青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」 | main | 「マウリッツハイスへの道」Vol.2 >>

「桜・さくら・SAKURA 2012」

山種美術館で開催中の
「桜・さくら・SAKURA 2012」展に行って来ました。


特別展「桜・さくら・SAKURA 2012」
2012年3月31日(土)〜5月20日(日)


4月1日より、公益財団法人となった山種美術館。現在の広尾に移転する前、千鳥ヶ淵に山種美術館があった頃、毎年桜の咲く今の時季に合わせ開催され好評を博した「桜・さくら・SAKURA」展。

多くの方の「復活」を願う声に応え、移転後初めて「桜展」を開催。まさに待望の展覧会と言っても過言ではないでしょう。日本人の心を捉えてやまない桜。時に絢爛豪華、そして時に蠱惑的な魅力を湛える不思議な花でもあります。

日本画の画家たちがどのようにその桜を捉えて来たか、山種美術館の誇るコレクションの中からテーマ別に厳選。誰しもが知る名品から、初めて目にする作品まで。実にバラエティーに富んだ展覧会となっています。


今回の展示会場の照明は佐久間茂氏(@akariss)をサポートに迎え、いつもとちょっとだけ(この変化に気が付けばかなりの山種美術館通)照明の当て方変えています。

例えば、奥村土牛の「醍醐」や小林古径の「弥勒」などは、絵のある一部を狙いカッタースポットからの光を敢えて重ねていたりします。

これにより見え方がいつもよりも若干違って見えるはずです。日本画はほんの僅かな光の変化によってまるで違った作品となります。それもまた大きな魅力のひとつです。

展覧会の構成は以下の通りです。

名所の桜
・関西
・東海
・関東
・東北
桜を愛でる
桜を描く
・桜咲く風景
・桜花と桜木



速水御舟「道成寺入相桜」(写生1,4,5)1929年
山種美術館蔵

山崎妙子山種美術館館長から興味深いお話を伺いました。御舟は本当は桜の屏風絵を描くべく熱心に写生に励んでいたそうです。

ところが、たまたま大変良い朱色の絵具が手に入ったのでその赤を生かすべく椿を描いたそうです。その作品こそ現在、重要文化財に指定されている御舟の代表作「名樹散椿」です。

名樹散椿」が描かれたのも同じく1929年。御舟が短命でなければ次はきっと桜の屏風絵を描いていたに違いありません。今回展示されている写生画や「夜桜」等を拝見しながら、幻の御舟による「桜図屏風」を想像してみるのも良いかもしれません。


橋本明治「朝陽桜」1970年
山種美術館蔵

今回の展覧会のチラシやポスターに大胆に使われている「朝陽桜」。こちらの作品は元々皇居の正殿松の間を飾るために描かれた作品です。しかし、御所へは一般の人は入れず作品を拝見すること出来ません。

そこで山種美術館前館長が一般の人にも観られるようにと橋本明治に描いてもらった一枚。正殿松の間に橋本の桜と対になっている山口蓬春の「楓」も同じ理由で画家に直接描いてもらい現在、山種美術館の大事なコレクションの一枚となっています。

千鳥ヶ淵に美術館があった時に比べ展示スペースが増えていますので、同じ「桜展」でも初めて目にするような作品や、ちょっとユニークな作品も名作に混じり展示されているのも魅力のひとつです。


狩野常信「明皇花陣図」江戸前期

唐の玄宗皇帝と楊貴妃の故事に基づいて描かれた絵巻物。宮女たちが桜の花を持って楽しげに戯れている様子が描かれていますが、中国を舞台にした作品では桜は登場しないのだそうです。

中国の故事に基づきつつ、日本人好みにアレンジを加えている作品。画像はほんの一場面ですが、他にも別の種類が描かれておりさながら桜図巻の様相を呈しています。


右:森田曠平「百萬」1986年
左:加藤登美子「桜の森の満開の下」1979年
共に山種美術館蔵

世阿弥「百萬」(観阿弥原作の能「嵯峨物狂」からの改作)と坂口安吾の「桜の森の満開の下」からそれぞれ着想を得て描いた作品。加藤の作品の斜め上を行くぶっ飛び具合が何ともたまりません。

こんな作品もあるのか〜と思っていると、緩〜い横山大観の作品や、千住博の「夜桜」まで、もう何でも御座れ状態で全く飽きることありません。

更に今回は作品に相応しい和歌(古歌)が添えられており、何度か目にした作品でも和歌のイメージとダブらせることにより新たな「絵」が見えてきます。


桜の幹を描いた作品が三幅対の如く展示されているのも要チェックです!

因みに山下裕二先生のイチオシは、渡辺省亭(わたなべ せいてい、嘉永4年12月27日(1851年1月18日)の作品。果たしてどんな作品か会場でじっくりとご覧あれ。

「渡辺省亭展」やりたいそうです。もしかして数年後にブレイクかしら。。。

東京の桜の開花日と同じ日にスタートした特別展「桜・さくら・SAKURA 2012」は5月20日までです。多くの皆さんに楽しんで頂けるよう、今年から少し開催期間を長くしたそうです。

会期末には混雑が予想されます。なるべくお早めに!


特別展「桜・さくら・SAKURA 2012」

会期:2012年3月31日(土)〜5月20日(日)
会場:山種美術館
主催:山種美術館、日本経済新聞社
開館時間:午前10時から午後5時(入館は4時30分まで)
休館日:月曜日(但し、4/30、5/1は開館)

※会場内の画像はプレス内覧会時に主催者の許可を得て撮影したものです。

「桜・さくら・SAKURA 2012」 オリジナルグッズ(PDF)
図録やグッズはオンラインショップでも購入できます!


カフェ椿「桜・さくら・SAKURA 2012」 オリジナル和菓子(PDF)

山種美術館×青い日記帳
「桜・さくら・SAKURA 2012」山崎館長ギャラリートーク

http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2810

開催日:2012年4月14日(土)
開催時間:午後5時15分〜7時まで
(山崎館長のトークは午後6時までとなります)
参加費:無料(ただし入館料が必要です。)
定員:100名

※閉館後の貸切り鑑賞です!!
※当日チケットお買い求めの方に通常1200円のところ1000円で販売。
(受付でこの会の参加者であることとお名前お伝え下さい)
※トーク終了後のフリータイムにゆっくり鑑賞するお時間を確保。
※展示室には学芸員さんもいらっしゃるので気軽にご質問も。
※午後7時までショップもオープンしています。
※「桜・さくら・SAKURA 2012」展カタログを1000円で販売。
※カフェ椿で特製和菓子を試食しながらプチ・パーティーを開催。

【申し込み方法】

メールでのお申込みとなります。
必要事項を明記し以下のアドレスまでメールでお申し込み下さい。
定員に達しましたので募集締め切らせて頂きました。
ご参加の皆さま、当日会場でお会いしましょう!


メールタイトル(件名)「桜展特別ギャラリートーク参加希望」

1:お名前(氏名)
2:参加人数
3:ブログ、Twitterを開設している方はブログ名またはTwitterアカウント
4:何でこのイベントを知ったか
5:山種美術館にひと言

メールアドレス

yamatanemuse@gmail.com


Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2828

JUGEMテーマ:アート・デザイン


山種美術館は、1998年から2009年まで桜の名所・千鳥ヶ淵の近くに位置し、毎年春には桜をテーマとした展覧会を企画してご好評をいただいてきました。2009年に広尾に移転した後、現在でも、毎年桜を描いた作品を鑑賞したいというお客様の声が多く寄せられています。こうした声にお応えし、本年は待望の「桜」を題材とした作品を一堂に公開いたします。

絢爛と咲き誇り、いさぎよく散る桜の花は、古来より人々の心をとらえ、日本を象徴する花として愛されてきました。古くは平安時代の貴族の調度や器物にその姿が登場し、やがて鎌倉期の鎧や甲冑に見られる桜文様が武士の精神を表現するものとして好まれるようになります。その後、室町期に多様化した桜のモチーフは、桃山時代以降の屏風や調度の意匠に取り入れられ、元禄期にはお花見に興じる人々の姿とともに表現されるようになります。こうして日本人の生活や歴史と密接にかかわってきた桜は、明治以降も愛され続け、現代にいたるまでさらに多くの画家たちを魅了しています。

本展では、平安以降詠まれてきた和歌や俳句、あるいは「歴史画を描いて居る思いがした」(奥村土牛)、「桜は匂うかのように浮ぶ」(東山魁夷)、「古代裂を見る様な微妙な色の階調」(奥田元宋)など画家たちが桜を表現した言葉を添えながら、桜の名作をご紹介いたします。なかでも、冨田溪仙の屏風《嵐山の春》(当館蔵)は修復を終え、15年ぶりの公開となります。

日本の国花として知られる桜の絵画が満開となる美術館で、花の競演とお花見を楽しんでいただければ幸いです。

展覧会 | permalink | comments(1) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

館内撮影して 大丈夫なのですか? (☆o☆)
?(・o・)? | 2012/05/11 6:14 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
山種美術館 「桜・さくら・SAKURA 2012」 3/31-5/20 山種美術館で開催中の「桜・さくら・SAKURA 2012」へ行ってきました。 三番町時代、千鳥ヶ淵そばの旧山種美術館では恒例企画だったさくら展ですが、移転リニューアル後、初めて広尾へとやってきました。 言うま
「桜・さくら・SAKURA 2012」 山種美術館 | はろるど | 2012/04/22 7:40 PM
「桜・さくら・SAKURA 2012」チラシ 山種美術館で「桜 さくら SAKURA 2012」を観てきました。今回は「青い日記帳」のTakさんと山種美術館の特別のご配慮により、閉館後の展示室を貸切り、山崎妙子館長のギャラリートークをお聞きすることができました。時間は5時15
山種美術館で「桜 さくら SAKURA 2012」を観た! | とんとん・にっき | 2012/04/24 7:52 AM
山種美術館で開催中の「桜・さくら・SAKURA2012」に再訪してきました。 先日トークショーで伺ったときに時間が足りず、もう一回見て書きたいなあと思っていたのです。 (関連記事:青い日記帳企画「桜・さくら・SAKURA2012」トークショー(山種美術館)) 前回はトー
桜・さくら・SAKURA2012(山種美術館) | あお!ひー | 2012/05/02 8:55 AM