青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ユベール・ロベール展」 | main | 「究極の鉄道模型展」「ユベール・ロベール展」チケットプレゼント >>

「荒木愛 個展」

銀座スルガ台画廊にて開催中の
レスポワール新人選抜展「荒木愛 個展」に行って来ました。


AI SPY 荒木 愛

もうじき東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻描画・装飾(中島千波)研究室を卒業する荒木愛さんの個展が今日から銀座のスルガ台画廊で始まりました。(3月17日まで)

荒木さんとは学部生時代から家族ぐるみのようなお付き合い。いつの間にか藝大の大学院に入学したかと思っていたら、もう卒業。月日の流れるのはほんと早いものです。

今年1月29日〜2月3日まで東京藝術大学大学美術館にて開催された修了制作展に出品した大作「mementos」も展示されています。藝大美術館へ伺えなかった自分にとっては初めて目にする作品。


左「mementos」2012年

小ぶりな画面に繊細で抒情的な作品を描くことを得意とする荒木さんの作品にしては破格のサイズ。しかしエッセンスはそのまま。楕円形の中には数多の生命の抜け殻たちが淡く美しい日本画独特の色彩で表現されています。

銀河系の中の星たちの如く。

貝殻や蝉や蝶たちがその大宇宙に散りばめられる前の世界を描いたかのような、それらが理路整然と整列する作品が両脇に配置されていたのも大変効果的で、物語性を読み取ることが出来ました。

「動」と「静」。同じ技法で描きながらもまったく違う二つの世界が表現されているのです。毎日決められた時間に出社しルーチンワークをこなす自分には、パッと見、動的な作品に惹かれますが、規則正しく描かれた作品も同じくらいいとおしく見えてきました。


成層圏」シリーズ

これまで、これほどまでに強い青(群青)を用いた作品は無かったはずです。とても新鮮で強い印象を受けました。

身近な日常生活のふとした瞬間に気づいたことからヒントを得て描いたそうです。荒木さんの作品、作風には一貫性がありブレがないのが大きな特徴であり魅力のひとつです。

成層圏」も色彩の面では驚きがありますが、モチーフや技法はこれまで通り。絶対的な安定感を有しています。また果物シリーズも健在でした(「メロン」)

日本画はどうしても実物を見ないとその良さがほとんど理解できません。画像ではその魅力の何十分の一しかお伝えできません。17日(土)まで開催しています。

是非、足を運んでみて下さい。6月には軽井沢に新しくオープンする美術館での展覧会も決まっているそうです。今後の更なる活躍と飛躍期待しています!


第46回レスポワール新人選抜展 荒木愛個展2012
会期:3月12日(月)〜17日(土)
時間:11:00〜19:00(最終日は17:30まで)
会場:銀座スルガ台画廊
東京都中央区銀座6-5-8トップビル2F (電話:03-3572-2828)

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2803

JUGEMテーマ:アート・デザイン


展覧会 | permalink | comments(1) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

有難うございます!
たけさんの記事とツイッタでのつぶやきにより
予想以上のお客様が見え、ネットワークの驚異的な力を感じました。
非常に有難く感じています。

嬉しくて何度も読み返してしまいます^^
あい | 2012/03/16 2:36 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
荒木愛さん( @aispy )の個展を見に銀座スルガ台画廊に行ってきました。 会場に在廊されててお話出来たのはラッキーでした。ブログ掲載のOKも頂きましたし。 実は荒木さんの作品を見たのは先日の芸大の展示が初めて。 デザイン科だけあって日本画の手法ではあるのだ
荒木愛個展(スルガ台画廊) | あお!ひー | 2012/03/15 10:39 PM
銀座スルガ台画廊 「第46回レスポワール新人選抜展 荒木愛 個展」 3/12-17 銀座スルガ台画廊で開催中の第46回レスポワール新人選抜展、荒木愛個展へ行って来ました。 間もなく東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻描画・装飾(中島千波)研究室を卒業される
「荒木愛 個展」 銀座スルガ台画廊 | はろるど・わーど | 2012/03/17 8:48 PM
出品作品『また会える日まで』(2012) ブログでのご挨拶が大変遅くなりましたが、先月の 第46回レスポワール新人選抜荒木愛個展に お越し頂き誠に有難うございました。 画廊の方々も驚かれる程、私の予想以上に 大変多くの方々にお越し頂き、とても感激
レスポワール展が無事終わりました | A I S P Y B L O G ? | 2012/04/07 12:19 AM