青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブリヂストン美術館開館60周年記念展 | main | 東日本大震災被災文化財復旧支援Save Our Culture “心を救う、文化で救う” >>

山種美術館、静岡市美術館、荻須高徳展チケットプレゼント

Christmasまではまだ少し時間がありますが、山種美術館「ザ・ベスト・オブ山種コレクション」、静岡市美術館「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」、日本橋三越「荻須高徳展」のチケットプレゼントでも。

【プレゼントその1】

http://www.yamatane-museum.jp/

山種美術館創立45周年記念特別展
「ザ・ベスト・オブ・山種コレクション」

会期:
[前期] 江戸絵画から近代日本画へ 2011年11月12日(土)〜12月25日(日)
[後期] 戦前から戦後へ 2012年1月3日(火)〜2月5日(日)
*12/26〜1/2は休館
会場:山種美術館
主催:山種美術館、日本経済新聞社
協賛:SMBCフレンド証券
開館時間:午前10時から午後5時(入館は4時30分まで)
休館日:月曜日(但し、1/9は開館)、12月26日(月)〜1月2日(月)、1月10日(火)


【プレゼントその2】

http://www.shizubi.jp/

竹久夢二と静岡ゆかりの美術
会期:2012年1月7日(土)〜3月25日(日)
   前期:1月7日(土)〜2月12日(日) 
   後期:2月18日(土)〜3月25日(日)
開館時間:10:00-19:00(展示室入場は閉館30分前まで)
*休館日/毎週月曜、ただし1月9日(月・祝)は開館、翌10日(火)は休館



東西交通の中心地で、風光明媚な静岡は、画家たちの格好の画題となり、様々な芸術家や優れたコレクターを輩出してきました。

富士をこよなく愛し、晩年三保で暮らした洋画家・和田英作、静岡出身の版画家・海野光弘、中川雄太郎、彩色木彫家・平野富山ら静岡ゆかりの芸術家の優品や、女性郷土史家にして夢二ファンが長きにわたって蒐集した、志田コレクション竹久夢二作品などを一堂に展示します。


【プレゼントその3】


生誕110年記念 荻須高徳展
会期:2011年12月27日(火)〜2012年1月16日(月)
開館時間:午前10時〜午後6時30分
1月2日は午後7時30分まで。最終日は午後5時まで。
1月1日は休業日



パリの街角を描いた画家として知られる、文化勲章受章の洋画家、荻須高徳(1901-1986)の生誕110年を記念した回顧展を開催いたします。荻須は、東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業後、25歳で渡仏。第二次世界大戦の一時期を除いて、84歳で亡くなるまでパリに住み、歴史がしみこんだ石造りの建物や街並みを描き続けました。薄曇りの光に照らされた灰色のパリの風景からは、そこで暮らす人々の気配までもが感じられます。また、パリとは対照的な明るい日差しに惹かれて、たびたび長期滞在をしたのがベネチアです。温かみのある赤い壁が運河の水に揺れる風景に、どこか故郷の木曽川を思い出していたのかもしれません。
本展では、荻須の生涯のテーマともいえる二つの古都、パリとベネチアを描いた代表作を中心に、初公開となる人物画や花、静物なども合わせ、約90点を一堂にご紹介いたします。どの作品にも、何気ない風景の中に潜む美を見出す、荻須の温かい眼差しを感じていただけることでしょう。

ギャラリートーク
荻須恵美子(荻須高徳 長女) 
12月27日(火) 午後2時〜 [会場内]


ご希望の展覧会チケットをペアでプレゼント致します。
※受付終了致しました。

チケットご希望の方は、件名に「○○展チケット希望」、本文にお名前(氏名)と、お持ちの方はTwitterアカウントを明記しメールをお送りください。
※受付終了しました。

メールアドレスはこちらです。お間違えなきように。



当選された方にはこちらより数日中にこちらよりメール連絡致します。

※Twitterダイレクトメッセージでは受付けておりません。
※mixiその他でも一切受け付けておりません。
※また転売目的でのご応募はご遠慮下さい。

Twitterアカウント→@taktwi

毎回大変多くの申込みがあり、ご希望に添えない場合多々御座いますががご勘弁下さい。



Twitterやってます!
@taktwi

Takeshi Nakamura | バナーを作成


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2712

JUGEMテーマ:アート・デザイン


高橋 直裕(編),伊藤 公象,横尾 忠則,太田 三郎,スタン・アンダソン,生田 萬,飯田 鉄,大竹 誠,郷 泰典,須藤 訓平
武蔵野美術大学出版局
(2011-12-27)

プレゼント | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

どうでもいいですが、日本橋三越は開館7時までじゃないですか?
高島屋は隠元禅師ですね。
oki | 2011/12/16 1:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック