青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「おもしろびじゅつブログ講座―読者を獲得する極意とは―」 | main | 特別展「青山杉雨の眼と書」 >>

レゴブロックで作るフェルメール「真珠の耳飾りの少女」

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」が来日し話題となっている「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」。開幕34日目となる8月7日には来場者30万人を突破(マウリッツハイス展に30万人 東京・上野)しました。


「マウリッツハイス美術館展」夕方以降が狙い目です!
展覧会公式サイト:http://www.asahi.com/mauritshuis2012/

さて、この展覧会の開催を記念して、「真珠の耳飾りの少女」をレゴブロックで制作するワークショップが2012年8 月1日(水)から8月9日(木)にかけて「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」(台場のデックス東京ビーチに今年6月にオープンした話題のスポットです)にて行われました。

8日間で1枚の「レゴブロック製・真珠の耳飾りの少女」(約縦75 僉濂55 僂鰺縦蝓砲鮴作します。フェルメール生誕380周年を記念し、のべ380人の子どもさんの手によって先日完成しました〜



傍らで指導しているのは、世界中でも8名しか認定されていない、日本で唯一のマスター・ビルダー大澤よしひろ氏(各レゴランド・ディスカバリー・センターに1 人だけ在籍するトップレベルの技能を持つレゴビルダー)です。

・サイズ:縦90センチ×横60センチ(額を含む)
・使用ピース:約5000ピース
・色:20色
・のべ参加者:380名(フェルメール生誕380年にあわせて)
・制作期間:8/1〜9日まで(8日のぞく)の8日間


最後のピース(目の部分)をはめた女の子は、レゴランドの公認子ども大使(高橋優香さん、9歳、東京出身)



今回のために特別に、「真珠の耳飾りの少女」のようなターバンをかぶって登場。似合ってますね〜とても。良く見ると額縁の部分もレゴブロックで出来ているのが分かります。

「レゴブロック製・真珠の耳飾りの少女」は、9月17日(祝)まで期間限定でレゴランド・ディスカバリー・センター東京にて展示されています。お台場行かれたら際はガンダムだけでなくフェルメールも要チェックです!

【会場】 レゴランド・ディスカバリー・センター
港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール 3F
http://www.legolanddiscoverycenter.jp/tokyo/


展覧会公式サイト:
http://www.asahi.com/mauritshuis2012/
「マウリッツハイス美術館展」オランダ・フランドル絵画の至宝

会期: 2012年6月30日(土)〜9月17日(月・祝)
休室日:月曜日(ただし7月2日・16日、9月17日は開室。7月17日は休室)
会場 : 東京都美術館 企画展示室(東京・上野公園)
開室時間 : 9:30 〜 17:30(金曜日は20:00)
8月中は18:30まで開館時間延長しています。
入室は閉室30分前まで
休室日 : 月曜日(8月13日は開館)
お問い合わせ : ハローダイヤル 03-5777-8600
主催 : 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、フジテレビジョン
後援 : オランダ王国大使館
特別協賛 : 第一生命保険
協賛 : ジェイティービー、ミキモト、凸版印刷、シュウ ウエムラ

インターネットミュージアムさんにもイベント当日の様子が詳しく紹介されています。
レゴで作ったフェルメール「真珠の耳飾りの少女」


動画もあります。

おまけ
iPhoneアプリ「LEGO Photo」(無料)おススメですよ〜

LEGO Photo


どんな写真でもLEGOブロック風にワンタッチで変えてくれます。LEGO Photo.


例えば「真珠の耳飾りの少女」も……



画像だとイマイチぱっとしないように見えますが、いや〜実際はよくできてますよ。色合いが気にならなかったら画面にタッチするだけで違う色味に変わります。




これなんか、よい感じですよね。寒色系の数少ない色で巧いこと「真珠の耳飾りの少女」が持つ雰囲気そのままに表現しています。



ごちゃごちゃしているように見えますが、3枚目の画像を縮小してみると、あら不思議まさに「真珠の耳飾りの少女」そのもの!!騙し絵的な面白さもあるアプリです。

DLして他の作品でも色々試してみて下さい!

Twitterやってます。

@taktwi


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2958

JUGEMテーマ:アート・デザイン


フェルメール | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2958
この記事に対するトラックバック