青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「マウリッツハイスへの道」Vol.5 | main | 「物語絵巻の世界」@國學院大學伝統文化リサーチセンター資料館 >>

3か月トピック英会話 SNSで磨く!英語Output表現術

TwitterやFacebookなどのSNSを通して英語力(特に発信力)を身に付けていこうという、まさに今が旬な英会話学習番組がNHK(Eテレ)で放送されているの御存知でしょうか?



TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の世界に親しむ事で、英語による「発信(Output)力」を高めていきます。短文ならではの言い回し、略語など、SNSを通じた気軽で楽しい英語コミュニケーション法をご紹介します。

[放送時間]
Eテレ(教育テレビ)
放送:水曜日 午後10:00〜10:20
再放送:(翌週)水曜日 午前6:00〜6:20


自分が学生の頃、こんな面白い番組があったら今よりも何百倍も身についていただろうな〜と思わずにはいられない羨ましい内容。

出演者も本間正人氏を講師に、Soness Stevens、南海キャンディーズの山里亮太、モデルの岡本玲など実にバラエティーに富んでいます。

現在発売中の5月号のテキストでほんのちょっとだけお手伝いをさせて頂きました。

@masatohommaさんがウィーンに行く際の情報をTwitterで教えてもらった相手にお礼のメッセージを送る際のノウハウが紹介されているページがあります。

「旅先で撮った写真などを添えるとさらによいでしょう。」この場面でのツイートで用いられている写真に、今年の3月に自分がウィーンに行った際に撮影してきた一枚が福田玲子さんの可愛らしいイラスト共に用いられています。


NHK語学番組
3か月トピック英会話 SNSで磨く!英語Output表現術


さてさて、どんな写真が使われているか書店でチェックしてみて下さい。





















Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2865

JUGEMテーマ:アート・デザイン


「英語が苦手だな」と思っている方でも、今回の講座を体験いただくと、「あれ、私たちこんなに英語を知っていたんだ!」ということにお気付きになると思います。

苦手意識の背景にあるのは、1つは「英語との接触時間が短いこと」。もう1つは「アウトプットの練習が足りないこと」。

学校を卒業してから、英語で何かを書いたことがほとんどない、という方もたくさんいるはず。もちろん、毎日、これまで英文でEメールを書いて使っている人もいるでしょう。でも大多数の日本人は、これまで英文を読む機会、映画やテレビなどで英語を聴く機会は多少あるとしても、アウトプットの機会がとても少なかったと思うのです。

英語で書いたり、話したり、自分らしさを表現したりすることは、楽しいことです。そして、アウトプットしようという気持ちが高まると、おのずからインプットもはかどっていくのです。

今、Twitter や Facebook など、SNS が注目を集め、利用者が急増しています。電車の中など、ちょっとした隙間の時間に、気軽に、簡単に、無料で、世界中の人々に、英語で情報発信できるのです。

Twitter の場合、140文字ですから難しい構文を使う必要はありません。自分の好きなものや体験など、ポジティブなトピックについて、具体的につぶやくと、趣味や興味の近い人からフォローしてもらえる可能性が広がります。

Twitter でも Facebook でも写真を効果的に活用することで、ことばだけでは表現できなかった豊かな内容を伝えることができます。この講座では、画像とことばのキャッチボールについても扱っていきます。

英語学習は難しい、という固定観念から自由になって、私たちと一緒に、英語のアウトプットを楽しんでいきましょう!

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック