青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アートフェア東京2012 | main | 『芸術家の家』 >>

東京都美術館リニューアルオープン

平成22年4月から2年の歳月をかけリニューアル工事を行っていた東京都美術館(都美館)がいよいよ4月1日にオープンします。


http://www.tobikan.jp/

東京都美術館の歴史は古く、大正15年(1926)5月1日に日本初の公立美術館として開館しました。実業家、佐藤慶太郎氏から当時の金額で100万円の寄付を受け開館したそうです。

その後、旧美術館が手狭になり老朽化が進んだことにより、昭和50年(1975)に前川國男の設計により新しい美術館が建設。この新館が我々の良く知る「都美館」です。

新館が開館して35年が経過、施設、設備面での老朽化が進んだこともあり今回リニューアルすることに。しかし慣れ親しんだ前川國男デザインの建物を壊し新しい建物を作るのではなく、前川建築の佇まいを残しながら、改修工事を行うことに。(躯体を残した大規模改修工事)

各展示室の環境改善はもとより、ユニバーサルデザインを採用することによりより利便性の高い美術館へと変貌を遂げています。各回へ通じるエレベーター、エスカレーターの新設、レストランやショップの拡充など、これまでよりも格段に居心地の良い空間となっています。

プレス内覧会ツアーで見学してきた新生・都美館の内部をご紹介します。


エントランスにエレベーターとエスカレーターが設置されました。レストラン棟も二階建てに。 入口は正面と新設された北口(旧東京音楽学校 奏楽堂の並び)の二か所です。


ロビー階の入口も自動ドアに。エントランスロビー左側の案内所と奥のチケットブースも一新。


企画展示室(特別展示室)

これまでの3.2mだった都美館の天井高を今回のリニューアルで各階(3フロア)4.5mに。今まで展示出来なかった大きな作品も展示可能に。

床にはタイルカーペットが敷かれています。靴音がほとんどしません。また疲れにくく、埃を吸い取る効果もあるそうです。公募展示室も同じカーペットで統一されています。毛足の長短入り混じった都美館特注品だそうです。


これまで各階への移動は狭い一ヶ所の階段で行っていましたが、今回のリニューアルに伴い、上り、下りのエスカレーターが新設。また各階にこうした休憩スペースも設けられています。

因みにカラフルな椅子たちはこれまでの都美館でも使用していたもの。それを新たに補修し再利用(補修出来ないものは新しく同じ椅子を作ったそうです)


これまで彫塑展示室だった特別展入口脇のスペースは新たにギャラリーとして幅広く活用するそうです。


公募展示室も照明やカーペットなど刷新。休憩スペースから見た企画展示棟です。窓の桟を今はやりの素材にせずに敢えてもとのままの状態で残したそうです。これも前川國男建築へのこだわりのひとつかと。

さて、最も大きく変わったのがレストラン棟です。これまで1フロアだったものに増築して2階建てにしています。


階段を上り、嘗てのレストランがあった場所には新たに佐藤慶太郎記念アートラウンジとなっています。美術館スタッフが常駐し質問に答えたり端末操作の扱い方などを教えてくれるそうです。

都内の美術館のチラシも置いてあるのでチラシ好きには嬉しい場所かもしれません。展覧会見終え疲れた時はここで一休み。


隣りには美術情報室が。美術書やカタログなど約4万冊や1200点ほどのアーカイブすも収蔵しているそうです。静かに本を閲覧出来る館内で最も贅沢な空間かもしれません。

注目のレストランをご紹介。カフェも合わせ3か所。お好みに合わせて使い分けられます。


IVORY Restaurant[アイボリー]

施設のグランドレストランとして、長い歴史の中、日本で独自に進化してきた洋食を中心にしながらノスタルジーにとらわれず、素材を吟味し洗練された食をクリエイト。 やわらかに差し込む木洩れ日の空間はテーブルスペースと個室もご用意しております。


MUSEUM TERRACE[ミュージアムテラス]

四季を通じて移りゆく森の景色を感じる美術館のメインダイニング。豊かな緑と外光が注ぎ込む心地よい空間。オーガニックを積極的に採り入れ、厳選した素材を活かした料理を提供します。

更に佐藤慶太郎アートラウンジの隣りにM cafe[エム・カフェ]挽きたての香り高いストレートコーヒーやヘルシーなフレッシュジュース、ライトミールなどが楽しめるカフェ。)も。


ニュージアムショップも解放感あふれる店舗に様変わり。これまでの2.5倍の売り場面積となったそうです。吉岡徳仁さんがデザインした東京都美術館のロゴをあしらったオリジナルグッズなど楽しいもの沢山ありました。

今回のリニューアルでは、大きく変化した箇所とほぼそのままの箇所がはっきりとしています。でも一見変わっていないような場所でもユニバーサルデザインを採用し利便性の向上に努めています。

またトイレをはじめとするアメニティも格段に良くなっています。旧き良きものをなるべく残しつつ、改善すべき点は大胆に。そんな感じを受けました。

東京都美術館いよいよ2012年4月1日オープンです!
(尚、特別展は展示環境を整えるため7月1日からの「マウリッツハイス美術館展」からのスタートとなります)


《オープニングイベントのご案内》
正門前にて、9時20分頃より、オープニングテープカット。
4月1日(日)
9時20分〜オープニングセレモニー
9時30分 正門オープン
9時40分 北口(※)オープン
※新たに北口(旧東京音楽学校 奏楽堂の並び)が新設。
※当日は、正門にて先着200名様にリニューアル開館記念品をプレゼント。

http://www.tobikan.jp/

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2823

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

今日、世田谷美術館もリニューアルオープンしました!
企画展は、駒井哲郎、4月からですが、地下にボーシャンの名前を着けたカフェがオープンしました。
世田谷にお越しの際は是非ともお立ち寄りください。
oki | 2012/03/31 10:28 PM
この前、芸大美術館に行ったついでに都美術館見学したんですが、北口入り口が出来たんですよね。5時半まで開いてますから、トーハクの帰りとか休憩に良いですね。ラウンジにはパソコンが五台ありましたね、artscapeとか眺められる。今度はレストランに挑戦します。
oki | 2012/05/16 12:20 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2823
この記事に対するトラックバック
東京都美術館リニューアルオープン、プレス内覧ツアーに参加してきました。 2年前より全館大規模改修工事を行っていた東京都美術館ですが、ようやくこの4月1日、無事オープンを迎えました。 1975年、前川國男設計によって建てられた東京都美術館でしたが、開館以来3
東京都美術館リニューアルオープン | はろるど | 2012/04/03 10:31 PM