青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「美しき日本の原風景」 | main | 「薔薇の切手 香りのイメージ」展 >>

宮城県美術館で「フェルメール展」開催!

宮城県美術館(仙台市)にフェルメールの作品がやって来ます!しかも3点も!!
現在京都で開催中の「フェルメールからのラブレター展」が東北地方復興の祈りを込め宮城県立美術館へ巡回することが決定したのです。


フェルメールからのラブレター展
公式サイト
http://vermeer-message.com/

宮城県美術館
http://www.pref.miyagi.jp/bijyutu/museum/

フェルメールからのラブレター展
コミュニケーション:
17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ

展覧会概要
会期:2011年10月27日(木)–12月12日(月)
休館:なし(会期中は毎日開館します。)
料金:一般1500円(1400円)、大学生1300円(1200円)、小・中・高生800円(700円)
( )内は20名以上の団体料金
※音声ガイドを500円にて提供しております。
主催:宮城県美術館、河北新報社、仙台放送、
財団ハタステフティング
後援:オランダ王国大使館
特別協賛:大和ハウス工業株式会社
宮城展
協賛:杜の都信用金庫
特別協力:東日本放送、博報堂DYメディアパートナーズ
協力:KLMオランダ航空

17世紀オランダの画家たちによって描かれた、さまざまな「コミュニケーション」の形を、フェルメールの作品3点をはじめ、約40点の作品により紹介します。
なかでもヨハネス・フェルメールの傑作のひとつ《手紙を読む青衣の女》は、日本初出品であると同時に、このたび修復を終え、オランダに先立って世界初公開となります。

フェルメールからのラブレター展(公式サイト)
http://vermeer-message.com/

「フェルメールからのラブレター展」開催。 | 弐代目・青い日記帳
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2411

フェルメール円熟の3点 宮城県美術館で10月から展覧会‎
河北新報
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/06/20110624t15016.htm


ヨハネス・フェルメール「手紙を読む青衣の女
“Woman in Blue Reading a Letter”1663-64年頃
アムステルダム国立美術館


ヨハネス・フェルメール「手紙を書く女」 
1665年頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー


ヨハネス・フェルメール「手紙を書く女と召使」 
1670年頃 アイルランド・ナショナル・ギャラリー

京都展 開催概要
会期:2011年6月25日(土)〜1O月16日(日)
会場:京都市美術館
〒606-8344京都市左京区岡崎円勝寺町124
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は各閉館の30分前)
休館日:月曜日(7月18日、9月19日、10月10日は開館)
お問合せ:075-771-4107(京都市美術館)
展覧会公式ホームページ:http://vermeer-message.com
京都市美術館ホームベージ:http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma
主催:京都市美術館、朝日放送、テレビ朝日、博報堂DYメディアパートナーズ
特別協力:朝日新聞社
特別協賛:大和ハウス工業株式会社
後援:オランダ王国大使館

東京展 開催概要
会期:2011年12月23日(金・祝)〜2012年3月14日(水)
会場:Bunkamuraザ・ミュージァム(渋谷・東急本店横)
〒150-8507東京都渋谷区道玄坂2-24-1
開館時問:午前10時〜午後7時(入館は各閉館の30分前)
毎週金・土は午後9時まで(12月30日、31日は除く)
休館日:2012年1月1日(日)
お問含せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会公式ホームベージ:http://vermeer-message.com
Bunkamuraホームページ:http://www.bunkamura.co.jp
主催:Bunkamura、テレビ朝日、朝日放送、博報堂DYメディアパートナーズ
特別協力:朝日新聞社
特別協賛:大和ハウス工業株式会社
後援:オランダ王国大使館


記者発表会

Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2542


JUGEMテーマ:アート・デザイン


フェルメール | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

>東北地方復興の祈りを込め宮城県立美術館へ巡回する

素敵なお話ですね。
私は、自宅は東北道に乗りやすいので行かなくちゃ・・
えみ丸 | 2011/06/27 7:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2542
この記事に対するトラックバック