青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ニコニコ美術館:山口晃さんがマウリッツハイス美術館展会場より生中継 | main | 「Future Beauty 日本ファッションの未来性」 >>

「草原の王朝 契丹」

東京藝術大学大学美術館にて開催中の
日中国交正常化40周年記念 特別展「草原の王朝 契丹 ―美しき3人のプリンセス―」に行って来ました。


公式サイト: http://www.tbs.co.jp/kittantokyo/

10世紀から12世紀前半にかけて広大な北アジアの草原地帯(モンゴル草原)に栄えた「契丹」(遼王朝)。遊牧民を主体とする王朝でありながら、唐の文化を色濃く伝えるミステリアスな大草原の王朝です。

中国の一級文物(日本の国宝に相当)45件を含む128件のうち、50件が海外初公開だそうです。中でも近年、中国・内モンゴル自治区にあるトルキ山古墓から出土した皇族女性の鏡箱等の副葬品や豪華な彩色木棺は圧巻の一言。


彩色木棺》10世紀前半
内蒙古文物考古研究所蔵

これだけ豪華で巨大な木棺に収容された人物とは果たして誰なのでしょう。盗掘に遭っていなかった為、「被葬者の正体」を解くヒントとなる煌びやかな副葬品と共に、黒髪の残る女性の頭蓋骨がこの木棺に1000年以上眠っていたのです。

展示は過剰な装飾もなく、朴訥なまでに博物的な空間となっているのが、かえって空想を自由豊かにさせ、1000年以上も遥か昔にモンゴル草原に栄えた契丹へ連れて行ってくれます。


鳳凰文冠》11世紀前半
内蒙古文物考古研究所蔵

南に位置する西夏、北宋、天山ウィグルら周辺諸国とも積極的に交流し騎馬文化を誇っていたそうですが、一方で我々日本人にとって大変親しみやすい作品が多くあることに驚きました。

契丹は唐の高度な工芸技術や仏教芸術を伝える王朝だったのです。

日本でも遣唐使により、多くの唐文化が伝えられ王朝貴族の生活の一部となっていきました。展示してあった「鳳凰形簪」など、日本の寺院に伝来していても全く違和感ありません。

時間的にも空間的にも遥か遠い謎の国「契丹」ですが、展覧会を拝見し急に身近な国へと印象が変わりました。展覧会というものは行ってみないと分からないものです。本当に。


金製仮面》11世紀前半
内蒙古文物考古研究所蔵

陳国公主の墓に夫と共に並んで安置されていた皇女の顔に被せられてあった黄金の仮面。「―美しき3人のプリンセス―」のサブタイトルがどうも西欧的なイメージを想起させてしまうのがやや残念ではありますが、観に行って損のない展覧会です。

そうそう展覧会の構成は以下の通りでした。

第1章:馬上の芸術
第2章:大唐の遺風
第3章:草原都市
第4章:蒼天の仏国土


第3章、4章も興味深かったな〜

「契丹展」は9月17日までです。


日中国交正常化40周年記念 特別展
「草原の王朝 契丹 ―美しき3人のプリンセス―」

会期:2012年7月12日(木)- 9月17日(月・祝)
開館時間:午前10時 - 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休館日: 毎週月曜日(ただし7月16日、9月17日は開館)、
7月17日(火)、8月18日(土)
会場: 東京藝術大学大学美術館
http://www.geidai.ac.jp/museum/

主催: 東京藝術大学、TBS、毎日新聞社、内蒙古博物院
後援: 外務省、文化庁、中国大使館
出品協力: 内蒙古自治区文化庁、内蒙古自治区文物局、内蒙古文物考古研究所
企画協力: 大広
協力: 日本航空
問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
公式サイト: http://www.tbs.co.jp/kittantokyo/

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2946

JUGEMテーマ:アート・デザイン


激動の10世紀、契丹(遼)はモンゴル草原を駆け抜けた。
世界初公開50件。一級文物45件を含む127件を大公開!!

契丹(遼王朝)は10世紀に北アジア草原地帯で生まれた遊牧民を主体とする強大な王朝です。
滅亡までの200年の間、自身の文化を保持しながらも、宋をはじめとして周辺諸国との活発な交流を行いました。
本展では契丹で生きた3人のプリンセスに関する遺物を中心に、約40カ所の契丹遺跡から出土した至宝を一堂に公開いたします。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2946
この記事に対するトラックバック
上野 chariot 上野の東京藝術大学大学美術館では日中国交正常化40周年特別展、「契丹」が 開かれています。 会期は9月17日(月・祝)までです。 副題には「草原の王朝 美しき3人のプリンセス」...
「契丹」展 東京藝術大学大学美術館 | 猫アリーナ | 2012/08/03 8:56 PM