青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 原美術館で「杉本博司展」が開催されます。 | main | 『西洋美術史入門』 >>

ホキ美術館開館1周年記念展覧会開催中です。

日本初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日に開館したホキ美術館。現在開館1周年記念展として「存在の美−まなざし、微笑み、憂い」を5月20日まで開催しています。


http://www.hoki-museum.jp/

千葉県土気にある千葉市最大の公園・昭和の森の隣りに突如現れた地下2階、地上1階建ての独特な外観を有するホキ美術館。

先日、社団法人 日本建築家協会による2011年度 優秀建築選公開審査会の結果「第7回 日本建築大賞」にも選ばれました。

ホキ美術館:外観
ホキ美術館:内観



ホキ美術館

ホキ美術館開館1周年記念展として、人物をテーマにした企画展を開催いたします。森本草介、野田弘志をはじめ、生島浩、島村信之、五味文彦、大畑稔浩、藤原秀一、廣戸絵美など、現在第一線で活躍中の巨匠から若手作家までが、老若男女の人物像を描ききった、渾身の写実絵画60点で構成いたします。本展のための描きおろし14点も含みます。

今、房総半島には一足早い春がやって来ています。お花畑にイチゴ狩り等々初春のレジャーに事欠きません。いかがでしょう、その足でホキ美術館「存在の美展」をご覧になるのは。

ということで、今回はこのホキ美術館で開催中の「存在の美展」のペアチケットを拙ブログをご覧の皆様の中から抽選で5組10名様にプレゼント致します!
※受付終了致しました。沢山のご応募ありがとうございました。当選された方には後日こちらより連絡させて頂きます。

チケットご希望の方は、件名に「ホキ美術館チケット希望」、本文にお名前(氏名)と、お持ちの方はTwitterアカウントを明記しメールをお送りください。

メールアドレスはこちらです。お間違えなきように。



当選された方にはこちらより数日中にこちらよりメール連絡致します。

※Twitterダイレクトメッセージでは受付けておりません。
※mixiその他でも一切受け付けておりません。
※また転売目的でのご応募はご遠慮下さい。

Twitterアカウント→@taktwi

毎回大変多くの申込みがあり、ご希望に添えない場合多々御座いますががご勘弁下さい。


卯野和宏《雲を追う》 2011年 ホキ美術館

存在の美−まなざし、微笑み、憂い
会期:2011年11月19日(土)〜2012年5月20日(日)
会場:ホキ美術館
時間:10:00〜17:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜日 
(祝日の場合は開館、翌日休館)

《参考》
写実ブーム は、今年も続く!?(pdf) 
      
Twitterやってます!
@taktwi

Facebook
Takeshi Nakamura | バナーを作成


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2780

JUGEMテーマ:アート・デザイン


プレゼント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック