青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『フェルメール 光の王国』 | main | 始まりますよ〜「フェルメールからのラブレター展」 >>

プロが選ぶ「2011年 ベスト展覧会」

毎年恒例。各新聞に掲載された美術界のプロが選ぶ今年度開催されたベスト展覧会。讀賣新聞、毎日新聞、朝日新聞掲載日順にご紹介。



まずは、讀賣新聞(2011年12月15日)

回顧2011 ※美術
問い直される美術館の役割(文化部 高野清見)

3氏が選ぶ展覧会ベスト4

☆建畠晢(京都市立芸術大学長、埼玉県立近代美術館長)

・名和晃平展ーシンセンス(東京都現代美術館)
・草間彌生展 ボディ・フェスティバルin '60s(ワタリウム美術館)
・後藤靖香「床書キ原寸」展(おおさかカンヴァス推進事業 名村造船所跡地 クリエイティブセンター大阪)
・生誕100年記念 瑛九展(宮崎県立美術館など)

☆椹木野衣(美術批評家、多摩美大教授)

・吾妻ひでお美少女実験室(明治大学博物館)
・五百羅漢ー増上寺秘蔵の仏画 幕末の絵師 狩野一信(江戸東京博物館)
・Chim↑Pom(チムポム)展「REAL TIMES」(無人島プロダクション)
・岡本信治展 空襲25時(渋谷区立松濤美術館)

☆光田由里(渋谷区立松濤美術館主任学芸員)

・菊畑茂久馬回顧展 戦後/絵画(福岡市美術館と長崎県美術館で同時開催)
・高嶺格:とおくてよくみえない(横浜美術館)
・クロニクル1947-1963|アンデパンダンの時代(東京都現代美術館常設展示)
・森淳一展「triniteite」(ミヅマアートギャラリー)



続いて同じ日(12月15日)の誌面に掲載した毎日新聞さんのベスト3

美術:この1年 2011年の展覧会3選 
高階秀爾/本江邦夫/三田晴夫

☆高階秀爾(大原美術館館長)

・桃源万歳! 東アジア理想郷の系譜(岡崎市美術博物館)
・菱田春草没後100年記念特別展(長野県信濃美術館、飯田市美術博物館)
・「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展(千葉市美術館ほか)

 大震災後の困難な状況のなかで開催された海外からの招来展にも見るべきものが少なくなかったが、ここでは公立美術館展を挙げる。いずれも高い志と担当学芸員の地道な努力による優れた成果である。

☆本江邦夫(多摩美術大教授)

・彫刻家エル・アナツイのアフリカ(埼玉県立近代美術館ほか)
・モダン・アート,アメリカン −−珠玉のフィリップス・コレクション(国立新美術館)
・宮川哲弥・五十嵐彰雄二人展−絵画/筆触(福井市美術館市民ギャラリー)

 価値観の多様化の一方で、一握りの特定のものだけが脚光を浴び、必要以上にもてはやされる時代である。美的な事象とは、星ぼしが互いに高め合う一種の「星座」であることに今いちど注目したい。

☆三田晴夫(美術ジャーナリスト)

・「菊畑茂久馬 戦後/絵画」展(福岡市美術館・長崎県美術館)
・「李禹煥 無限の提示」展(米・グッゲンハイム美術館)
・小谷元彦展:幽体の知覚(東京・森美術館ほか)

 思えば菊畑は40年前から山本作兵衛の描く炭坑画の価値を見抜き、保存活動に奔走してきた人。その意味でも圧巻この上ない彼の大回顧展と炭坑画の世界記憶遺産認定が重なったことに、運命的な感慨を禁じ得なかった

美術:この1年 「今できること」探る 「再生」「鎮魂」テーマに多くの共感
毎日新聞 2011年12月15日 東京夕刊



最後に朝日新聞。12月17日の誌面に掲載されたベスト3

小さな存在へのまなざし〈回顧2011・美術〉

私の3点

☆北澤憲昭(美術評論家)

(1)「浅川伯教・巧兄弟の心と眼―朝鮮時代の美」(千葉市美術館)
(2)「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」(東京オペラシティアートギャラリー)
(3)「ぬぐ絵画―日本のヌード1880−1945」(東京国立近代美術館)

民芸の根源のかなたを照射した(1)、スリリングな会場構成とファッションの現在がマッチしていた(2)、そして、フェミニズムの成熟を思わせる(3)。

☆高階秀爾(美術史家・美術評論家)

(1)「ヨコハマトリエンナーレ2011」(横浜美術館など)
(2)「酒井抱一と江戸琳派の全貌(ぜん・ぼう)」(千葉市美術館)
(3)東日本大震災の災害復興支援活動

(1)は美術館所蔵品も組み込んだ展示が成功。(2)は学芸員の調査研究の成果を花開かせた。(3)では全国美術館会議などが示した連帯感が心に残る。

☆山下裕二(美術史家)

(1)「石子順造的世界」(府中市美術館)
(2)「名和晃平―シンセシス」(東京都現代美術館)
(3)「生誕130年 橋口五葉展」(千葉市美術館)

(1)はつげ義春「ねじ式」の原画が出品されたのが画期的。(2)は今年いちばんかっこいい現代美術展。(3)は篤実な回顧展で図録も充実。

2011年12月17日 朝日新聞



皆さんの今年ご覧になられた展覧会で心に残っているものはどんな展覧会でしょう?後日毎年恒例の素人が勝手に選ぶ展覧会ベスト10も募集します。

専門家さんの選ぶ展覧会は少々(かなり)マニアック過ぎてどうもね…

そうそう、その前に2011年第4クォーターベスト3(10月〜12月の三ヶ月間で見た展覧会の中で良かった展覧会を3つあげて下さい)も募集しなくては。

考えておいて下さいね。年賀状書きもしながら。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2719

JUGEMテーマ:アート・デザイン


展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2719
この記事に対するトラックバック