青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年最も観たいフェルメール作品は? | main | 「今和次郎 採集講義展」 >>

正義、参上。これが日本画だぁー!

これまであまり顧みられてこなかった日本の作家に光を当て再評価の機会を設ける展覧会を積極的に開催している練馬区立美術館。2012年2月19日(日)からスタートする「中村正義−新たなる全貌」展に注目です。


日本画壇の風雲児 中村正義−新たなる全貌

中村正義(1924〜77)は、日展の若きスターとして「風雲児」と称されながらも、持病の肺病と常に闘いながら筆をとる苦しい毎日だったそうです。

多彩な話題作や多様な問題作を遺した中村正義の革新的画業のほぼ全貌を紹介する本格的な回顧展です。所在不明だった初期の代表作などを含む237点もの作品を集めて開催されます。


中村正義≪空華≫ 1951年 紙本着彩 207.5×130.0
豊橋市美術博物館蔵

日展審査員となった中村でしたが、生来の批判精神と日本画壇の因襲への反発心から1961年には師の中村岳陵のもとを離れ、日展も脱退。以後は、革新と前衛の担い手として精力的な創作を展開しました。

60年代以降は画風を一転させ、絵の具に蛍光塗料を混ぜて描いた≪男と女≫のシリーズ、映画「怪談」のために描いた大作≪源平海戦絵巻≫などの前衛的な作品を制作。

1966年には、美術評論家・針生一郎の企画による「これが日本画だ!」展に参加する一方で、仏画や風景画という伝統的な画題でも独自の画風を探求しました。


中村正義≪三島由紀夫像≫ 1968年 紙本着彩 44.0×37.0

70年代に入ると更に精力的な活動をみせた中村は、日展に対抗する展覧会として第1回東京展を組織・開催します。しかし、そんな中村も病には勝てず、1977年に惜しくも52歳の生涯を閉じました。

中村正義は、日本画の既成概念を遥かに超越した多様多彩な作品を描いて「日本画壇の風雲児」と呼ばれました。本展では、その変転し続けた芸術を中村正義の美術館の全面的な協力を得て、「新たなる全貌」として総合的に紹介するものです。


中村正義≪ピエロ≫ 1975年 紙本着彩 125.0×83.5
神奈川県立近代美術館蔵

日本画への関心が高まる今日。現代美術の分野でも日本画の表現が積極的に活用され高い評価を受けている作家もいます。

日本画の既成概念をおおきく超越し、病魔と闘いながらも、多彩な話題作や多様な問題作を遺した中村正義の革新的画業に触れるほことは、これから美術界全体の抱える様々な問題解決の糸口になるかもしれません。


中村正義≪薔薇図≫ 1963年 紙本着彩 91.5×73.2

関連プログラムも多数用意されています。
※下記関連イベントはすべて観覧券(半券)が必要です。

・《記念対談》
「父をめぐる旅−異才の日本画家・中村正義の生涯」 事前申込
日時:2月25日(土) 15:00〜 会場:美術館視聴覚室
出演::武重邦夫(映画監督)
中村倫子(中村正義の美術館館長)

《ゲストによるギャラリートーク》
・中村倫子(中村正義の美術館館長)3月17日(土)15時〜
・大野俊治(从会会員、豊橋市美術博物館主任学芸員)3月31日(土) 15時〜

《キュレーターによるギャラリートーク》
3月3日(土)、3月10日(土)、3月24日(土) 各日15時〜

日本画壇の風雲児 中村正義−新たなる全貌
【展覧会概要】
会 期=2012年2月19日(日)〜4月1日(日)
開館時間=10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日=月曜日
会場=練馬区立美術館
主催=練馬区立美術館/東京新聞
協力=中村正義の美術館

現在開催中の「森井荷十コレクション展」も見逃せません。初公開 鏑木清方「朧駕籠」が観たい!!


会期:平成24年1月8日(日曜)から2月14日(火曜)
会場:練馬区立美術館 常設展示室
休館日:月曜日
開館時間:午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料:無料

 明治末から戦前にかけて活動した森井荷十(1885〜1948)は、近代川柳の先駆者として川柳史にその名を刻む作家ですが、私生活では勤続40年にも及ぶいちサラリーマンでした。
荷十が昭和初め頃から収集したコレクションは、近代都市の時世粧を綴ったいかにも川柳作家らしいものです。江戸から移り行く東京の姿をとらえた小林清親(1847〜1915)の木版画、近代都市を独特のタッチで捉えた小野忠重(1909〜90)らの創作版画、そして、鏑木清方(1878〜1972)、橋本関雪(1883〜1945)、木村荘八(1893〜1953)ら当時人気の日本画家たちの肉筆画が中心となっています。
 サラリーマンコレクターのはしりとも言える荷十の蒐集品より、帝都東京のイメージを絵画・文学の両面から感じてみてください。


西武池袋線中村橋駅目の前!練馬区立美術館へgo!!
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/

Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2751

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(1) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2012/08/30 10:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2751
この記事に対するトラックバック
→ 「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」(2011年11月1日(火)〜2