青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< フェルメールのカレンダーがお買い得! | main | 山種美術館、静岡市美術館、荻須高徳展チケットプレゼント >>

ブリヂストン美術館開館60周年記念展

東京駅八重洲中央口から歩いて数分の好立地に位置するブリヂストン美術館。来年2012年に開館60周年を迎えるそうです。
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/


開館60周年記念展の概略を説明する島田紀夫ブリヂストン美術館長

石橋財団ブリヂストン美術館は、創設者石橋正二郎の日本近代洋画および西洋近代絵画を中心とするコレクションをもとに、1952年に開館しました。開館60周年を迎えるにあたる記念すべき年にブリヂストン美術館が放つ3つの特別展に関する記者発表会が行われました。以下簡単ですがご紹介します。

【開館60周年記念特別展その1】


パリへ渡った「石橋コレクション」1962年、春
開催期間:2012年1月7日(土)〜2012年3月18日(日)
展覧会内容:絵画45点、パネル5点ほか資料多数(当時の新聞雑誌評、写真、記録映画の上映など)またコレクション展示(約100点)も併設。
担当学芸員:田所夏子氏。



いまからちょうど50年前、当館の開館10年目にあたる1962(昭和37)年に、パリ国立近代美術館において初めて「石橋コレクション」を海外で紹介する展覧会(「東京石橋コレクション所蔵─コローからブラックに至るフランス絵画展」)が開催されました。親日家であり、かねてより「石橋コレクション」を高く評価していた当時のパリ国立美術館副館長ベルナール・ドリヴァルの発案により実現したこの展覧会は、日本にある西洋絵画のコレクションがまとめて海外で展示される初めての機会でもあり、大変な話題となり反響を呼びました。また同時に、このコレクションの基礎を築いた石橋正二郎というコレクターの存在は驚きとともにフランスのメディアの注目を集め、「石橋コレクション」は広く認知されることとなりました。成長を続ける当館のコレクションの、ひとつの原点とも言える同展を当時の資料とともにご紹介いたします。


日本国内にある西洋絵画を海外(フランス)に輸送する為に開発された特製ジュラルミン・ケース。緩衝材にはブリヂストン社製のエバーソフトというゴム素材が使用されていたそうです。

またこの「パリへ渡った「石橋コレクション」1962年、春」展に合わせ土曜講座が用意されています。いつにも増して豪華な顔ぶれです。

土曜講座
「石橋コレクション徹底研究(西洋絵画編)」

2月11日:馬渕明子氏(日本女子大学教授)【コロー】
2月18日:六人部昭典氏(実践女子大学教授)【モネ】
2月25日:大森達次氏(女子美術大学名誉教授)【マネ】
3月3日:村上博哉氏(国立西洋美術館学芸課長)【ピカソ、ブラック】
3月10日:新関公子氏(東京藝術大学名誉敦授)【セザンヌ】

時間/14:00-16:00(開場13:30)
会場/ブリヂストン美術館1Fホール
聴講料:各400円
定員:130名 (先着順)
※各講座の詳細は決定次第ブリヂストン美術館ホームページにてアナウンスされます。要チェックです。
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/

石橋財団ブリヂストン美術館は、創設者石橋正二郎の日本近代洋画および西洋近代絵画を中心とするコレクションをもとに、1952年に開館しました。コレクションを私蔵するのではなく、広く一般に公開し文化の進歩に力を尽くしたいという石橋の理想は、開館10周年を迎える1962年5月、パリ国立近代美術館での「石橋コレクション」展の開催を以て一つの成果を見たと言えるでしょう。そこで今回の土曜講座では、1962年の「石橋コレクション」展に出品された西洋絵画のなかから、6人の画家とその作品について各講師の方々にお話いただきます。

尚、2012年1月8日(日)ブリヂストン美術館開館60周年目にあたるこの日は入館無料となるそうです。学芸員さんの作品解説11時〜、島田紀夫館長の特別講演14時〜も全て無料!!素晴らしい〜〜

【開館60周年記念特別展その2】



あなたに見せたい絵があります。−ブリヂストン美術館開館60周年記念
開催期間:2012年3月31日(土)〜2012年6月24日(日)
展覧会内容:ブリヂストン美術館、石橋美術館の所蔵品の精粋108点を一堂に展示。通常の年代別コレクション展示ではなく、「自画像」「山」「物語」「現代美術」などお主題別にまとめて展示(例えば雪舟とセザンヌの山岳風景の並置)。石橋財団コレクションの幅の広さと豊かさを紹介する展覧会。
担当学芸員:貝塚健氏。



現在約2,500点ある石橋財団の収蔵品のなかから、代表的な作品を選りすぐってご覧いただく賛沢な名品展です。
見どころの一つは、西洋絵画と日本近代洋画が合わせて展示されること。通常は、東京のブリヂストン美術館でフランス近代絵画を中心とする西洋美術を、久留米の石橋美術館で近代洋画を中心とする日本美術を展示していますが、この特別展では、その両者が一堂に会します。西洋美術に影響を受けて出発した日本の近代洋画を並べて見ることで、その影響や対比、また画家たちの葛藤など、興味深い関係性が見えてくるのではないでしょうか。

本展の大きな特徴は、作品を11のテーマに分け、ジャンル別の展示を行うことです。美術館では、美術史の流れに沿って作品が並べられることが多いものですが、制作年代も、美術運動や流派も、また洋の東西も問わず、通常とは異なる文脈で並べられた本展の作品群は、いつもとは異なる新鮮な印象をもたらすことでしょう。またジャンルに着目することで、創立者・石橋正二郎のコレクションを土台に、60年にわたり収集を続けてきた当財団のコレクションの幅の広さも感じていただけることと思います。


11章からなる展示構成。
1:自画像、2:肖像画、3:ヌード、4:モデル、5:レジャー、6:物語、7:山、8:川、9:海、10:静物、11:現代美術


世界中にたった2枚しかないマネの自画像。その一枚を所蔵するブリヂストン美術館開館。セザンヌの「帽子をかぶった自画像」や中村彜の「自画像」との対比が観られるはずです!

あなたに見せたい絵があります。」土曜講座
「ブリヂストン美術館と私」(予定)

3月31日:高階秀爾氏(大原美術館館長、東京大学名誉教授)
4月7日:富山秀男氏(元ブリヂストン美術館館長)
4月14日:水田徹氏(元大和文華館館長、東京学芸大学名誉教授)
4月21日:小林忠氏(学習院大学教授、千葉市美術館館長)
4月28日:島田紀夫(ブヂストン美術館館長)

当館の開館60周年を記念して開講するシリーズです。ながらく日本の美術界、美術館界を牽引してこられた方々に、ご自身とブリヂストン美術館のこれまでの関わり、ブリヂストン美術館のコレクションとの出会いや思い出、プリヂストン美術館の活動の過去と現在・未来への展望などをお話しいただきます。20世紀後半以降の、日本の美術をめぐる目撃者ともいうべき方々の、貴重な証言に立ち会うことができるでしょう。

時間/14:00-16:00(開場13:30)
会場/ブリヂストン美術館1Fホール
聴講料:各400円
定員:130名 (先着順)
※各講座の詳細は決定次第ブリヂストン美術館ホームページにてアナウンスされます。要チェックです。
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/


【開館60周年記念特別展その3】



ドビュッシー −音楽と美術」(仮称)
開催期間:2012年7月14日(土)〜2012年10月14日(日)
展覧会内容:フランスの作曲家クロード・ドビュッシー(1862〜1918)の音楽は同時代の美術から影響を強く受けている。美術愛好家や画家との交流があった作曲家ドビュッシーと印象派、象徴派、世紀末美術との関係に焦点をあて、国内外の作品約200点を紹介する展覧会。フランス、オルセー美術館、オランジュリー美術館との共同開催展。
担当学芸員:賀川恭子氏



クロード・ドビュッシー(1862-1918年)は、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したフランスを代表する作曲家です。「月の光」や交響詩「海」などの作品で知られます。彼が生きた時代には、音楽や美術、文学、舞台芸術が互いに影響し合い、芸術家たちはしばしば共同で一つの作品をつくりあげていました。なかでもドビュッシーはその代表的な作曲家で、たとえば「牧神の午後への前奏曲」は、象徴主義の詩人マラルメの詩に感銘を受けて生まれた作品でした。
前衛的な作曲家だったドビュッシーは、当時同様に前衛の立場にあった印象派やポスト印象派、また象徴派の絵画も愛し、そこからインスピレーションを得ることもありました。印象派を中心とする近代絵画からなる当館コレクションは、彼の音楽と強い親和性をもつと言えるでしょう。




2012年は、ドビュッシーの生誕150年にあたります。ブリヂストン美術館はこれを記念し、オルセー美術館、オランジュリー美術館との共同開催により、ドビュッシーと印象派や世紀末美術、さらにはジャポニスム等の関係に焦点をあてた展覧会を実施します。
19世紀フランス美術の新たな魅力をご紹介する本展は、オルセー美術館、オランジュリー美術館、そして当館の所蔵作品を中心に、国内外から借用した作品約200点で構成されます。パリではオランジュリー美術館で、日本では当館のみの開催となります。




絵画と音楽は密接な関係にあります。今までありそうでなかった作曲家の名前を冠した展覧会。開館60周年にふさわしい内容となることでしょう。

オルセー美術館のコジュヴァル館長自らがこの画期的な展覧会の開催をブリヂストン美術館に打診したそうです。尚、フランスでは日本に先立ち3月から「ドビュッシー展」がスタートします。


ブリヂストン美術館開館60周年記念

パリへ渡った「石橋コレクション」1962年、春
開催期間:2012年1月7日(土)〜2012年3月18日(日)

「あなたに見せたい絵があります。−ブリヂストン美術館開館60周年記念」
開催期間:2012年3月31日(土)〜2012年6月24日(日)

「ドビュッシー −音楽と美術」(仮称)
開催期間:2012年7月14日(土)〜2012年10月14日(日)

10月26日からは「ブリヂストン美術館コレクション展」(仮称)を開催予定。

来年2012年大型展覧会数多く開催されますが、やっぱり忘れてちゃいけないのはブリヂストン美術館さんです。皆さんここの美術館で西洋絵画のイロハを学んだはずですからね。

美術館サイトこれから先も要チェックです!
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/

またブリヂストン美術館ブログも!!
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/blog/

どこかの記事に自分の姿が…

Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2711

JUGEMテーマ:アート・デザイン

島田館長の新刊も!
お知らせ | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

携帯、スマートフォンGalaxyにしましたが、Takさんのtwitter,Forbbidenになる、悲しい、ドビュッシーは楽しみです。
oki | 2011/12/13 12:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック