青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 表紙買い | main | 「ジェームズ・アンソール展」 >>

北斎と広重展 

日本橋三越新館ギャラリーで開催中の
「北斎と広重展ー幻の肉筆画発見ー」に行って来ました。



〜原安三郎秘蔵浮世絵風景画コレクション初公開
「秘蔵」「初公開」なんていわれちゃうと最近疑い深くなって
なるべく期待しないで行くことにしています。

幻の肉筆画発見
更にこんなフレーズまで付いているので余計にアヤシイ。
「幻」「発見」って川口浩じゃないんだから・・・しょんぼり
水曜スペシャル 川口浩 探検シリーズ ~未確認生物編~ DVD-BOX (通常版)
水曜スペシャル 川口浩 探検シリーズ ~未確認生物編~ DVD-BOX (通常版)

ところが、ところが、ところが。
えーーと。19日の日曜日まで開催してますので
行ける方は是非足を運んでみてください。
語りつくせません。本当に。

展示作品数に圧倒されます。
一応列挙してみますね。

まず展示室に入ると葛飾北斎
富嶽三十六景」がづらりと全部揃いで展示されています。

その後も
諸国瀧廻り」「千絵の海」「諸国名橋奇覧」「雪月花」「十二ヶ月風俗図短冊」とこれでもか〜と言わんばかりに物量作戦でこちらを圧倒してきます。

ー量より質ーと言いますが、この展覧会は量も凄いし、質も凄い。
量と質でねじ伏せられます。

そして今回の目玉でもある「肉筆画」のコーナーへ
パソコンの画面に収まりきらない縦長の画像upするの初めてかも・・・

       北斎「滝見巡礼

こりゃ〜大変な展覧会だ〜と嫌でも認識させられる
この肉筆画のコーナー。いやーー参りました。

後半は歌川広重です。
これもまた休みを与えてくれる間もなく名作がずらり。

東海道五十三次之内」「東海道張交図絵」「東都名所」「近江八景之内」「京都名所之内」「浪花名所之内」「四季江都名所」「諸国六玉河」「箱根七湯図絵」「義経一代記之内」「雪月花

ふ〜シリーズ作品のタイトルを列挙しただけでもこれだけあるのですから
作品枚数は全部でどれだけあるのやら・・・(約240点だそうです)

あの三越のギャラリーに浮世絵が240枚!!
最後の方は流石に疲れました。。。
観るバランスを考えていかないと最後まで力持ちません。

持久力を要する展覧会です。

そして最後のダメ押しとばかりに、出口前に
広重とゴッホ」などというコーナーまで!
ゴッホが模写した広重の浮世絵が4枚展示されていました。

完全にノックアウト。
出直してきます。また来ます。
ペース配分考慮して。

そして三越さん、来月20日からは
「ジャン・ックトー展」開催しちゃうそうです!
( ..)φメモメモ
ここに紹介する浮世絵は、日本財界の重鎮としてご活躍された日本化薬株式会社元会長原安三郎氏(1884〜1982)の多年にわたる蒐集によるものです。
今回は、その中から風景画を中心に選りすぐりの逸品を初公開します。
近代ヨーロッパ印象派の著名な画家たちが驚嘆し強い影響を受けたといわれる二大絵師、北斎と広重の揃いものがほぼ完全な姿で遺されていたことです。
この発見は、一人の蒐集家のコレクションとしては、その質と量において、恐らくこれが最後ではないかといわれています。
主な出品作品は、北斎の「冨嶽三十六景」「諸国瀧廻り」「諸国名橋奇覧」や、広重の「東海道五拾三次」「浪花名所図会」「義経一代記」など約240点。なかでも戦後半世紀を過ぎてなおその行方がわからなかった「幻の肉筆画」20点以上が含まれていたことは、これは稀有としか申しようがありません。この肉筆画には、世界的に知られるボストン美術館の旧ビゲローコレクション(昭和8年競売)等も含まれています。
これらの作品を一堂に展観することにより、新たな感銘と反響を呼ぶことと信じています。
展覧会 | permalink | comments(14) | trackbacks(9)

この記事に対するコメント

Takさん、こんばんは。招待券でこんな質の高い展覧会がみれるのは有難いですね。
平日の9日に行ったのですが、大変混んでました。でも、贅沢はいえません。北斎と広重の馴染み
の名画をこれだけ見せてくれるのですから。はじめて見た広重の“箱根七湯”の緑が目
にしみてます。義経と弁慶の絵も面白かったですね。期待値を大きく上回る印象深い展覧会でした。
いづつや | 2005/06/12 6:24 PM
先日のチケットで今日見に行ってきました。
日曜の午前中早い時間でしたが周りは年配のご夫婦ばかりで結構込み合っていました。
しかし、狭い中に凄い数の展示でしたね。覚悟はしていったのですが、最後の方は力尽きてしまいました(苦笑)
でもこんな数の絵が一度に見られるなんてホントに贅沢。
堪能させて頂きました。
kiyomi | 2005/06/12 8:54 PM
Takさん、こんばんは。
私も土曜日に行ってきました。
もしかしたらTakさんとニアミスだったかもしれませんね。

それにしても素晴らしかったです。
殆どこれらの作品を初めて見たので、本当に楽しめました。
「大観」、「小倉」に引き続いての三越ですが、
内容の充実度はデパートのギャラリーの域を超えてますよね。
ファンになってしまいそうです…。
はろるど | 2005/06/12 9:41 PM
Takさん、

こんばんは!
今日の午前中に観にいってきました。

やっぱり混んでいて、北斎はほとんど
観れませんでしたが、肉筆画はとっても
よかったです!

広重もたっぷりと堪能できて、なんか
すごい展覧会でしたよね!ゴッホの絵も
一緒に観れるなんて、意外でしたが
異国の画家達に偉大な影響を与えた浮世絵
の大きさを改めて認識できるいい展覧会
でした。どうもありがとうございました。

TBさせていただきます。
Julia | 2005/06/13 12:29 AM
@いづつやさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ほんと、こんなにお得なことあっていいのかと
我が目を疑いたくなるような展覧会でした。
決して「ついで」で行くような展覧会の水準では
ないことは確かですね。
知らない浮世絵もいっぱいありました。
義経さん流行ってますね〜

@kiyomiさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も半分過ぎたあたりで力尽きました。
東海道五十三次を観るのがやっとでした。
広重だけを観にまた行きたいなと思ってますが
みすみす混雑しているところへ行くのも・・・
でも、でも、でも。。。
観たいです。〜「姫お怪我はその後如何ですか?」

@はろるどさん
こんばんは
コメント&TBありがとうございます。

これ土曜日の投稿になってますが
実際に行ったのは金曜日の仕事後です。
その後飲み会だったので、up遅くなりました。
しかし、ここ数日飲み会続いてます。
レス遅くなってしまい申し訳ございません。

そうそう、はろるどさんとも、また飲みたいです!
オフ会開催したら是非いらして下さいね。

@Juliaさん
こんばんは
コメント&TBありがとうございます。

土曜日や日曜日は鬼門ですね。あそこは。。。
ぎっしり浮世絵を展示してあるので
さながら満員電車のような感じでしょうね。

警備の方が「次はこちらです」と
人の流れを作っていました。
あれが、土日だとどうにもならなそうですね・・・

次のコクトー展も日程が僅かしかないので
ピンポイントで行く日にち絞らないといけ
Tak管理人 | 2005/06/14 9:18 PM
こんばんは。

 いや、すごい展覧会。これが選りすぐりってんですから、原コレクションてのは、聞きしにまさるたいへんなコレクションです。
 特に「富嶽三十六景」、刷りも保存も素晴らしく、おそらく最高のコレクションかと思います。

 私にとって広重はおまけのつもりだったんですが、こっちも「東海道五十三次」の途中から別人のように絵が変わって「東海道張交図絵」につづいていく辺りが、たいへん興味深く見られました。

 240点はさすがにくたびれましたので、もう一度見なおさないといけないなと思ってるところです。
xfrt | 2005/06/16 1:57 AM
@xfrtさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

刷りもやはり良かったのですね。
そうではないかな〜と素人目で
かみさんと二人で話しながら観てました。
36枚揃いで観るのは壮観ですね。

広重見る余力が残っていませんでした。
疲れました。
再チャレンジできたら土日でしてきます。

もったいない。展覧会ですね。これ。
Tak管理人 | 2005/06/16 10:43 PM
 はじめまして。滝見巡礼、綺麗に入りましたね。私はチラシの絵を取り込みました。拡大してよく見えません。

 細かい描写もっとしっかり見たかった。が、疲れました。
ラグタイム | 2005/06/19 11:05 AM
Takさん、行って来ました!!
すごかった〜〜〜。あんなにシリーズモノをたくさん所有していた原さんってすごいですね〜〜。額装してあるのは、今回のためでしょうか。でなければ、すごいスペースが必要ですよね。まぁそんなことは気にしないでよいくらいのコレクション部屋があったのでしょう。ときどきひとりこっそりその「コレクション部屋」に入って作品をながめてはニンマリしていたんでしょうか?なんてことまで考えさせるような量でした。

最近の私は、ラトゥール、港区の史料館もそうですが、Takさんの日記をガイドにして行動しては、感動、充実感に浸っているような気がします。心から、どうもありがとうございます!
Emmy | 2005/06/19 5:31 PM
@ラグタイムさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

3回は最低行かないときちんと見られそうにないですね。
「疲れました」というコメントは実感こもってます。とても。
今日で終わりなのが惜しい展覧会ですね。

@Emmyさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

我が家は本の置き場にも困っているのに
世の中にはあれだけの浮世絵をきちんと
管理できる方もいらっしゃるのですね。
普段はどうしているのでしょう?
原さん関係者さん、庶民の為に浮世絵美術館なんて
お作りになっていただけませんでしょうか。
お願いしたいです。

>「コレクション部屋」に入って作品をながめてはニンマリして
こういう人一人知っています。
今度機会があったら紹介しますね。

こんな拙い日記を褒めてもらって嬉しいです。
NY楽しんで来てくださいね!!
Tak管理人 | 2005/06/19 10:52 PM
Takさん、こんばんは。
最終日報告です。すんごい人でした〜〜(笑)
皆さんのコメントを拝見していたので覚悟して行ってきましたが、老若男女入り乱れ(笑)北斎にはほとんど接近不可能でした。でもここで挫けてはいけない!と背伸びしたり割り込んだりして、最後まで興味深く鑑賞できました。どうもありがとうございました。
北斎と私のつながりは「東京ディズニーランド」にあります。「れすとらん北斎」で学生のとき働いていました(笑)
kyoko | 2005/06/19 11:07 PM
@kyokoさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ご報告感謝です。
やっぱり混雑してますよね〜
私も昨日行こうかどうか迷ったのですが
結局諦めました。浮世絵小さいですからね。

「レストラン北斎」って高いお店ですよね、、、
まだ私は一度も入ったことありません。
因みに妻もTDLで学生時代働いていたそうです。
Tak管理人 | 2005/06/20 10:05 PM
Takさん
コメント&TBありがとうございます。
肉筆画ありゴッホありで、良い展覧会でした。混み具合も凄いものがありましたが。
次のジャン・コクトーも楽しみ。チケットもユニークです。

それにしても、「幻」、「発見」で川口浩がでてくるあたり、う〜ん参った!実は、私も大ファンで、水曜スペシャルよく見てました。(笑)
イッセー | 2005/06/22 2:45 AM
@イッセーさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。

しょもない記事ばかり書いています^_^;
行く前は本当に水スペ並みの期待しか持っていませんでした。

こんな良い展覧会そうは観られません。
行って良かったです。
ありがとう〜三越!!
コクトーも頼むよ!!
Tak管理人 | 2005/06/22 9:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
三越日本橋本店新館7階ギャラリー(中央区日本橋室町) 「北斎と広重展 幻の肉筆画発見」 6/7〜19 日本橋の三越ギャラリーで開催中の「北斎と広重展」を見てきました。新発見されたという「幻の肉筆画」を含めて、約240点の作品が展示されているボリューム満点の展覧
「北斎と広重展」 三越日本橋本店ギャラリー 6/11 | はろるど・わーど | 2005/06/12 9:28 PM
日本橋の新三越デパート、7Fギャラリーで 開催されいる「北斎と広重展」を見
「北斎と広重展」 | Floral Musée | 2005/06/13 12:19 AM
さる方から招待券をいただいたので、日本橋三越のギャラリーで開催されている『北斎と広重展 幻の肉筆画発見』に足を運ぶ。実業家の原安三郎氏が秘蔵していたコレクションで、北斎の「冨嶽三十六景」「諸国瀧廻り」「諸国名橋奇覧」、広重の「東海道五拾三次」「浪花名
日本橋三越でやっていた「北斎と広重展」に行ってきた、明日が最終日だから。 百貨店のイベントなので大して期待をせずに行ったんだけど、どうしてどうして、北斎の「富嶽三十六景」の全作品や「諸国瀧廻り」「千絵の海」「諸国名橋奇覧」と行った作品から、広重の「東
北斎と広重 | あんなこと こんなこと | 2005/06/18 5:47 PM
野暮用のあとはお楽しみ、  三越で 「原安三郎秘蔵コレクション 北斎と広重展」を見た。氏のおかげで肉筆画も含め、約240点を堪能できました。風景画が主で、細やかな描写、粋な構図など、逸品ぞろいです。 広重に注目。なかでも雨に惹かれ 東海道五十三次よ
虎が雨 | 手紙で会いたい | 2005/06/19 11:09 AM
幻の肉筆画発見 北斎と広重展 2005年6月7日(火)〜6月19日(日) 日本橋
北斎と広重展 | blog:Museum a_go_go+ | 2005/06/22 2:35 AM
'05.06.18 北斎と広重展を見に行く。 日本橋三越にて開催。三越カードを持っているのでタダ。浮世絵も大好き。美術全般が好きなのは母親の影響。その母親も浮世絵好きは祖父の影響で、浮世絵の図録や本が実家には結構あったらしい。祖父は私が生まれる前に亡くなっ
「北斎と広重展」 | ・*・ etoile ・*・ | 2005/07/01 6:03 PM
於  三越ギャラリー 朝一で観に行ったのに関わらず、最終日というせいもあって大変な混雑。 北斎の刷り物は、おばさんたちの混雑をかき分けて、ちょっと横目に見る感じ。ごめん北斎。 北斎と広重の、人物の描き方の違いと刷師の技が目に留る。 目玉の肉筆画は突
北斎と広重?幻の肉筆画発見? | Gaze and Review | 2005/07/05 11:04 PM
「冨嶽三十六景」「東海道五拾三次」名シリーズが完全な姿で----二大絵師、夢の競演。 というコピーで広告に目を奪われた。 「北斎と広重展」  本日開催 ん〜 これは観たい! ただ場所が 札幌だぁ〜 [:たらーっ:] もう少ししたら春休み。子ども
北斎と広重展 | From nanatown | 2006/03/14 10:42 AM