青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 中島美嘉 LET'S MUSIC TOUR 2005 | main | 英国が誇るボタニカルアートの至宝 >>

「五感を越える旅に出る。」



さて、↑この物体↑は何でしょう?



ガンダム世代の自分は「ハロ」のことを真っ先に頭に浮かべてしまいました。
(5月28日から公開される映画「Zガンダム」楽しみ〜)
が、当然違います・・・

では、この「ハロ」に似たこの物体の真の正体は。。。

みみお」です。

『「みみお」です。」と言われて、
そうか!みみおか〜(納得納得)
なんて事はないですよね。

「みみお」って一体じゃー何?
と次なる疑問が発生してきます。

「みみお」とは・・・
現代美術家の鴻池朋子さんの生み出したキャラクターです。

鴻池朋子さんは以前こちらのblogでも2回ほど紹介した作家さんです。
mot annual 2005「愛と孤独、そして笑い」
「ストーリーテラーズ」(6月19日まで森美術館で開催してます。)

この鴻池朋子さんの「みみお」は絵本としても発売されています。
一般に売っている本ですので、ご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。

みみお
みみお
鴻池 朋子, スタイナー翻訳ビューロー
“みみお”は97年頃に初めて作られた鉛筆アニメーション「冬の最後の日」の中に、初めて登場したキャラクター。その後も、ソフトビニール素材の立体マルチプルや、渋谷キューフロントビルの巨大モニター等、メディアを越えて姿を現し続けた。本書は、その原形ともいえる、懐かしいのに誰も見たことのない絵本画集。常闇から生まれてきた小さなみみおが、春夏秋冬の森の中を巡る旅を通じ、五感を啓き、感情の芽生える根源を鮮やかに描きだす。「世界はいつも密やかで すばらしく 謎につつまれている」。 (青幻舎webサイトより)

そして現在、表参道のNADiffで「鴻池朋子『みみおに不時着』」と題した
小さな展覧会を開催しています。
(NADiffさんには、インターナショナル・クライン・ブルーでお世話になってます)
少女、おおかみ、ナイフ、暗い森、昆虫たちなどが、重層的・多面的な記号性をはらみながら精緻な鉛筆画によって表現される鴻池朋子のドローイング。近年、着実に活動の場をひろげているアーティストが、ごく初期より関わり合い、繰り返し立ち戻って今でも大切にする物語が「みみお」の世界です。すべての物語の基層をなし、循環しながら終わりなく続いていく物語と、その擬似的な語り手でもある「みみお」。これらを見事な構成力と魅惑的な筆致で表現した絵本およびアニメーションの原画と映像作品によって、その魅力に迫ります。どうぞお楽しみください。
この鴻池朋子『みみおに不時着』(2005年4月27日― 5月29日)と同時開催として
鴻池朋子展『草原に不時着』(4月20日ー5月21日)がミヅマアートギャラリーで開催されています。こちら


常闇の彼方からうまれてきた、みみお。
花のかおり 川の光 触れるちょうちょう ハチのうなり 甘い露ー
五感は目ざめ、世界は立ち現れ、みみおは旅します。

五感六感の境を越えた、魂の冒険が広がっています。


とかく現代美術は難しく捉えられがちですが、
「みみお」なら誰でも抵抗なく見られるはずです。
それこそ「大人から子供まで」

そして「みみお」の表現してくれる世界は
謎めいていて、繰り返し見開く絵本にはまさにうってつけだと思います。

読書 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

トラックバックありがとうございます!
たしかにハロに似てますね! でもみみおは何ていうか、すごい無愛想な感じですよね(笑)。
ケンスケ | 2005/05/19 12:51 PM
@ケンスケさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

みみおを今日の午後観に行きたかったのですが
突然の仕事が舞い込んできていけなくなりました。
近々会いに行ってきます。ハロでなくみみおに。
Tak管理人 | 2005/05/19 10:24 PM
だめです…
一度ハロと言われてしまったら、
もうそのようにしか見えません(爆)。
いやーどう見てもハロですよ、このシルエット!

Zガンダム、私も密かにすごく楽しみにしてます。
秋津 | 2005/05/20 12:20 AM
TBありがとうございます。こちらも付けさせていただきました。
いま発売中の美術手帖が「物語る絵画」という特集で、鴻池さんのインタビューがあります。
ART遊覧にも過去のインタビューありますので、よかったら。
そうか、みみおはハロの兄弟か(笑)
みみおの絵本はこどもにもウケがいいみたいですね。
ART遊覧 | 2005/05/20 11:39 AM
@秋津さん
こんばんは。

みみおを本屋で見てとにかく最初に「ハロ」だと思いました。
それからもうハロにしか見えません(^^ゞ
あのキャラ好きなんです。ガンダムの中でも。
愛嬌あるじゃないですか。
みみおももう少し愛嬌あればね〜

Z観たい!!!!!!

@ART遊覧さん
こんばんは。

TBいただきありがとうございます。
「美術手帖」早速読んでみたいと思います。
ありがとうございます。
過去のインタビュー以前こちらでリンクさせて頂いた時に
じっくり拝読させて頂きました。
motの展覧会でかなり衝撃受けました。

ナディッフはいつでも行けると思っていると
行きそこなうので気をつけます。
Tak管理人 | 2005/05/20 11:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
今日から鴻池朋子個展が始まりました。森美術館の「ストーリーテラーズ」でも出品中で
鴻池朋子展 | ART遊覧 | 2005/05/20 11:31 AM