青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ジェームズ・アンソール展」 | main | 皆さんも「表紙買い」 >>

「江戸の外国公使館」

港区立郷土資料館で開催中の
特別展「江戸の外国公使館」を観て来ました。



東京都庭園美術館で「アンソール展」を観終え、
離れにある休憩所へ行くと、そこにこの企画展のチラシが置いてありました。

浮世絵の企画展かな?と思い手にしてみると
江戸の外国公使館という興味をそそる文字が。

「東京の」ではなく「江戸の」というのがポイント高し。

何処で開催しているのかな〜と裏面を見ると…
三田にある港区立郷土資料館の文字が。

三田なら都営地下鉄で「ここ」からすぐ。
白金台駅から三田駅まではたった二駅。
しかも三田駅から徒歩3分とある。ポイント高し。

更に更に高ポイントは続いて・・・
何とここの資料館入館無料!!
ファンタスティック!

これだけの好条件が揃って行かない手はない。
行かなければ「もったいないお化け」が夢に出てきてしまう。。。

ということで。。。
行って来ました。。
港区立郷土資料館



日本の歴史で習ったような記憶があるものがずらり。
これって凄い資料なのでは。。。

何やらとてつもない「拾い物」してしまった気になりました。
三田のラーメン二郎行くついででもいいので
行ってみてはいかがでしょうか?

7月3日までの公開だそうです。


常設展示室に展示されているものは
なんと全て手で触ってもOK!
このミンククジラの骨も触り放題。


他にも江戸から昭和にかけての昔懐かしい生活道具などもあります。

一階の図書館でのんびりできて
四階の郷土資料館で本物に触れられる。(しかもタダ)

こりゃー行くしかない!!
「大使館の街」港区のルーツは約150年前の安政元年(1854)、日米和親条約をはじめとする欧米諸国との和親条約によって開国した幕府が、安政6年(1859)以降に江戸に赴任してきた外国公使の滞在施設を現港区内の寺院に定めたことにはじまります。

 平成15年度から継続されてきた調査によって、善福寺に伝来した一連のアメリカ公使館関連資料(ハリスの用いたサーベルや、善福寺が公使館に指定された文書等)や、東京大学史料編纂所が所蔵する各公使館(寺院)の警備地図、東京都立中央図書館に残されていた御殿山公使館の洋風建築の設計図面(大棟梁辻内近江作成)、さらに本館が入手した館林藩士のアメリカ公使館警備日誌「善福寺出張中日記」など、これまで紹介されることのなかった貴重な資料の存在が多数明らかになってきました。これらの資料の発見によって、幕末の日本と欧米諸国の交渉現場の様子が具体的に浮かびあがってくるとともに、外国公使館の警備の問題など新たな研究のトピックも生まれてきています。

 特別展「江戸の外国公使館」では、以上のような初紹介の資料をまじえながら、幕末期の外国公使館の姿を紹介し、日本と欧米諸国の最初の接触のありかたを探ります。
展覧会 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

今日行ってきました!
もちろんTakさんの日記のおかげです。

港区の郷土資料館ってどこよ?と思いつつググッてみたところ、なんと、三田の港区立図書館の4F!「夕方5時まで」ですが、私の職場からは歩いて5分!「明日の昼休みにでも行ってみよう」にでも・・・・と思ってみるとなんと「火曜日のみ夜7時45分まで」と書かれているではありませんか!なんというタイミングのよい日記だろう!と感激しつつ早速会社から直行しました。Takさんおっしゃってますが、きっとこれすごい資料ばかりなんですよね。古地図と現代の地図の間を往復しながら、史料を見て、見入ってしまいました。地味ですが素敵な展示を教えてくださってありがとうございました。

ところで、もうひとつ収穫がありました。
図録買った事務室の入口付近に「港区散策コース」のシートが10余枚あって、そちら全ていただいてきました。ものすごく興味深いものでした。なんてったって自称「散策好き」な私なので、(田町から六本木ヒルズすでに歩いたことのある道も中にはいくつかありましたが、史跡があるなんて全然気づかなかったので、とても嬉しいです。勧めの道も記載されているとまた広がりますし・・・お気づきになりましたか?ここに勤めている間にコース全て制覇してみたいと思いました。日が長いいまの時期だからできることですし。
Emmy | 2005/06/15 12:56 AM
@Emmyさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

私も記事に書いたとおり、本当に偶然に
この企画展のこと知って、思い立ったが吉日とばかり
何の迷いもなく出向いてきました。

あの路地に資料館があったこと知りませんでしたし
更にその資料館がしっかり見応えのあるものだとも
全く気がつきもしませんでした。
東京ミステリーゾーンのような感覚でした。

あの辺はちょっと昔までは「海」だったこと
良く分かりますね。ここ100年の間の開発の
すさまじさ再認識させられました。

私も地図をもらってきました。
帰りの電車の中で「へーー」とか
「ほーー」とか感心しっぱなし。
「港区散策コース」は色分けもしてあって
お散歩コース制覇にはもってこいかもしれません。

麻布十番まで歩いてたい焼き食べつつ
六本木ヒルズ。そして史跡を訪ねて歩く。
なんて健康的!あちらの日記にもupして下さいね。
楽しみにしてます。
Tak管理人 | 2005/06/15 12:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック