青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「大エルミタージュ美術館展」 | main | デート美術館 >>

「インカ帝国展」3Dスカイビューシアター「マチュピチュ-太陽の聖地」が凄い!

国立科学博物館(東京・上野公園)で好評開催中の「インカ帝国展


http://www.tbs.co.jp/inkaten/

4つのセクションに分かれた展示セクションでは、インカ帝国繁栄の歴史のみならず、これまでタブー視されてきた感のあるスペイン人がインカ帝国へ対して行った侵略、略奪や征服された後のインカ帝国の様子まで紹介しています。

【展覧会構成】

第1部:インカ 帝国の始まりとその本質
第2部:インカ 帝国の統治
第3部:滅びるインカ、よみがえるインカ
第4部:マチュピチュへの旅

展示室を後にすると最後に待っているのが、530インチ(幅13M×高さ3.43M)を誇る「3Dスカイビューシアター『マチュピチュ-太陽の聖地』」横幅13mってちょっと考えただけでも相当な広さのスクリーンです。

クリックで拡大します。


VR映像イメージ ⓒTBS/TOPPAN 2012
製作・著作:TBS/凸版印刷株式会社 計測協力: 大手前大学史学研究所

これまでもこうした大型スクリーンを用いた映像コーナーは幾つもありましたが、今回の「インカ帝国展」の3Dスカイビューシアターはそのクオリティーから完成度はたまた満足度に至るまで、これまでの映像とははっきりと一線を画する出来栄えとなっています。

時空を超えるマチュピチュへの旅へ。

まさか、最後の映像でこんなに興奮するとは思いもしませんでした。金曜夜に滑り込みで観に行ったので最後の上映でしたが、観ることができほんと良かったです。


マチュピチュ遺跡の複雑な地形を3次元計測でデジタル化
製作・著作:TBS/凸版印刷株式会社 計測協力: 大手前大学史学研究所

マチュピチュ遺跡を眼下に収めることの出来る「見張り小屋」と呼ばれる場所から撮影された実写映像とVR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)が組み合わさる映像は、どこまでが実写なのかCGなのか、観ていて全く分からないほど融合しています。

それもそのはず、VR映像は、世界で初めての広範囲に及ぶ遺跡内の三次元計測による立体形状を基に作られているそうです。これまでにない圧倒的没入感のあるシアター映像の秘密はこうした「マチュピチュ愛」とも呼べる人々の情熱により作られたものなのです。
広範囲三次元計測でマチュピチュをVRで完全再現
赤外レーザー波を使って距離を算出する計測器を用いて、約90地点からの計測を実施し、マチュピチュ遺跡全体の立体形状の取得。
太陽の神殿やコンドルの神殿、インティワタナ(日時計)といった遺跡の見どころの解説など俳優の玉木宏さんがナビゲート。

日本からペルーの首都リマを経由し、マチュピチュ遺跡まで最短でも約2日はかかるそうです。(いつかは実際に訪れてみたい場所ではあります)行きたくても、そうそう滅多に行ける場所ではありません。

お手軽に上野で、通常では体験できない視点からのマチュピチュ散策なんて如何でしょう。「インカ帝国展」の混雑状況についてはTwitter公式アカウント:@TBS_inkatenでチェック!

そうそう、3Dシアターで予想以上に興奮した状態でショップへ行くと…こんな魅惑的なものが待ちうけています。(危険だ〜当然のように買ってしまったけど…)



「未来少年コナン」「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「時をかける少女」「くまのがっこう」等数多くのアニメーションの美術監督を務める山本二三氏が描いた実写でも3D映像ともまた一味違うドラマティックな「マチュピチュ」がオリジナルコラボ商品としてミュージアムショップに並んでいます。

「インカ帝国展」は6月24日までです。

金曜限定ペア得ナイト券
(会場、チケBOO!限定販売) 2名様で2,000円
※午後5時から午後8時まで。最終入場は午後7時半。2名様同時入場、男女問わず

水曜限定レディース券
(会場、チケBOO!限定販売) 1,000円
※水曜日の開館時間内有効、1名様、女性限定

オンラインチケット


http://www.tbs.co.jp/inkaten/

インカ帝国展
開催期間:2012年3月10日(土)〜6月24日(日)
開館時間:午前9時〜午後5時(金曜日は午後8時まで)
4月28日(土)〜5月6日(日)の間は午後6時まで。ただし、5月4日(金)は午後8時まで
※入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日:毎週月曜日
ただし、3月26日、4月2日、4月30日は開館。
主催:国立科学博物館、TBS、朝日新聞社
後援:文部科学省、外務省、ペルー大使館、PROMPERU、BS-TBS、TBSラジオ
協力:JR東日本、KLMオランダ航空、凸版印刷、ユナイテッド航空
企画協力:ペルー文化省
公式ホームページ http://www.tbs.co.jp/inkaten/

巡回予定会場
仙台市博物館 2012年7月6日(金)〜9月9日(日)
山梨県立考古博物館 2012年9月18日(火)〜11月14日 (水)
静岡県立美術館 2012年11月27日(火)〜2013年1月27日(日)


『インカ帝国展』×パンソンワークス

愛らしいキャラクターデザインで人気の「パンソンワークス」とインカ帝国展がコラボレーション!アルパカやミイラもこんなに可愛らしいグッズに。

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2855

JUGEMテーマ:アート・デザイン


『インカ帝国展』×サンポーニャ&ケーナ奏者/瀬木貴将


その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2855
この記事に対するトラックバック