青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「長谷川等伯と狩野派」 | main | 「ゴヤ展」チケットプレゼント >>

オランダ&フランダース とっておきの旅

オランダ政府観光局とベルギー・フランダース観光局が共同制作したアプリ「オランダ&フランダース とっておきの旅」がApp Storeに並びました。



オランダ政府観光局
http://www.holland.or.jp/nbtc/

ベルギー・フランダース観光局
http://www.visitflanders.jp/

花と風車の国オランダと美食や街歩きが楽しいベルギー・フランダース。

その両国の魅力をもっともっと若い方にも知って欲しいという願いからこの度、iPhone・iPad用アプリとしてリリースされたのが「オランダ&フランダース とっておきの旅



「ツアー」のページには8つの旅が用意されています。

・10年に1度のフロリアードとフランダースの花の旅
・タンタンとミッフィーの故郷を訪ねて
・自転車好きの私を魅了したサイクリング王国
・キャット・キャット・キャット・ツアー
・クラッシック音楽三昧の8日間
・OLがひとり、ベルギーを往くーベルギー・フランダースの冒険
・彼とめぐる フェルメールと名画の旅
・フェルメールからのラブレター展


いづれかをタップすると旅がスタートします。


画面がとっても可愛らしい!

一度行ったら病みつきになるオランダ・ベルギー両国。芸術から食べ物までありとあらゆる魅力に溢れていながら、どこか親しみやすさを感じる国でもあります。

さて、このアプリ内にあるこちらのページ。



この「フェルメールからのラブレター展」についての記事は不肖私Takが筆を執らせて頂きました。現在、宮城県美術館で開催中の同展。

いよいよ12月23日より東京渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムの改装記念こけら落とし展として華々しく盛大に開催予定となっています。

そのちょっとした予習に読んでいただければ幸いです。


アプリ内の「ギャラリー」では画像も見られます。

他の沢山の画像もとてもスマートに手のひらの中で見られます。それだけでも旅行へでかけた気分にさせてくれます。これだけのアプリですが、ダウンロードは無料!もうすぐ落とすしかないでしょう〜

感想聞かせて下さいね。


オランダ&フランダース とっておきの旅

無料
カテゴリ: 旅行
リリース: 2011/11/10
バージョン: 1.00
サイズ : 17.9 MB
言語: 英語
販売業者 : Interface Co., Ltd.
© オランダ政府観光局 及び、ベルギー・フランダース政府観光局

条件: iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.2 以降が必要




これとは別にこんなイベントにも参加します。

【イベント】iPhoneでもっとアートを楽しもう

開催日程: 2011年12月15日(木)
開催時間: 19:00〜20:30(トークは1時間を予定)
会場:Apple Store, Ginza(アップルストア銀座)
イベントタイトル:iPhoneでもっとアートを楽しもう

出演者名:
鈴木芳雄さん(編集者/美術ジャーナリスト)
金沢百枝さん(美術史家/東海大学文学部ヨーロッパ文明学科准教授)
※会場にてアンケートをお答えいただいた方にプレゼント有

尚、お二人への質疑応答のやり取り、トーク終了後、アプリの説明やアンケートについてなどの説明は不詳私中村(Tak)が担当致します。

入場は無料です。皆さまお誘い合わせの上お越しくださいませ。

Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2680

JUGEMテーマ:アート・デザイン




花と風車の国オランダと美食や街歩きが楽しいベルギー・フランダース。
2つのエリアの旅のスペシャリスト、オランダ政府観光局とベルギー・フランダース観光局が共同制作したアプリです。
旬のテーマから、定番のちょっと変わった楽しみ方まで。はじめての方も、現地へ行ったことのある方も楽しめる、とっておきの旅日記をどうぞ。 ちょっと時間が空いたら、ぶらっと気軽に旅に出てみましょう。 ひとつの旅から帰国すると旅先の素敵な写真が、あなたの旅のギャラリーに増えていきます! なかにはなかなかお目にかかれないお宝画像も・・・。
旅のコースは今後も増えますのでお楽しみに♪
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック