青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第7回国際バラとガーデニングショウ | main | Welcome to "BLUE HEAVEN" >>

小倉遊亀展

日本橋三越新館で開催されている
「小倉遊亀展」に行って来ました。



以前「美の巨人たち」で見た『浴女 その一』が印象的だった小倉遊亀。
「美の巨人たち」のサイト)←詳しいです、ここ。


『浴女 その一』昭和13(1938)年 東京国立近代美術館蔵

この展覧会には残念ながら出展されていませんでしたが、
画家人生80年の足跡をかいつまんで鑑賞することのできる展覧会でした。

「生誕110年記念」とありますが、
何しろ105歳まで生きた方です。
まだお亡くなりになって逆に5年しか経っていないことになります。
「没後5年展覧会」

三越新館になって会場自体に魅力が薄くなってしまった分、
展覧会の作品でそれを補っている感じを受けました。

「草にも木にも雲にも動物にも通い合う愛の心、生きることの喜びを感じあうすこやかさ」
画家のこの言葉に全て集約されているように思いました。
近代日本画壇を代表する小倉遊亀。2000年に105歳の生涯を閉じるまで現役を貫いた80年におよぶ画業は、大胆なデフォルメと無駄をそぎ落としたような表現で、常に近代感覚にあふれていました。しかし、画家が「明るく、温かく、たのしいもの」、「草にも木にも雲にも動物にも通い合う愛の心、生きることの喜びを感じあうすこやかさ」を描きたかったと言うとおり、力強く簡潔な表現にもかかわらず、その画面はモチーフの持ついのちを感じさせ、人間的なぬくもりに満ちています。本展では絵画を中心に、作品のモチーフにもなった陶芸もあわせて展観し、いきいきとした小倉芸術の世界を紹介します。
展覧会 | permalink | comments(7) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

きのううーちゃんが、三越と亀は開催したかもー。
BlogPetの「うーちゃん」 | 2005/05/24 11:24 AM
Takさん改めましてありがとうございました。

>生きることの喜びを感じあうすこやかさ

そうですね。
特に「すこやかさ」の点に、作品と通ずるものがあったと思います。
美しい作品ばかりでした。
満足です!
はろるど | 2005/05/27 12:39 AM
あ、私の好きな絵が・・・アップされてますね。
ありがとうございます。あのお湯の屈折でタイルがゆがんで見えるのが大胆に出ててなんだか面白いんですよね。しかも大画面!なんだか見ていて心が和む絵です。他はあまり知らないので是非見に行ってみたいと思います。
(でも平日7時半に閉館というのがちょっと早すぎ)
Emmy | 2005/05/27 3:25 PM
TAKさん

TBありがとう御座いました。

>作品のモチーフにもなった陶芸もあわせて展観し、いきいきとした小倉芸術の世界を紹介します

 「陶芸を展観する」と表現するのですね。もちろん、
 絵も美しかったのですが、味わいのある花瓶などの
 陶器もあって、小倉氏が向かい合って描いていた事
 が想像でき、より印象深い展覧会になりました。

 箱根にご出張なんていいですね〜(*"ー"*)♪
 箱根にはよい美術館がいろいろあるので
 もし行かれたらTAKさんの感想も楽しみに
 してますね(^_-)-☆

 
Julia | 2005/05/27 7:45 PM
@うーちゃん。
三越の新館地下のバームクーヘン
出来立てが美味いよ。

@はろるどさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

疲れない展覧会でしたね。
見ていて疲れないのは大切なことです。
リラックスして観られました。
行ってみて良かったです。

@Emmyさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

『浴女 その一』が竹橋に展示してあるか
サイトでは確認できなかったので
別の手段で確認してあるときに行って
観てきたいと思います。
ゴッホ展の時にもらった常設展のチケットが
まだあるんので、それ使わせてもらいます。

29日、明日までですね、この展覧会。
今日お会いするときに招待券お持ちします。

@Juliaさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

作品の中に描かれた陶芸品が並べて
展示してあるのは、とても良い企画だと思いました。
なるほど〜画家さんの目にはこう見えるのかーと
一端を垣間見ることできました。

箱根は天気に恵まれて順調でした。
体力的には疲れましたけどね。
美術館!(^^)!行っちゃいました。
ラリック!!
Tak管理人 | 2005/05/28 11:23 AM
私も行ってきました。よかった。よかったです!彼女の手の描き方が、とても好きです。そして、今回驚いてしまったのが、「花瓶」。私は彼女の「花瓶」に生命を感じてしまいました。小倉遊亀(本名なんですよね)の力量に驚きの連続でした。
ゴッホ展の後、2回常設展に行きましたが、その時は『浴女 その一』がありませんでした。私もとても観たい作品です。
Yuko | 2005/05/30 9:02 PM
@Yukoさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

小倉遊亀さんの作品きっとYukoさん
お好きだろうなーーと思ってました。
ビンゴ!ですね。

常設展はゴッホ展の時、2回とも行けなくて
遊亀の作品あったかどうか気になっていたのですが
やはり無かったのですね。
次の展示替えであると嬉しいですね。

「小林古径展」に同じような作品
出されるようなのでそれも楽しみです。
Tak管理人 | 2005/05/30 9:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
三越日本橋本店新館7階ギャラリー(中央区日本橋室町) 「小倉遊亀展 -生誕110年記念- 」 5/17〜29 こんにちは。 日本橋の三越で開催中の「小倉遊亀展」へ行ってきました。 以前、小倉遊亀の「浴女その一」の魅力について拙い記事を書きました。今回の展覧会では残念
「小倉遊亀展」 三越日本橋本店ギャラリー 5/21 | はろるど・わーど | 2005/05/26 11:50 PM
今日は会社の帰りがけに両親と待ち合わせて 日本橋三越本店 新館7Fギャラリー
小倉遊亀 展 * Art Life of 105 Years | Floral Musée | 2005/05/27 7:46 PM
「花瓶が生きている!」     本当にそう感じてしまった。自分でも驚きだ。現在、日本橋三越で開催されている「小倉遊亀展」で鑑賞した花を生けた数々の花瓶の絵である。 私は静物画や風景画よりも、はるかに人物画が好きだ。画家とモデルのそれぞれの思いを勝手に
小倉遊亀展 | エッセイ室 | 2005/06/04 10:00 AM