青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 建築を見に、美術館へ | main | 松永真氏のペンギン >>

おとなの美術館

いつの間にか28歳になった観月ありさが着物姿で
表紙を飾る今月号の「日経おとなのOFF



昨日の「東京人」に引き続き、これまた美術館特集。
巻頭特集は、ずばり「おとなの美術館!?

コメントで鼎さんも書いてくださいましたが
「おとなの美術館」って言葉、
なにやら妖しい感じを喚起させられるのは・・・
(私だけなか〜汗

ただ、当たり前ですが、本の内容はきわめてまじめ。
今回の巻頭特集は、108ページとボリュームたっぷり。
総ページ数186ページですから、半分以上を美術館特集に割いています。

気合入ってます。

編集長さんのコメントにも意気込み感じられます。
「おとなのOFF」では、過去にも美術館特集をし、読者の皆さんから高い支持を頂きました。その時は、「美術館への旅」という切り口で、10数館の美術館を旅しつつ、近くのいい宿、おいしいレストランなども合わせて紹介しました。ただ、掲載できた美術館の数そのものは少なかったので、美術館本体に焦点を絞り、数多くの美術館を収録しようというのが今回の「おとなの美術館」です。50件を掲載、との方針で企画しました。
内容もさることながら、おまけが中々優れています。
やはり雑誌はおまけが命。

付録「日本の美術館ベスト100
これすごくいいです。
『軽いしコンパクトだし、薄いので鞄に入れてもかさばりません。』
(テレビショッピング風)

「今旬の出来立て美術館」

「都会のオアシス美術館」

「爽やかなリゾート美術館」

「人気キュレーターの美術館」

「空間を愉しむ美術館」

この他にも、
☆こんな名画も日本で見られます!「世界名画の旅」
☆あなたの鑑賞法、間違っていませんか? 「美術館のマナー」
☆思わず欲しくなる「各館自慢のミュージアムグッズ」

などなど見所満載。
「完全保存版」と銘打っているのは伊達ではないかもしれません。

箱根ラリック美術館行きたい!!

「欲望」に拍車をかける一冊です。
読書 | permalink | comments(9) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

Takさん、こんばんは。

最近、美術館がはやっているのでしょうかねえ。
各雑誌で忙しいぐらい取り上げていますね。
「おとなの美術館」…。
響きが妖しいですよね。今度拝見してみたいです。

付録のベスト100というのもすごいですね。
100個挙げるのだけでも至難の業かと思いますが…。
はろるど | 2005/05/11 10:32 PM
私もこのおとなのOFFと東京人両方買いましたよ〜。
東京人だけにしようとおもっていたのですが、この付録にひかれて…。いつか100個全部行きたいな、なんてTakさんがおっしゃる通り正に「欲望」に拍車がかかりました(笑)
mizuiro | 2005/05/11 11:36 PM
@はろるどさん
こんばんは。

やはり響き妖しいですよね〜
もっとタイトル気を利かせたものにしないと・・・
折角の特集なのに。
間違えて手にした人が「つまらん!」なんて怒らなければいいけど。

ベスト100が一番使えそうでした。
良い付録です、これ。
だいたい本体より付録の方が楽しみなんですよね!

@mizuiroさん
こんばんは。

お買い上げありがとうございます
(って私が言うセリフじゃないって・・・)

リストアップされるとコレクション魂に火がついてしまいます。
「ラ・トゥール展」の入口にあった世界各地に散らばる
作品リストのパネルには困りました。
弱いんです。。。ああいうの。
Tak管理人 | 2005/05/12 8:51 PM
こんにちは。
ワタシは「いつのまにか28歳になった・・」という
最初の一文が妙に納得、でした。
で、Takさんのこのエントリを拝読して読みたくなったので
昨日早速買ってきちゃいました〜!
わたしが今、一番行きたいのは金沢の21世紀美術館!です。
馴染みの美術館や、お気に入りの一枚、を見つけたら
なんだか嬉しかったです。
オススメのBEST100はまだ見てないので楽しみ!
はな | 2005/05/13 12:29 PM
@はなさん
こんばんは。(^^♪
コメントありがとうございます。

>わたしが今、一番行きたいのは金沢の21世紀美術館!です。
同じく。
ここすごく行きたいです。
雪も解けたでしょうから
是非行ってみたいです。
北陸は一度しか行ったことがないんです。
それも仕事で
(でも美術館は行きましたよ)
小京都の風情を満喫しつつ
美術館でゆったりと。
いいなーーこんなプラン。

頑張って働くぞ!!
Tak管理人 | 2005/05/13 10:10 PM
Takさん、こんばんは。
私も購入して、勢い余って記事にしてしまいました。
TBさせていただきます。

>「欲望」に拍車をかける一冊です。

本当にそうですよね。
なんでこんなにたくさん面白そうな場所があるのかと思ってしまうぐらい、
どれも行きたいものばかりでした。
金沢良いですよね〜。
はろるど | 2005/05/14 1:53 AM
@はろるどさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。

たまーーにこういう雑誌って
美術館や美術の特集しますよね。
切り口が斬新なものもあり
新しい発見も与えてくれるので
見逃さないようにしています。

それにしても
金沢。。。
行きたいです。

行きましょうか?飛行機でビューーンと。
Tak管理人 | 2005/05/14 6:21 PM
Takさん、はじめまして
おとなのOFF、彼氏の家で見つけました
わたしが行きたいのはMIHO MUSEUMです!
来年の若冲が展示されるときに行きたいと思ってますが・・・
ずいぶん先の話ですが(笑)
これからもときどき見させていただきますね


| 2005/05/15 11:54 AM
@Kさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

MIHO MUSEUMも一度は行かないといけませんね。
曜変天目らしい器も所蔵してますし。
若冲の展覧会と聞くと更に行きたくなります。
「来年」なんてすぐです。年とると・・・(^^ゞ

どうぞまたいらしてくださいね。
Tak管理人 | 2005/05/15 11:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
こんにちは。 Takさんのブログで知りました。「日経おとなのOFF 6月号」です。恥ずかしながら一度も手にしたことのない雑誌でしたが、早速購入してみました。(それにしても「おとなのOFF」なんて、私には勿体ないタイトルです…。) 巻頭特集は、これまた「『おとな