青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『野兎の眼』 | main | 【速報】狩野一信「五百羅漢図」展 >>

「森と芸術」@庭園美術館チケットプレゼント

東京都庭園美術館で開催中の
「森と芸術−私たちの中にひそむすばらしい『森』の記憶をたどってみよう 」展



日本のみならず世界的にも稀有なアール・デコ様式の邸宅美術館である東京都庭園美術館は、隣接する国立科学博物館付属自然教育園とともに、都心とは思えない緑豊かな「白金の森」を形成しています。



注:展示会場の画像はプレス内覧会時に主催者の許可を得て撮影したものです。
(撮影:@yukitwi)
 はるかな昔、人間は森に住み、森の恵みを糧に暮らしていました。のちに森を離れて文明を築くようになってからも、人間は森という故郷に「楽園」の思い出を重ね、ノスタルジアを抱きつづけてきたのです。古今の芸術作品のなかにも、そうした原初の森への郷愁や憧れがあらわれています。

 森の神話・伝説を描く絵画、情感ゆたかな風景画、メルヘン絵本、植物文様をもつアール・ヌーヴォーのガラス器など、森の魅惑を体現する作品の数々が展示されます。アンリ・ルソーの楽園図、クロード・ロランにはじまる各時代の風景画、セリュジエやゴーギャンの描く伝説の森、グリムやアンデルセンの挿絵、シュルレアリスムの森の幻想と神秘・・・本展は、そうした森にかかわる多くの作品を通して、私たちのうちにひそむ「森の記憶」をさぐり、芸術・文化から自然界へと視野をひろげていきます。


東京大学総合研究博物館 インターメディアテク(IMT)
寄付研究部門制作 クリエーティブ・ディレクション:西野嘉章
≪森のカメラ・オブスクラ≫
東京大学総合研究博物館
モバイルミュージアム 2011年 同館蔵

この展覧会のペアチケットをプレゼント致します。チケットご希望の方は、件名に「森と芸術展チケット希望」、本文にお名前(ハンドルネーム可)と、Twitterアカウントを明記しメールをお送りください。
※受付終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

mixiその他では一切受け付けておりません。
また転売目的でのご応募はご遠慮下さい。

メールアドレスはこちらです。お間違えのないように。

taktwi温泉gmail.com

温泉の部分を@に変えてお送り下さい。

毎回大変多くの申込みがあり、ご希望に添えないかもしれませんがご勘弁下さい。

展覧会観に行かれたら感想ツイートして下さいね(^^)


「森と芸術−私たちの中にひそむすばらしい『森』の記憶をたどってみよう 」

会場:東京都庭園美術館
開催期間:2011年4月16日〜2011年7月3日
http://www.teien-art-museum.ne.jp/

Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2482

JUGEMテーマ:アート・デザイン


巌谷 國士
平凡社
(2011-04-21)

プレゼント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2482
この記事に対するトラックバック