青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展開催! | main | 美術史家に聞く第四回:金沢百枝先生(後篇) >>

「トゥールーズ=ロートレック展」

三菱一号館美術館で開催中の
「三菱一号館美術館コレクション〈II〉トゥールーズ=ロートレック展」に行って来ました。


http://mimt.jp/lautrec2011/

「また『ロートレック展』か…」と思うやもしれませんが、三菱一号館美術館が満を持して放つ今回の「ロートレック展」はこれまで幾度となくロートレック作品(とりわけ版画やポスター)をご覧になられた方にこそ観てもらいたい展覧会です。

パリのフランス国立図書館、アルビのトゥールーズ=ロートレック美術館に次いで世界で3本の指に入る屈指のコレクションを2010年4月に三菱一号館美術館がオープンする前に一括して購入したことはほとんど知られていません。

総計250点からなる三菱所蔵のロートレック作品は、ロートレック自身の手でアトリエに保管され彼の死後、生涯の友人であったモーリス・ジョワイヤンに引き継がれた極上のコレクションなのです。


第2章展示風景

ロートレックが精力的に取り組んだリトグラフの大部分はもとより、画家のアトリエで秘蔵されていたことにより保存状態の抜群に良いものばかり。

ポスター等は折り目もなく色彩も鮮やかなまま。今さっき摺り上がって来たばかりのような瑞々しさを感じ取れます。状態の良い浮世絵展を観ているような気分にさせられます。

個人的にロートレックは大好きな作家で展覧会がある度に必ず二度三度と足を運んでいます。ロートレックに関しては目が肥えていると多少の自負はありましたが、今回の展覧会ではそれも雲散霧消。


第2章展示風景

ロートレックが好きで良くご覧になる方にとっては新鮮な驚きに満ちた展覧会になっているかと。そして初めてロートレックにこの展覧会で接する機会を得られる方はとても幸せかと。

展覧会の構成は以下の通りです。

第1章:トゥールーズ=ロートレック家の故郷・南西フランスと画家揺籃の地アルビ
第2章:世紀末パリとモンマルトルの前衛芸術
第3章:芸術家の人生


某美術館関係者が展覧会会場で「噂には聞いていたけど、これほど状態の良い作品とは…」と思わず口に漏らしていました。羨ましげに。


トゥールーズ=ロートレック「A.ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人」1882年
トゥールーズ=ロートレック美術館、アルビ

一番の見どころは、これまで語ってきた通り、三菱一号館美術館の最初のコレクションである「モーリス・ジョワイヤンコレクション」が初めてまとめて公開されることです。

そして、それに花を添えるべくロートレックの生まれ故郷アルビにあるトゥールーズ=ロートレック美術館から貴重な油彩画等も来日し同時に公開されています。

三菱一号館美術館とアルビ、トゥールーズ=ロートレック美術館が姉妹館であることもこうしたレアな油彩画をレンタル出来る所以なのでしょう。


トゥールーズ=ロートレック「裸体少女、《女性の研究》のための習作」1893年他
トゥールーズ=ロートレック美術館、アルビ

ロートレック好きを唸らせること間違いなしの展覧会。混雑する前に是非是非。

↓ロートレック展特設サイトも要チェックです↓

ロートレック展を楽しむ10のコト
1. 丸の内で楽しむロートレック
2. 音声ガイド
3. ミクニ マルノウチ×「トゥールーズ=ロートレック」展コラボメニュー
4. 三菱一号館美術館カフェ1894 ロートレック展特別メニュー
5. ロートレック展TVCM
6. 書籍「もっと知りたいロートレック」紹介
7. 服部一成さんデザインのポスター・チラシ紹介
8. Marunouchi Art Journal紹介
9. その他
10. ロートレックぬりえダウンロード


「トゥールーズ=ロートレック展」は12月25日までです。


トゥールーズ=ロートレック展

会期:2011年10月13日(木)〜12月25日(日)
会場:三菱一号館美術館(東京・丸の内)
http://mimt.jp/

開館時間:水・木・金10:00〜20:00/火・土・日・祝10:00〜18:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜休館
主催:三菱一号館美術館、朝日新聞社
後援:フランス大使館
特別協力:トゥールーズ=ロートレック美術館(アルビ)
協力:エールフランス航空、J-WAVE


「ロートレック展」特設ショップ。テーブルからシャンデリアまで全て売り物!

そうそう、Twitterでも話題沸騰の三菱一号館美術館年間パスポート(5000円で同伴者まで無料。年に何度でも利用可)が販売スタートしています。数量限定。これは買わないと損損。
詳しくはこちらから→http://mimt.jp/passport/

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2654

JUGEMテーマ:アート・デザイン


三菱一号館美術館所蔵のトゥールーズ=ロートレックによるポスター及びリトグラフは、ロートレック自身が生前自分のアトリエにおき、今日までそのまま伝えられた貴重なコレクションです。この作品群を画家の没後に引き継いだのが、青年時代からその活動を常に支えた親友の画商モーリス・ジョワイヤンでした。彼は生前にロートレックの展覧会を開催し、画家の早世後は遺産管理者となって、生地である南西フランスの古都アルビに画家の名を冠した美術館を設立することにも尽力したのです。

当館所蔵のトゥールーズ=ロートレック作品を紹介する初の展覧会となる本展では、19世紀末パリ、モンマルトルを華やかに描き出した代表的なポスターや、画家の芸術の革新性をもっとも顕著に示すリトグラフの数々から、およそ180点の作品を選りすぐって紹介します。ロートレック自身が手元に残したこの作品群の中には、革新的な版画制作の過程を示す試し刷りや希少な刷りのリトグラフなどに加えて、身近な人へ向けた献辞やサインのある作品、そして親しい友人たちを招いて自身が料理を振舞った晩餐会のための自作の招待状やメニューカードなど、ロートレックの私的な生活とその交友関係を垣間見ることのできる貴重な作品が数多く含まれているのが特徴です。本展では、これらのまとまったリトグラフコレクションを通じて、ロートレックの独自性と、現代にも通じるグラフィック・アーティストとしての造形感覚を検証します。

また本展では、三菱一号館美術館とアルビのトゥールーズ=ロートレック美術館との姉妹館提携を記念し、三菱一号館美術館所蔵のポスター・版画コレクションに加えて、ロートレック美術館より、家族と過ごしたアルビ周辺での日々やジョワイヤンとの友情を示す油彩等を展示し、画家の心の拠り所であった故郷アルビの街とパリ、モンマルトルの歓楽街での創作活動を対比的に再構成して紹介します。

世紀末パリの退廃的な夜の世界に浸った「呪われた画家」という、ロマン主義的な画家像とはまた異なる、親しみ深い様相に溢れた新たな「ロートレック」の世界をこの展覧会で発見していただけるものと願っています。

展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(5)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
東京 chariot 丸の内の三菱一号館美術館では「トゥールーズ=ロートレック展」が開かれています。 会期は12月25日(日)までです。 この展覧会は三菱一号館美術館コレクションとして、美術館の所蔵す...
三菱一号館美術館始まった「トゥールーズ=ロートレック展」に行ってきました。 実は行ってきたのは初日である昨日10/13のこと。実は有給を取ってたのでこれは行くしかないなあと。 しかもツイッターを見ていたらなんと年間パスポートが発売になるとのこと。 なん
三菱一号館美術館コレクション〈2) トゥルーズ=ロートレック展 三菱一号館美術館   ロートレック展「2011.10.13〜12.25〈日)」三菱一号館美術館   に行ってきました。(11/23) ロートレックについては殆ど知らなくて、でも有名だから見
「トゥールーズ=ロートレック展」チラシ、2種 「三菱一号館美術館」正面入口    「丸の内中央通り、案内幟旗」 三菱一号館美術館で「トゥールーズ=ロートレック展」を観てきました。この展覧会が始まったのは10月13日、僕が観に行ったのは10月30日で
三菱一号館美術館 「トゥールーズ=ロートレック展」 10/13-12/25 「極上」のロートレック・ポスターコレクションを展観します。三菱一号館美術館で開催中の「トゥールーズ=ロートレック展」へ行って来ました。 ロートレックのポスターを見ること自体はそう珍しいこ