青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「清明上河図」を見逃すな。 | main | 「平清盛展」 >>

4種類もある「ルドン展」のチラシ。

三菱一号館美術館で2012年1月17日(火)〜3月4日(日)の日程で開催される注目の展覧会「ルドンとその周辺―夢見る世紀末」展。

昨年はあまりにも斬新過ぎる早チラシとティザーサイトが話題となり、各メディアでも異例の取り上げ方をされました。



Twitterを中心に話題騒然となり、何とあのはてなまでが独自取材に乗り出すことに。批判的な意見も多々ありましたが、結果的に大成功。

“幻の名画見つかっちゃいました!” 三菱一号館美術館「ルドン展」の仮サイトが斬新な理由(はてなブックマークニュース)

三菱一号館美術館

ルドンとその周辺 ― 夢見る世紀末
三菱一号館美術館新規収蔵記念 ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》
開催期間:2012年1月17日(火)〜3月4日(日)

ネット上での反応の極々一部。

いって見たい展示なんだが…サイトのデザインにビビったw
TLでひどいって見たけど確かにこれは凄い。でもルドン好きだから観にいきたい
よく美術関係のエライ人がこれを承諾してくれたな〜
懐かしささえ感じさせるデザインw
ネタ, Artやったね!
うわぁぁぁ
なんなんだろうか、この遣る瀬無さw
やったね!
ルドンが来るのか! ぜひいかなければ。…はともかく、このセンスはなんなのだ。
これはひどい, ネタ現代版愛生会…
スクロールしても文字が付いてきて鬱陶しいwww
透過pngが綺麗ですね
どうしてこうなったTLでひどいひどいと流れてきていてどんなだろうと思っていたが、まさかこっち方向とは…
「ルドン展」の仮サイトが斬新。
専門用語でアバンギャルドや
斬新wwwwww
これはひどい。でもルドン展は観にいきたい。
おもしろい, なにこれ, うごくぞやったね!
せっかくのルドンが...
な、なにがあったの?!え???
タイトルだけ見て皇帝の墓場かと思った
すごいインパクトだ!
スクロールしてもアニメーション GIF がついてくる。すごい。こわい。
web1.0的なアレなんですか??マウスストーカーみたいなのと、横から流れてくるウザったい文字が欲しかった。
アノニマスにハックされたのだと思うことにしたw
広告の目的が人の耳目を集めることなら、それはどうやら成功している。
デザインサイトは酷いがこれは観に行きたい。
これデザイン北川一成さんじゃないの?あるいは北川一成フォロワー。完全に狙ってやっている。ガチにしては技術の拙さがないので。
オマージュ元への愛が溢れてるなw
すごいな。「やったね!」じゃねーよw
一瞬、開いたサイト間違えたかと思ったw


「蕭白ショック!」@千葉市美術館も話題性十分でしたが、三菱のルドン展の場合はティザーサイトのインパクトとの相乗効果で普段美術や展覧会に興味が無い方にも観て頂き、展覧会の存在を知ってもらうことに成功しました。

やろうと思っても中々出来ることではありません。拍手!

そして年末になり本チラシが出来あがってくると更なる驚きが待っていました。今度は一転して大変地味な色を極力控えたチラシとなりました。作りかけと見間違うばかりのシンプルさです。


三菱一号館美術館新規収蔵記念 ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》
開催期間:2012年1月17日(火)〜3月4日(日)

まるで別の展覧会のチラシのようです。しかもこの思い切ったデザイン、これはこれで話題になりそうです。しかも注目すべきは実は裏面にありました。

何とこのチラシ4者類も用意されているのです!


ルドン展チラシA


ルドン展チラシB


ルドン展チラシC


ルドン展チラシD

岐阜県美術館さんのルドンコレクションの幅広さをお伝えしたいとの願いから4種類もチラシを作ってしまったそうです。画像が違うだけでなく文字の色やフォントもそれぞれ微妙に変えてあるところがニクイですよね。

表面は同じで裏面だけ4者類というこれまた今までにない芸当。もうここまで話題振りまくと「ルドン展」@三菱一号館美術館の開催を知らない人はいないほど、周知徹底されたはずです。

凄腕の広報、宣伝マンがいらっしゃるのでしょう。
ちょっとやそっとでは思いつかないアイディアばかりです。

岐阜県美術館所蔵
「ルドンとその周辺 ― 夢見る世紀末」展
三菱一号館美術館《グラン・ブーケ(大きな花束)》収蔵記念
会期:2012年1月17日(火)〜3月4日(日)


三菱一号館美術館
http://mimt.jp/

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2734

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック