青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
2011年 展覧会ベスト10
兎年もあと2日となりました。
年賀状もやっと書き終え新しい年を迎える準備に追われています。

さて、毎年恒例となりました今年拝見した展覧会のベスト10を発表致します。ランキング付けるのもどうかと思いますが、一年の締めくくりとして、記憶に留めておく意味も含め。毎年毎年素人の分際で恐縮では御座いますが、お付き合い頂ければ幸いです。


鈴木春重・画

展覧会や個展に足を運びつつもブログに書けなかったものが多数あります。ご紹介しきれなかったこと反省しきりです。また12月上旬に不覚にも不注意から足の靱帯を切ってしまってからは外出も中々出来ない状態が続きました(今でも思うように観てまわれません)

健康でいることの有難さが痛いほど身に沁みたひと月でした。そして3月の震災以降多くの展覧会が開催延期・中止に追い込まれ、当り前のように美術展に通えることにあらためて奉謝せねばならぬと心新たにした一年でもありました。

「ベスト10」と称し、順位を付けてはいますが、ここにあげたベスト10以外の展覧会も含めいずれも素晴らしく、甲乙つけ難いものが多くかなり悩みました。それでも毎年恒例の縁起もの。これやらないと年を越せないので僭越ながら発表させて頂きます。

王冠22011年 私が観た展覧会ベスト10王冠2

青い旗1位:フェルメールからのラブレター展

Bunkamuraザ・ミュージアム:2011年12月23日(金・祝)〜2012年3月14日(水)

単にフェルメール作品を3点揃えただけでなく「手紙」「コミュニケーション」というテーマに沿って構成された展覧会。小規模ながらも見応え充分です。キリスト教の主題が前面に描かれていないオランダ・フランドル絵画って日本人も受け容れ易く、また江戸時代唯一ヨーロッパの中で唯一交易があった国。そんな身近さから親しみ易い内容。フェルメール以外の作品もプライベートコレクションからの出展が多く展示数の割に見所の多き展覧会。フェルメール好きでもありBunkamuraの大ファンでもあるのでこれは文句なしの1位!

京都展を真夏に観に行き、そして冬に東京で再び。一年で2度観たことになります。会場の違いで構成や展示もかなり違って観えました。リニューアルオープンしたばかりのBunkamuraで来年3月14日まで1月1日を除き無休で開催しています。

青い旗2位:狩野一信「五百羅漢図」展

江戸東京博物館:2011年4月29日(金・祝)〜7月3日(日)

震災の影響で会期が大幅にずれ込んでしまった展覧会ですが、待ち望んでいた以上のものがありました。狩野一信の五百羅漢図の凄みを一層際立たせるような空間演出にも惚れ惚れ。おかげで一信の世界観へどっぷり浸かること出来ました。何度目かにぼーとソファーに腰をかけ作品の前を過ぎゆく人々を観ていたことも。それがまた絵になるのですから何とも不思議な体験でした。

来年3月にはワシントンで狩野一信の「五百羅漢図」が公開されます。さてさてアメリカ人の反応や如何に。是非とも感想を聞いてみたいものです。

青い旗3位:春日の風景

根津美術館:2011年10月8日(土)〜11月6日(日)

大学時代に毎年教授と共に春日大社に現地調査として出向いていたこともあり、春日社には特別の思い入れがあります。信仰の対象として古くから崇められてきたこの神社。そんじょそこいらの神社とは格が違います。それはこの展覧会で展示されていた数々の作品からも明明白白。しかしこれだけの春日宮関連の作品を都内で拝見できるとはゆめゆめ思いもしませんでした。まさに有難い展覧会でした。

始まる前に担当学芸員である白原氏にこの展覧会の見どころや凄さを伺っておいたので、何をどう観たら良いのか、とても参考となりました。→「担当学芸員に聞く「春日の風景」展の見どころ。」感謝感謝です。

青い旗4位:「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展

千葉市美術館:2011年10月10日(月・祝)〜 11月13日(日)

今年は砲一イヤーの一年でもありました。巡回しやっと千葉市美術館で拝見することが叶った展覧会。抱一が抱一にいかに成っていったのか、また抱一の弟子たちの活躍まで幅広く、そして大量の出展作品で回顧することの出来た大展覧会でした。この展覧会をベスト10から外すまっとうな理由が見つかりません。

前期、後期とも当然ながら伺い、単眼鏡で隅々まで拝見し、幾つもメモを取り…きりがありませんでした。ブログの記事も逆にシンプルなものに。千万言尽くすよりもこの展覧会に行けたことだけで幸せなことです。来年の曾我蕭白もまたまた楽しみです。

青い旗5位:トゥールーズ=ロートレック展

三菱一号館美術館:2011年10月13日(木)〜12月25日(日)

絵を見始めた頃、たまたま「ロートレック展」が開催されていました。そこで受けた衝撃は言葉にすることが不可能なほど。それからロートレックについてあれこれ調べ展覧会は必ず観に行ったものです。今回の三菱一号館美術館での「ロートレック展」は今まで観た中でも最も作品状態の良いものがずらり初公開。もう嬉しくて嬉しくて。

所蔵品だそうですので、また数年後に拝見出来ること心待ちにしています。そうそうチラシやポスターも素敵でしたよね。

青い旗6位:ミン ウォン:ライフ オブ イミテーション

原美術館:2011年6月25日(土)〜8月28日(日)

『第53回ヴェネチアビエンナーレ』において審査員特別表彰を受賞したシンガポール生れの作家ミン・ウォンの映像作品を展示する為に原美術館が「映画館」に大変身を遂げた展覧会。クスッと笑える作品に潜むシンガポール生れでベルリン在住のミン ウォンが問題意識を持つ国家、言語、ジェンダー、ポストコロニアル…といった意識。イギリスや日本が大きく加担している「シンガポールの歴史」や複雑な言語体系が抱える数多の問題を具現化した展覧会でした。自分の「立ち位置」を考えさせれる深い内容の展覧会でした。

青い旗7位:感じる服 考える服

東京オペラシティ アートギャラリー:2011年10月18日(火)〜12月25日(日)

今でもそうですが、服には絵と同等に興味関心があります。単なるファッション展ではなく美術展の領域までに昇華させている点に大変惹かれるものがありました。同時に建築家、中村竜治氏によって生み出されたこれまで誰も経験したことのないある種の不便さを強要する展示空間もこの展覧会だからこそ評価できるものだったかと思います。純粋に楽しく、そして服に対してのワクワク感が満載の展覧会でした。

青い旗8位:江戸民間画工の逆襲

板橋区立美術館:2011年4月2日(土)〜5月8日(日)

板橋区立美術館所蔵作品のみで構成された展覧会であるにも関わらず、これほどまでに魅力的で尚且つ愉快に鑑賞できるとはある種の感動を覚えます。ここの美術館のスタンスも記事に書いた通り評価出来る大きな要因です。館長の柔軟な思考が立地の不便さをカバーして余りある板橋区立美術館。展覧会毎に目が離せません。

ほぼ同時期に府中市美術館で開催された「江戸の人物画」とどちらをベスト10に入れるかどうか最後まで悩みました。

青い旗9位:森と芸術

東京都庭園美術館:2011年4月16日〜2011年7月3日

美術館(建物だけでなく木々に囲まれた空間全体)と展示内容がこれほどまでに合致した展覧会は珍しいのではないでしょうか。そしてタイトルからでは到底推し量れない深く充実した内容の展示。庭園美術館だからこそこの展示は生きると確信。アプローチから展覧会の一部と言ってもいいほどまとまりのある内容でした。出来ればリニューアルオープン後に再度また開催して頂きたいほどの展覧会でした。

青い旗10位:イケムラレイコ うつりゆくもの

東京国立近代美術館:2011年8月23日(火)〜10月23日(日)

イケムラレイコさんは以前より大好きな作家さんです。会場構成から図録に掲載された担当学芸員さんのコメントまでどれも納得の内容でした。今年の国立近代美術館での展覧会はどれも甲乙つけがたくベスト10に入れたいものばかりでした。

青い旗10位:神戸智行展─イノセントワールド─

佐藤美術館:2011年11月15日 (火)〜12月18日 (日)

神戸君は若手の作家の中で最も注目しているひとりです。佐藤美術館で展覧会が開催されると知り今年最も知人に「観に行ったほうがいいよ」と吹聴したのがこの展覧会です。来年は大宰府へ巡回し開催されるとのこと。九州の方是非!

以上独断と偏見で選んだベスト10(ベスト11)です。ギャラリーでの個展やイベント系の展覧会はランキングから除外しました。

以下、ベスト10入り惜しくもしなかったものの二重丸を付けた展覧会を列挙しておきます。いずれも甲乙付け難く最後の最後まで悩みました。(以下順位不同)

「幕末の探検家 松浦武四郎と一畳敷展」
「運慶展」
「包むー日本の伝統パッケージ展」
「グランヴィル展」
「香り かぐわしき名宝」展
「岡本太郎展」
「シャッフル展」
「ヘンリー・ダーガー展」
「母たちの神-比嘉康雄展」
「ルドゥーテ『美花選』展」
「不滅のシンボル 鳳凰と獅子」
「磯江毅展」
「ジョセフ・クーデルカ プラハ1968」
「パウル・クレー展」
「日本画どうぶつ園」
「名物刀剣」
「アンリ・ル・シダネル展」
「世紀末、美のかたち」
「知られざる歌舞伎座の名画展」
「華麗なる〈京蒔絵〉」
「ヴェネツィア展」
「松岡映丘展」
「来世のための供物展」
「ぬぐ絵画」
「南蛮美術の光と影」
「歌川国芳展」


洋の東西を問わず、また時代も何もかもハチャメチャに展覧会観てまわっています。主体性が無いと謗られたこともありますが、このスタンスは変えるつもり全くありません。

先日、神戸大学大学院人文学研究科准教授で美術史家の宮下規久朗氏にインタビューした際に、宮下先生がこんなこと仰っていました。 

Tak:絵(作品)を観る際のポイントや気を付けている点や身に付けておくとよいことなど教えて頂けますでしょうか。

宮下:これは自論なのですが、美術はすべて繋がっているので、例えばイタリア美術に興味や関心があっても、実際に目にすることのできる日本美術やアジアの美術、そして現代アートまで、よいものなら何でも観てまわることが大事だと思います。だから、美術史をやる者は学芸員になれば、専門分野や館の方針に関わらず、必ず得るものがあり、勉強になるのです。

視覚的な記憶の蓄積がすべてだといってよいでしょう。単純に言うなら、以前観た作品と目の前にある作品を比べながら観ることが肝要です。自分の心の中に、鑑賞の座標軸を設けて、そこに位置づけるのです。比較のための作品の記憶やデータがあればあるほどよいわけです。

だからこそ沢山色んな作品を観て比較ファイルをどんどん厚くすることが大事なのです。西洋美術は好きだけど仏像は興味がないからまったく観ないとか、曼荼羅は好きだがモダン・アートには興味がないなんていう学生もいますが、それでは駄目なのです。神戸大学文学部の美術史研究室では、隔週の金曜日の午後に、関西の美術館・博物館や古社寺を回るゼミをずっと続けていますが、美術史を専攻する学生は4年間のうちにかなりの数の美術にふれることができます。たくさんの作品を、説明を受けながら実際にじっくり見るという経験ほど重要なものはありません。分野は関係ないのです。



宮下規久朗先生
ヴェネツィア、カ・ドーロにて 筒口直弘氏撮影『芸術新潮』掲載写真(2011年)

インタビュー記事は年明けにでもこのブログの「美術史家に聞く」コーナーに年明けに掲載します。興味深いく、目から鱗のお話満載です。掲載お楽しみに〜

ご参考までに2004年〜2008年までのベスト10はこんな感じでした。
2004年 展覧会ベスト10
2005年 展覧会ベスト10
2006年 展覧会ベスト10
2007年 展覧会ベスト10
2008年 展覧会ベスト10

2009年 展覧会ベスト10
2010年 展覧会ベスト10

こちらの記事もあわせてどうぞ。
プロが選ぶ「2011年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2011年 展覧会ベスト10」

仲間たちや美術館・博物館関係者、主催者等々今年も多くの方々に支えて頂いた一年でした。素人個人ブロガーとして身に余る光栄。来年もまた少しでもお役に立てれば「展覧会好き」として嬉しい限りです。

なるべく多くの方に美術館。博物館に足を運んで頂けることが一番の望みです。ジャニーズのコンサートやディズニーランドや映画他様々なイベントに比べどうしても美術展はまだまだ敷居が高いのが現状です。

数多い選択肢の中で「今日は展覧会に行こうか」と言ってもらえる頻度が今よりもっともっと高くなるよう「繋ぎ役」として来年も頑張りたいと思います。


また今年、来年と大好きなフェルメール作品が数多く日本にやって来ます。“フェルメールイヤー”にあたりファンの新たな交流の場としてフェイスブックページ「クラブ・フェルメール」もOPENしました。どなたでも「いいね!」をクリックするだけで参加可能なコミュニティーです。

年明け1月8日には「ザ・ベスト・オブ・山種コレクション展」会場で、山妙子館長によるギャラリートークも実施致します。
http://twipla.jp/events/15753

恒例のインタビュー記事も数は少ないものの今年も継続出来ました。来年も突然お願いするかと思いますが、その際は何卒宜しくお願い申しあげます。

【2011年 インタビュー記事一覧】
松岡映丘の身内が語る「松岡映丘展」鑑賞のツボ
美術史家に聞く第四回:金沢百枝先生(後篇)
担当学芸員に聞く「春日の風景」展の見どころ。
美術史家に聞く第四回:金沢百枝先生(前篇)
林綾野『フェルメールの食卓』
展覧会の仕掛け人に聞く」(後篇)
展覧会の仕掛け人に聞く」(前篇)
三菱一号館美術館「Café 1894」
インタビュー:音声ガイド(後篇)

これ以前のインタビュー記事はこちらにまとめてあります。

美術館・博物館:入場フリーショップ、カフェ一覧


そうそう、日経さんから美術館、展覧会アプリについて取材を受けたのも今年でした。
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2693


TBやリンクは各記事同様大歓迎です。
ブログをお持ちの方、ベスト10でなくとも今年ご覧になった展覧会で印象に残っているものでも何でも結構です。記事書かれたら是非TB送って下さい。

ブログ書かれていない方は「コメント」に書き込んで頂けると嬉しいです。宜しくお願い申しあげます。(コメントには昨年よりお返事書かないことにしております。ご了承願います。)



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2729

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 展覧会 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(17) |
こんにちは
2011年は大変な年となりましたが、震災後も国内外の素晴らしい作品が観られたのは美術関係者の皆様のご尽力があったからでしょうね。
2011年は琳派好きの私としては見所が多い年でした。来年はフェルメールが話題の中心になりそうで、こちらも楽しみです。

また来年もよろしくお願い致します。どうぞよいお年を^^
| 21世紀のxxx者 | 2011/12/31 4:28 PM |

春日、森と芸術、イケムラレイコ、あと酒井抱一もかぶってうれしいです♪ 今年も大変お世話になりました。
お忙しいでしょうが来年も「繋ぎ役」としてのご活躍を期待しています&来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!!
| noel | 2011/12/31 5:13 PM |

こんばんは。今年も公私共々お世話になりました。本当にありがとうございます。

ロートレックってこれまで実はあまりピンと来なかったのですが、
この展覧会で一気にぐっと引かれました。三菱も蔵が深い、なんて…。

それでは良いお年を!
| はろるど | 2011/12/31 7:24 PM |

還暦のお祝い(?)にチケットをいただいた者です。その節はありがとうございました。
わたしの2011年ベスト10は、1位「酒井抱一と江戸琳派の全貌」 2位「橋口五葉展」(千葉市) 3位「伊東深水展」(平塚市) 4位「博物館に初詣」(国立博物館) 5位「磯江毅展」(練馬区) 6位「歌川国芳」(太田記念)  7位「ロートレック展」(三菱) 8位「江戸の人物画」(府中市)  9位「神戸智行展」(佐藤) 10位「大正イマジュリー」(松濤) 次点「藤島武二・岡田三郎助」(そごう)でした。
Takさんと重なるものもあってうれしいです。
| 佐野ゆかり | 2011/12/31 7:57 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2729
2011年 私のお気に入り アート
今年を締めくくる「私のお気に入り アート編」 展覧会にあまり出かけず、部屋で中古レコードばかり聴いていた一年でしたが、印象に残る美術展は結構あるものです。 1位 杉本 ...
| 中年とオブジェ〜魅惑のモノを求めて〜 | 2011/12/31 7:56 AM |
2011年の展覧会を振り返って。
今年は、本当に多難な一年でした
| 雑感ノート | 2011/12/31 8:37 AM |
回顧2011/美術館編
そしてそして、美術館編実はこちらの方がほぼ先に書き上がってました。…などとつべこべ書かずに、とっとと公開していきます↓シュテーデル美術館所蔵フェルメール≪地理学者≫と ...
| 南武蔵発ぶろぐ | 2011/12/31 1:43 PM |
2011年の展覧会10本!(アート/建築/デザイン等)
このブログも忙しさもあり11月から更新せず・・・ それでも年末はこれをやらねば、
| 今日の献立ev. | 2011/12/31 4:05 PM |
2011年の振り返り
2011年もおしまいなので、今日は今年の美術展について振り返ります。今年は震災によって中止・延期などもありましたが、その後も貴重な作品を見ることが出来たのはありがたいことです。今年も日本画、西洋画個...
| 関東近辺の美術館めぐり 〜美術・美景・美味を楽しむブログ〜 | 2011/12/31 4:22 PM |
2011年美術展ベスト10
いろいろなことがありすぎた2011年もあとわずか。子供の冬休みも始まったので年内の美術鑑賞は打ち止めかと。なので少し早いですが極私的・2011年美術展ベスト10を考えてみました。 これらは展覧会自体の内容への評価というよりは、あくまで私にとっての強
| Art and The City | 2011/12/31 5:04 PM |
2011年展覧会ベスト10!
というわけで今年もこの季節がやってきました。 こうやってセレクトしていくと見たときに自分の心がどう動かされたかを思い出します。 1.酒井抱一と江戸琳派の全貌(千葉市美術館) 3回通いましたがまだ足りない。圧倒的な質と量。お弟子さんも含めて千葉市美2フロア
| あお!ひー | 2011/12/31 5:17 PM |
2011年 私が観た展覧会ベスト10
いよいよ今年も残すところ5時間を切ろうとしています。 2011年、震災という未曽有の事態が大きくのしかかり、そして現在も事態の収束は見られないという不透明で不安な状況に置かれています。 そんな中...
| あるYoginiの日常 | 2011/12/31 7:09 PM |
キーワード 2011
 今年のアート・街関連を三つのキーワードで振り返ってみます。(2010、2009...
| Life with Art | 2011/12/31 7:13 PM |
2011年 私が観た展覧会 ベスト10
ギャラリー編に引き続きます。私が今年観た展覧会の中で印象に残ったものをあげてみました。 「2011年 私が観た美術展 ベスト10」 1.「五百羅漢展 狩野一信」 江戸東京博物館 率直なところ抱一展と迷いましたが、一点一点の作品の密度、そしてスケール、はたま
| はろるど・わーど | 2011/12/31 7:17 PM |
2011年 展覧会ベストテン
大晦日です。はじめて今年のベストテンをつくりました。 今年はいろんなことがあった年です。でも私なりに展覧会に足を運んでいました。 少ない中から選ぶので、すぐ出来ると思ったのですが、なかなか選ぶというのは大変でした。 1 フェルメールからのラブレター展 
| すぴか逍遥 | 2011/12/31 9:26 PM |
2011年の美術展ベスト5
今年みた美術展のなかからベストなものを選ぶにしても、昨年にもまして回数が減っているので、ベスト5がせいぜいかな。ということで、5つに絞ることにします。これまではあまり順位を付けてこなかったけど、今回はばっちり1−5位まで決めてみよう。第1位ワシントン・ナ
| アトリエ・リュス | 2012/01/01 1:18 AM |
2011年の展覧会ベスト10
さーて2011年もいよいよ終わりです。 今年は本当にいろんなことがありました。 個人的にもますます「悔いなく生きよう」と強く思うようになりました。 今年見た展覧会のうちからわたしが選んだベスト10を...
| 遊行七恵の日々是遊行 | 2012/01/01 1:49 AM |
[アート]2011年 展覧会ベスト10
2011年も今日で終わり。 東日本大震災があった年として、一生記憶に残るわけですが、すでに東京での生活では、本当にあの震災があったのかもわからないほど、以前の通りに戻っていて、これでいいのかと思ってしまいます。 自分の中では、形あるものや都市生活の崩
| 東京クリッピング private 2 | 2012/01/01 7:33 AM |
2011年 展覧会ベスト10
早いもので、もうこの時期となりました。ということで、個人的な2011年の展覧会ベ
| Museum a_go_go | 2012/01/01 4:27 PM |
今年の展覧会ベスト10(2011)
今年は、震災以来、いろいろと考えさせられた一年。 美術館巡りの方は、ブログ記事にはしなかったけれど、ちょこちょことお邪魔出来たような気がします。 来年こそは、ちゃんとブログ記事アップしよう。と思います。 では、私の「今年の展覧会ベスト10」 第1位
| 朱奈のつぶやき | 2012/01/02 12:38 AM |
11年感動の展覧会 ベスト10!
今年は3月11日に起きた東日本大震災とそれにともなう福島原発事故のため、当初予定
| いづつやの文化記号 | 2012/01/10 2:58 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...