青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
フェルメールナイト@6次元
とんぼの本「フェルメール巡礼」刊行記念イベント
『フェルメールナイト 「真珠の耳飾りの少女」を読み解く』

6次元 ロクジゲン
http://www.6jigen.com/



『フェルメール巡礼』の著者でもあり、元「芸術新潮」編集者でライターの前橋重二さんと不肖この私(Tak)でトークショーを行いました。

私の駄話はどうでもいいので、前橋さんがこのトークショーの為にお書きになられたエッセイを掲載させて頂きます。じっくりお楽しみください。

Something in the way she looks…

前橋重二

脳は美をいかに感じるか』の著者セミール・ゼキによると、フェルメール《真珠の耳飾りの少女》は 神経科学的意味で「曖昧さの傑作」なのだそうだ。〈少女の顔は招くようであり、同時に怒っているようでもあり、エロティックに興奮して願っているようでもある〉。悲しそうでいて嬉しそう、また服従的でかつ支配的とも見えて、いずれとも決めがたい。ことばを換えると、どの解釈も「同じくらいの確かさ」で成り立つよう、この少女像は描かれていて、だからこそ傑作なのだ、とゼキはいう。神経生物学者にとって「曖昧さ」とは、脳が外界から情報を獲得する認知メカニズムに深く関わるものであり、私たちの「脳活動」の本質をたくみに利用しえたところにフェルメールの偉大さがある、という主張だ。

 ゼキが指摘する「曖昧さ」の指標は、どれも主観的な「印象」であって、すべての鑑賞者がこの少女像に「悲嘆/歓喜」「服従/支配」といった対立的な感情を汲みとるわけではないだろう。ほんとうにフェルメールは、この絵に「曖昧さ」を付与したといえるのか。これを考えるうえでひじょうに興味ぶかいスタディがある。2007年、ノースイースタン州立大学 (オクラホマ州) の研究者たちが発表したもので、10人の被験者に、少女がどこを見つめているかを詳細に判定してもらったところ、鑑賞者は彼女の視線方向を正しく判断できない、との結果が得られたのだ。

 対人コミュニケーションでは、アイコンタクトはきわめて重要な意味をもつ。「相手が自分を見ているかどうか」を感知する私たちの能力はきわめて鋭敏で、2メートル離れた相手の視線の、わずか2.86度のずれが検出できるという。これは、2メートル先の人間の瞳孔が左右に0.39ミリずれているだけで、「相手は私を見ていない」と正しく判断できることを意味している。

ところが、これだけ鋭敏な能力も、相手が顔を横に向けると、とたんに感度が悪くなる。たとえば相手が頭部を30度回転させると、自分が「見られている/見られていない」の判断がひどくあやしくなって、相手が自分を見つめているにもかかわらず、相手の視線が自分から逸れているように感じられる。いったいなぜなのか、1970年代以降に行なわれたいくつかの実験で、そのメカニズムがあきらかになってきた。結論だけいうと、斜め横を向いた人物に注視されるとき、「私」には、相手の右眼と左眼がそれぞれ注視する方向が、異なって感知されるのだ。つまり相手の左眼に注目するか、右眼に注目するかで、「視線方向の測定結果」が異なってしまう。

《真珠の耳飾りの少女》でも、じつは右と同様の「視線のイリュージョン」が起こっていることを、研究者たちは実験でたしかめた。彼らは、フェルメールがいちはやく視線のイリュージョンに気づき、この効果を正しく作品にとりこんだのではないかと推定しているけれど、それはどうだろう。フェルメールが写真的なまでにリアルに少女の眼差しを描いたため、図らずも視線のイリュージョンが再現された、という可能性もあるのではなかろうか。いずれにせよ、少女の視線方向が定めがたいという点で、この作品には客観的に裏づけられた「曖昧さ」がある、いえそうだ。では「曖昧さ」とは何なのか。絵を鑑賞するうえで、どんな機能をはたすのか?

 たとえば物体の色を見きわめるとき、脳はきわめてスピーディに情報を処理することができる。色には「曖昧さ」がないからだ。しかし《真珠の耳飾りの少女》のような絵にでくわすと、脳は、画中の状況を説明するさまざまな解釈を思いついてはその妥当性を検証しはじめ、最後に複数の解釈が残って、そのいずれとも決めがたいケースを「曖昧」と認識する。つまり「曖昧さ」とは脳のもつ属性(さまざまな説明を付与する能力。学習能力と密接に関連するとみられる)なのであり、その「脳力」をよりスムーズに、より効果的に引き出しうる絵画こそ、神経生物学的な名画だというわけ。

 絵画を鑑賞するとき、私たちの視線は、解釈に役立つさまざま手掛かりを探して、画面上を忙しく行き来する。絵を注視する時間は、もちろん「曖昧な」絵ほど長く、それはつまりその絵がより長く視線を「引きつける」、英語でいうと「アトラクトする」ということだ。アトラクティヴな絵画ゆえに長い時間みつめるのか、長く注視してしまうから魅力的なのか。おそらくはその両方であるのだろう。

◆セミール・ゼキ『脳は美をいかに感じるか
◆Semir Zeki, The neurology of ambiguity, Consciousness and Cognition, 13,
2004 ◆Roger W.West and Hank G.Van Veen, Gaze as Depiccted in Vermeer's Girl
With a Pearl Earing, Journal of General Psychology, 134 (3), 2007


『フェルメールナイト 「真珠の耳飾りの少女」を読み解く』

はろるどさんが、トークの内容をツイートして下さいました。ありがたいことです。感謝感謝!まとめて掲載させて頂きますね。

さて本日6次元のフェルメールナイト、前橋さんとたけさんのトーク、フェルメール作品の特に視点にスポットを当てたお話で興味深いものあり。青いターバンの眼差し、果たして見る側を向いているのかそうでなのか。

一般的に美術史家の方はフェルメールがカメラを使っていたといい、それ以外の立場の方は違うと指摘することが多いと前橋さん。一方でたけさんは当時のカメラの精度を考えると、もし使っていたとしてもあくまでも参照程度に過ぎなかったのではないかと。

あとフェルメールの遺品リストに黄色のモフモフがあったと。フェルメールはあの衣装をモデルによく着せているが、それは光との相性が良かったからではないかとたけさん。また得意とする青との色の関係も良いとのこと。

フェルメール作品、制作年代が後ろになればなるほどサイズが小さくなる一方、より完成度が増しているのではないかという話も。いわゆる傑作がいずれも小さな作品であるというのもフェルメールの特異な点ではないか。

前橋さんの指摘では青いターバン、右眼はこちらを向いていて左眼は明後日の方を向いている。鑑賞する人によって視線を感じるかそうでないかは、その人がどちらの見る眼を見ているのかによって違うのかも、というお話。



会場で振る舞われた料理。フェルメール「牛乳を注ぐ女」が作っているパンプディングを現代風にアレンジ。また17世紀オランダでよく飲まれていたスパイスの入ったワイン(ヒュポクラス)も美味しゅうございました。

それに青いターバン、ターバンに当たる光が不自然なほどに強いけれど、それを一見自然なように暗くすると(つまり顔の影にすると。)、作品のバランスがたちどころに崩れてしまうのではないかとたけさんの指摘。ターバンが明るいからこそ、安定した構図で顔の表現を見やることが出来る。

それに会場からの質問で青いターバンのモデルは何歳ですかという質問が。たけさんはずはり高2、前橋さんは18歳ぐらいではというお答えも。

フェルメール作品における微妙にピントをぼかした描写、ヴェネチア派の作例と関係あるのではというお話も。フェルメールって画商をやっていたのですよね。

また、たけさんが最高傑作に挙げたデルフトの眺望、雲の描写をライスダールと比較したところも面白かったですね。ライスダールが雲をそれ自体、しっかりと物質感をもって描こうとしているのに対し、フェルメールはあくまでも画中の光の効果を考えて雲を描いている、つまり光の表現の手段に過ぎないと。

そして前橋さん、フェルメールの風景画には対象に対するいわば愛情が感じられるけど、ライスダールは必ずしもそうではないとのお話が。フェルメールがいかにデルフトに親しみをもっていたか、そんなことも伺えるご指摘でした。

というわけで他にもまだまだあるけど、充実3時間のフェルメールトークでした!たけさん前橋さん、6次元さんありがとうございました。@harold_1234


ツイッターでのみなさんのつぶやきを@Chloe24hさんがまとめて下さいました。
こちらも是非!→http://bit.ly/LP2WLe

因みにクロエ(@Chloe24h)さんもフェルメール作品全てご覧になられた、フェルメール病に侵されたひとり。最後に観た一枚が今、上野西洋美術館に来ている「真珠の首飾りの少女」です!


フェルメール巡礼』 (とんぼの本)
朽木 ゆり子 (著), 前橋 重二 (著)

彼の絵は、美しさとたくらみに満ちている。心震わす作品のすべてを訪ね歩く書中の旅。
プルーストが「世界でもっとも美しい絵」と賞賛した《デルフト眺望》、近年の小説・映画で話題を呼んだ《真珠の耳飾りの少女》ほか、17世紀オランダに生きた天才画家の全作品を訪ねて、世界16の美術館を巡る。透視図法の種明かし、33億円絵画の真贋など、画中の秘密を探訪し、作品の辿った数奇な運命を追跡する、驚きの新知見も満載。


Twitterやってます!
@taktwi

Facebook
Takeshi Nakamura | バナーを作成


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2909

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| フェルメール | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2909
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...