弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「イケムラレイコ うつりゆくもの」
東京国立近代美術館で開催中の
「イケムラレイコ うつりゆくもの」展に行って来ました。


展覧会特設ウェブサイト「イケムラレイコ Side B

絵画、彫刻、ドローイングと多岐に渡る制作活動を続ける傍ら、現在ドイツ、国立ベルリン芸術大学で教授も務めるイケムラレイコの日本国内における初の回顧展が竹橋の近代美術館で開催されています。

奈良美智の描く少女とは違い、イケムラのそれはとてもぼんやりフォギーがかかったようなまさに「空ろ」な存在として描かれます。目も鼻も描かれず虚空に佇む少女。

好きなんですよね〜実は。イケムラの描く少女たち。


イケムラレイコ「横たわる少女」1997年 
東京国立近代美術館

この展覧会のキュレーター保坂健二朗氏は図録に「なぜ彼女たちは匍匐するのか?『古事記』とエコロジーを手がかりに」と題した長文のテキストを載せています。これが色んな意味で鋭く素晴らしい。まだ卒読しただけですが、じっくり読むべき内容のものです。

その図録及びビジュアルですが…ポスター、チラシなどのメィンヴィジュァルは、あの川内倫子(木村伊兵衛賞受賞作家)が本展のためにドイツで撮影しました。カタログには、川内の撮影したイケムラレイコのミニ写真集も収録されます。そのカタログのデザインは、中島英樹。もちろん、ポスター、チラシ、チケットも中島が手がけます。

何とも豪華な布陣です。今や世界所狭しと活躍の場を広げるイケムラレイコを迎え入れるにはこれくらい当然といえば当然かもしれません。

そしてまた会場デザインも前回のパウル・クレー展とはまたがらりと変わり仕切りを多用し幾つもの部屋を設けています。東京都現代美術館で開催中の「名和晃平展」と似ているようでまた全然違った雰囲気を醸し出すことに成功しています。

この展示デザインは、ここ数年イケムラの展覧会に関わってきた建築家のフィリップ・フォン・マットが全面的に協カし作り上げたものだそうです。「場」を味わいに行くだけでも十分価値のある展覧会かと。

イケムラの作品はとても静かで時に浮遊感さえ漂わせるものが多くみられます。ふわふわと軽い感じ。しかし、何か事が起きた時のイケムラの行動たるやまるで正反対の大変アクティブな一面が見られるそうです。例えばこんなこともやっていらっしゃいます。

作品の中では私的で詩的なアプローチをとるイケムラですが、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故という母国日本が見舞われた未曾有の事態に対しては、公共の場での積極的な行動を選びました。
3月にはケルンでチャリティイベントを行い、6月から7月にかけては、ベルリンのKW Institute for Contemporary Artにおいて、友人のヴィム・ヴェンダースやボリス・ミハイロフなど、アーティストや建築家を集めた展覧会を組織したのです。この決然たる行動カもまた、イケムラの魅カのひとつと言えるでしょう。

2011年6月9日〜7月17日
@ KW Institute for Contemporary Art (Berlin)
展覧会URL http://www.kw-berlin.de/


とかく現代社会では人間関係が希薄で伝えたいものが伝わらず、伝える手だてすらなく人々は疲弊し諦めムードが漂っています。「自分」は要らぬものでいつでも「他人」と交換可能な機械の安いパーツのように思っている人で満ち溢れています。

そんな時にイケムラのうつ伏せに横たわる(「匍匐する」)うつろな少女をふと目にすると、何故だか優しく包みこまれる(抱きかかえられる)ような気分にさせられるのです。身体性もあやふなやぼんやりとした少女の絵、ドローイングにそして彫刻に。

とても不思議なことです。
でも事実です。

今回の回顧展はそんなうつろな少女を描いた代表作を中心にサイズ的にも大きく、挑戦的で威圧感すらある初期作品、それに多くの彫刻作品。また新作「山水画」等、約145点を、1300平方メートルの空間に散りばめられています。

半分以上の作品が日本初公開となっています(ドイツのアトリエからの出品)。今だからこそ観ておかなくてはならないイケムラレイコの世界が存分に味わうことが出来ます。

以下、イケムラレイコの言葉です。
私が日本から出たのは、母国でも異邦人のように感じたからかもしれません。つまり、ヨーロッパで何かが違うと思うのは、自分が日本人だからということだけが理由ではない。だから、生活が浮き上がらないようにするためにも、何かをつくっていく必要があるんです。生活するんじゃなくて、生活をつくっていくとでもいえばよいでしょうか。

あの頃主流だったのは、バゼリヅツだとかリヒターだとか、マッチョでゴジラみたいな男ばかりでした。だから、ドイツという国では繊細さのような心理は全然受け入れられないだろうと思っていました。

ファン・ゴッホの時代には浮世絵などジャポニスムの影響で新しい空間の表現方法を日本から学んだ。またキュビスムの時代にはアフリカ彫刻から構成方法を学んだ。
そこを私は逆戻りしたいと思う曲彼らが学んだことをなぜ日本人も意識しないのか、逆に問うという方法で。岡倉天心がおこなったように、ヨーロッパ人が学んだ「現代」というものが日本人にとって何だったのかということを考えたいんです。

なぜ私の彫塑の中に「うつろ」があるかというと、存在と無という弁証法的なことに関心があるからです。

私が描く少女も、幽霊なんです。足もないし。あれは、影なんですよ。すーっとでてきて消えていく。そういうイメージなんです。だからスカートには形があるけど、足ははっきりさせない。
私にとって幽霊というと、『源氏物語』ですね。怨念や情念で生霊になったり。ああいうの私は超自然的だと思うんです。騙されたからと、ばーっと出てきて男を驚かせる。「ざまあみろ」なんてよく子どものときに思ったんですよ。

展覧会の構成は以下の通りです。

1:イントロダクション
2:新作:山水画
3:インターヴァル(写真)
4:横たわる人物像:彫刻と絵画
5:写真
6:うみのけしき
7:樹
8:成長
9:インターヴァル(本)
10:ブラック・ペインティング
11:出現
12:アルプスのインディアン
13:1980年代の作品
14:インターヴァル(これまでの展覧会)
15:新作:人物風景


この記事の最後に展示会場の風景画像アップしておきます。


イケムラレイコ うつりゆくもの
会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
http://www.momat.go.jp/

会期:2011年8月23日(火)〜10月23日(日)
開館時間:10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
主催:東京国立近代美術館、三重県立美術館
協力:ルフトハンザ カーゴ AG

巡回
2011年11月8日(火)- 2012年1月22日(日) 三重県立美術館

【イベント情報】

シンポジウム
「芸術におけるエコロジー」
登壇者:
イケムラレイコ
加須屋明子(京都市立芸術大学准教授)
保坂健二朗(東京国立近代美術館研究員・本展企画者)

日程:2011年8月27日(土)
時間:13:00-15:00
場所:東京国立近代美術館地下1階講堂

申込不要・聴講無料(先着140名)
ギャラリー・トーク
保坂健二朗(東京国立近代美術館研究員・本展企画者)

日程:
2011年9月17日(土)
2011年10月15日(土)
2011年10月22日(土)
時間:13:00-14:00
場所:1階 企画展ギャラリー

※いずれも参加無料(要観覧券)/申込不要

東京国立近代美術館 ギャラリー4ではこちらの展覧会も企画展も開催中です。

レオ・ルビンファイン
傷ついた街


会期:2011年8月12日(金)〜10月23日(日)


以下、「イケムラレイコ展」覧会会場風景。





















「イケムラレイコ展」は10月23日までです。是非是非!!

Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2599

JUGEMテーマ:アート・デザイン

なぜ今イケムラレイコ展か?
本展は、絵画、彫刻、ドローイング約145点を、1300平方メートルの空間の中に展示する、日本では初めてとなるイケムラレイコの本格的な回顧展です。半分以上の作品がドイツのアトリエからの出品(つまり日本初公開)で、新作も展示されます。

ちょっと不思議な存在。それがイケムラの作品のキーワードです。キャンバス地から浮かびあがってくる女、キャベツの頭を持つ人、うつろをはらんだ横たわる少女、岩の中にふと見える怪物のような顔などなど。イケムラが幽霊とも思えるような存在をつくるのは、「うつりゆくもの」への関心を持っているからだと言えます。存在と無。動物と人間との間の進化論的関係。手つかずの自然と人間による文明。ともすればAからBへの一方向の移行として捉えられがちなうつりゆきを、彼女は、相補的で、往復可能で、蛇行的で、終わりのないものとみなし、それを自らの作品において表現しているのです。

彼女はまた、自らの作品がエコロジカルであってほしいと願っています。絵画は人間の身体に合わせた大きさ。彫刻の素材には土へと返りやすい粘土を選び、ドローイングでは木炭やパステルに紙といったシンプルな材料を使っているのです。そこには、この時代にアーティストとしてモノをつくることの意味について実践的に考えてきたイケムラならではの思想を見てとることができるでしょう。

そうしたイケムラの作品には、詩情の中に哲学が、静けさの中に情動的な強さが感じられます。またフラットに見えて奥行きがあります。相反する質を優しく包みこむ彼女の作品は、これからの「うつりゆき」を考えなければならない今こそ、深く感じとれるのではないでしょうか。

| 展覧会 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(2) |









http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2599
「イケムラレイコ うつりゆくもの」展 東京国立近代美術館
竹橋 chariot 竹橋の東京国立近代美術館では「イケムラレイコ うつりゆくもの」展が 開かれています。 会期は10月23日(日)までです。 イケムラレイコさん(1951〜)は三重県出身で、1972年に...
| 猫アリーナ | 2011/08/29 6:46 AM |
「イケムラレイコ うつりゆくもの」 東京国立近代美術館
東京国立近代美術館 「イケムラレイコ うつりゆくもの」 8/23-10/23 東京国立近代美術館で開催中の「イケムラレイコ うつりゆくもの」へ行ってきました。 私自身、イケムラというと、よく知られた少女モチーフの絵画の印象が強く残っていますが、今回の回顧展では
| はろるど・わーど | 2011/10/01 1:53 AM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...