青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『AERA』に載りました。 | main | クラウド・シティ | トマス・サラセーノ展 >>

映画「巨神兵東京に現わる」

東京都現代美術館で開催中の「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」展の会場内で公開されている、最新特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」を観て来ました。


特撮展公式サイト:http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

凶変、カタストロフィーは、ある日突然、「空」から東京にやって来る。

そして、実体も目的も何一つ分からぬまま振りかかる激甚災害。


ミニチュアセット
映画『巨神兵東京に現わる』
撮影セットより

スタジオジブリ最新特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」

企画:庵野秀明
巨神兵:宮崎駿
監督:樋口真嗣


巨神兵像
「巨神兵像」竹谷隆之作
©2012 二馬力・G

綾波レイ役の声優、林原めぐみさんの淡々としたナレーションが、恐怖心を増幅させます。

3D映画全盛の現在にあって、CG技術さえ全く用いずに「手動」で巨神兵を動かし、ミニチュアで作り上げた街を爆風や特殊技術で破壊していく様は、現代っ子の眼にはとても新鮮で美しいものに映るはずです。


ミニチュアセット
映画『巨神兵東京に現わる』
撮影セットより

「特撮展」もスゴイけど、何よりこの消えつつある昭和の技を結集させた最新特撮短編映画は必見です。

1階展示室の中ほどでエプソンの高光束プロジェクターに投影される映画「巨神兵東京に現わる」をお見逃しなく!


館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
会期:2012年7月10日(火) 〜 10月8日(月・祝)
休館日:月曜日
(ただし、7月16日、8月13日・20日、9月17日・24日、10月1日・8日は開館。7月17日、9月18日は休館。)
開館時間:10:00 〜 18:00(入場は閉館の30分前まで)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 1F・B2F
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 / 日本テレビ放送網 / マンマユート団
企画制作協力:スタジオジブリ / 三鷹の森ジブリ美術館
館長:庵野秀明
副館長:樋口真嗣
展示コーディネート:原口智生 / 西村祐次
後援:文化庁 / 読売新聞社 / TOKYO FM / tvk
協賛:KDDI株式会社 / EPSON
展示協賛:ア・ファクトリー
特別協力:東宝 / 円谷プロダクション / 角川書店 / ピー・プロダクション / 宣弘社 / 手塚プロダクション
協力:特撮研究所 / 早稲田大学芸術科学センター 安藤紘平研究室 /ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン / グッドスマイルカンパニー /楽天トラベル / 原口智生コレクション / M1号 / カラー

Twitterやってます。
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2929

JUGEMテーマ:アート・デザイン


映画・観劇 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2929
この記事に対するトラックバック