お間違えのないように。

taktwi温泉gmail.com

温泉の部分を@に変えてお送り下さい。

毎回大変多くの申込みがあり、ご希望に添えないかもしれませんがご勘弁下さい。
 “漫画の神様”といわれる手塚治虫。
 『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』などの名作で知られる手塚治虫がその晩年、10年以上の歳月をかけて制作した作品が『ブッダ』です。
 『ブッダ』は、仏教の開祖“釈迦”の生涯(仏伝)を手塚治虫独自の解釈で描いたもので、手塚の永遠のテーマである「命の尊さ」がダイレクトに感じられます。
 本展は、この『ブッダ』のオリジナル原画と仏像そのものを同じ空間に展示するという日本初の試みで、文化遺産と現代文化を融合しながら、手塚が追及したブッダの世界を間近に鑑賞していただこうとするものです。


2011年5月28日(土)全国ロードショー!映画「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-」オフィシャルサイト
www.buddha-saitan.jp/

水樹奈々さんこの映画で難しい役見事こなしています。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2461

JUGEMテーマ:アート・デザイン


プレゼント | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

おぉ…音声ガイドはナナタンですか!
もともと行くつもりでしたが・・・、
「行くつもり」が「かならず行く」に変わりました!
草野俊哉 | 2011/04/08 2:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2461
この記事に対するトラックバック