青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「義経展」 | main | 「クールベ美術館展」 >>

ブランクーシの鳥

コンスタンティン・ブランクーシ
キアヌが演じる”神と悪魔の戦い”の主人公ではなく、

ルーマニア生まれパリ育ちの20世紀を代表する彫刻家さんです。
Constantin Brancusi(Wiki)



兵庫県立美術館所蔵の彼の作品の一つ。「新生

同じような作品「眠れるミューズ II 」は
私の好きな美術館の一つでもある川村記念美術館にあります。

どちらも常設展示なので、ほぼ行けば観ることできます。
金色の卵のような「ミューズ」はケースごと持ち帰りたく
衝動にいつもいつも心を駆り立てます。

ブランクーシの代表作「接吻」はどこかで目にしたこともあるかもしれません。
リンク先の解説にもあるとおり、細かな表現力(写実性)は捨て
ごくシンプルに単純に率直に石の塊の削る部分を出来る限り
抑えた作品です。男女の区別すらつかないほどです。

原始主義

これこそがブランクーシの彫刻作品の持つ大きな魅力です。
手を入れすぎない。作り過ぎない。

初めに紹介した「新生」や「ミューズ供廚覆匹
丸いブロンズを磨いただけにさえ見えます。

またNY近代美術館(MoMA)にある「Fish
まさに魚です。魚に見えます石が。。。

そんな彼の作品の中でも最もシンプルで且つ美しい作品が
Bird in Space」(「空間の鳥」)です。

NYメトロポリタン美術館にある「Bird in Space」(1923)

「空間の鳥」は鳥の抽象的なイメージではない。
それは空間を飛ぶ鳥の軌跡である。−飛翔そのものを
可視化したものである。
この作品に用いられた金属には鏡のような光沢があるため、
表面にはまわりの景色が映しだされる。
この物体のどこにもいささかの固定性も実存性も感じられず、
我々を包む空間と同じ自由空間を内に持った、
形を与えられた輝く空間の如くである。

西洋美術の歴史
西洋美術の歴史
H.W. ジャンソン, アンソニー・F. ジャンソン, H.W. Janson, Anthony F. Janson, 木村 重信, 藤田 治彦




そんなブランクーシの作品がオークションに出され、
予想をはるかに上回る高額で落札されたとGW中に知りました。



ニューヨークで開催された競売大手クリスティーズのオークションで4日、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシの大理石の彫刻「Bird in Space」が2745万ドル(約28億円)で落札され、同オークションハウスの彫刻部門での落札価格の最高記録を塗り替えた。
これまでの記録は、同じくブランクーシ作「Danaide」の1815万9500ドルだった。
クリスティーズは当初、落札予想価格を800万―1200万ドルとしていた。
この金額が高いか安いか?

パリのポンピドーセンターにブランクーシのアトリエが
そのまま再現されている場所があります。

そこへ行ってこの彫刻家の功績を讃えてみたい気持ちにさせられました。

ブランクーシのアトリエについては
Monologue」のMoebonさんが詳しくお書きになっています!
NEW YORK (Reuters) - Constantin Brancusi's "Bird in Space" shattered the record for a sculpture at auction on Wednesday when it soared to an astonishing $27,450,000 at Christie's sale of Impressionist and modern art.

The previous record was held by another Brancusi, "Danaide," which sold for $18,159,500 three years ago.

The sale went a long way toward reassuring the art market after the spring auctions got off to a somewhat shaky start at Sotheby's on Tuesday.

Christie's had estimated that the recently rediscovered "Bird in Space" from 1921-22 would sell for $8 million to $12 million. But a bidding war between two clients over the telephone saw the price race upward, with nearly $3 million added in commission for the marble sculpture that depicts a bird soaring into the sky.

The piece had been stored for 80 years in a vault and had remained in the same family. It was authenticated only days before the sales were finalized.

Christie's officials were ebullient after the auction, which took in a total of $142,892,800, just shy of the high pre-sale estimate of $148 million with only seven of the 59 lots going unsold.

"It was just a wonderful sale all the way through," said Christopher Burge, Christie's honorary chairman and the evening's auctioneer. He said the bidding was "incredibly lively ... thick and fast at all levels." and that it was the auction house's second-highest total in 15 years.

Two other works broke the $10 million mark. Pablo Picasso's neoclassical portrait "Head and hand of a woman" fetched $13,456,000 and Paul Cezanne's "Tall trees at the Jas de Bouffan" sold for $11,776,000.

Alberto Giacometti's sculpture "Femme Leoni" sold for $8,416,000.

Other especially strong prices were achieved by Pierre Bonnard's "Interior with flowers," which sold for $5,392,000 and Edgar Degas' "Young dancer putting her hair in place" which soared past its high estimate of $2.5 million, selling for $3,768,000.

The spring sales continue next week at Christie's and Sotheby's with a rare Edward Hopper, "Chair Car," and the vibrant Andy Warhol portrait "Liz," depicting Elizabeth Taylor.

その他 | permalink | comments(14) | trackbacks(5)

この記事に対するコメント

そんなにすごい方とは知らず、彫刻のコーナーもすごく
かる〜い気持ちで見てしまいました。
金の卵みたいでしたよ。
リセ | 2005/05/15 6:45 PM
追伸:「接吻」はブリヂストン美術館にありますね。
   同じ作者とはしりませんでした。うっかり・・・。
リセ | 2005/05/15 6:48 PM
@リセさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

「金の卵」まさにそうですよね。
上の画像は兵庫で私が撮影してきたものです。
撮影okと聞いて嬉しくて撮ってきました。
川村は撮影できないんです。。。

20世紀で一番有名な彫刻家さんです。
オークションのハンマープライスは
多少高いとは思いますが。。。
Tak管理人 | 2005/05/15 11:18 PM
何時も良い情報記事を拝見しています。こちらを拝見してから見てみたいと思う作品も増えました。これからも宜しくです。

さて、今朝、NHKの新日曜日美術館で「ミュシャ〜スラブ悠々の叙事詩」 を放映していました。知識が無くてっきり1枚の大きな絵と思っていましたら20作も有るのには驚きです。
共産主事の崩壊と時代にほんろうされながら自分の主張を貫いたミュシャに感動、あの白いゆったりした服の謎もわかりました。
45gs | 2005/05/15 11:24 PM
Takさん、素敵にブランクーシの作品が紹介されています。嬉しくなります(笑)
また、私の紹介も・・・いつもお恥ずかしい限りで・・・

ぜひ、ポンピドゥ行ってくださいね!
これからの時期のパリは最高ですよ!!

アトリエは、小さいのですがブランクーシの作品は私の心には大きく残っています。
Moebon | 2005/05/15 11:53 PM
@45gsさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

こちらこそ拙い文章にお付き合い下さいまして
感謝感謝です。懲りずに今後ともお願い致します。

昨日は見ることできませんでした、新日曜美術館。。。
ミュシャだと知っていて楽しみにしていたのですが、
帰りの電車が落雷のために大幅に遅れてしまい、
自宅に着いたのが21時でした(T_T)

残念です。でもプラハへは生きている間に一度は行って
スラブ叙事詩この目で見てきたいと思ってます。

@Moebonさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

okですか?これで??
いつも単に作品をながめ「いいなーー」と
思っているだけなので、文に表すとなると大変です。
ボキャブラリーの無さに気がつかされます・・・

ポンピドーは前回パリに行った時は
パスしてしまったので、次回は必ず!!
Tak管理人 | 2005/05/16 9:41 PM
こんにちは。すてきなサイトですね。
トラックバックをお送りしようと思ったのですが、操作ミスのせい?で、私のブログからこちらへリンクが張られていない状態になっています。それで、そのことをお知らせしておこうと思いました。
こもへじ | 2005/08/24 1:48 PM
@こもへじさん
こんばんは。

貴blogお邪魔させていただきました。
TB送らせていただきました。
ブランクーシの記事にコメント書いてもらい
とても嬉しく思います。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2005/08/25 12:40 AM
TBをありがとうございました。こちらこそよろしくおねがいします。
それにしても、ブランクーシに限らず、とても情報が豊富ですね。ていねいに拝見して、またコメントやTBなどさせていただきます。
こもへじ | 2005/08/25 10:30 AM
@こもへじさん
こんばんは。

こちらこそご丁寧にお返事ありがとうございます。
情報というか、雑多な感想中心のblogです。
その日の気分にまかせて書いているので
統一性ありません。。。
こんなblogですが宜しくお願いします。
Tak管理人 | 2005/08/25 10:59 PM
ブルンクーシのことについて調べていましたら
貴殿のHPにいきあたりました。
ブルンクーシはルーマニア生まれルーマニア育ちです。
大人になってからパリにいったのです。

余計なことでしたらごめんなさい。
あいあい | 2007/08/07 7:09 PM
@あいあいさん
こんにちは、初めまして。
コメントありがとうございます。

ご指摘の通り確かに20才過ぎまで故国で
暮らしています。
表現が稚拙で誤解を招いてしまいました。
wikiのリンクを本文に貼り付けておきます。

間違いの多いblogですが今後とも宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2007/08/08 12:32 PM
丁寧にコメントいただき恐縮です。
再度、自分の書いた文章をみて恥ずかしい気持ちです。
あまりに、失礼な文章でごめんなさいでした。
あいあい | 2007/08/12 9:12 PM
@あいあいさん
こんばんは。

いえいえ御指摘いただかないと
そのままでしたので、助かりました。
他にも間違いたくさんあると思います。
また何かありましたら是非。
Tak管理人 | 2007/08/13 10:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
コンスタンティン・ブランクーシ, 1876-1957 先日ロイターのエンターテイメントのニュースを見ていたら「彫刻家ブランクーシの作品、28億円で落札」の見出しが目に付いた。なんで彫刻に28億円もの値が付くのか不思議になったので作家のコンスタンティン・ブランクー
ARTの価値 | コウジロの不定期日記 | 2005/05/14 5:58 PM
Musée national Centre d'art moderne Pompidouブランクーシのアトリエ は、センター前敷地につくられた。(これもまた、大阪の関空をデザインしたレンゾ氏によるもの)ルーマニアで産まれたブランクーシは、人生の半分をパリ・モンパルナスで過ごすこととなる。
ATELIER BRANCUSI | Monologue | 2005/05/16 12:11 AM
Heedoosama様がブルンクーシの「接吻」について言及されておられます。 クラヨーバ美術館 ブランクーシでなくて、ブルンクーシが正解なのですね。ブルンクーシのアトリエがパリのポンピドーセンターに再現されておりました。彼は、ルーマニア生まれで、パリのモン
ブルンクーシ:接吻 | 神戸阪神地域芸術文化情報 | 2005/06/21 12:32 PM
 《こんなふうに、たまに何の脈絡もなく、気ままに「こもへじコラム」が出現すること
◆こもへじコラム 1-(1) ◆ 28億円のブランクーシと文字絵 | 10億人が楽しめる手描き文字絵 | 2005/08/24 12:40 AM
国立新美術館で、「異邦人たちのパリ 1900-2005」を見てきました。 ポンピドー・センターから持ってきた近現代美術200点です。 エコール・ド・パリあたりの作品ですと、見る機会も多いのですが、、さすがにポンピドー・センターの所蔵品というだけあって、今