青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『運慶―リアルを超えた天才仏師―』 | main | 乃木神社御祭神百年祭記念「日本の管絃-おと-」 >>

「東京都美術館ものがたり」

東京都美術館で開催中の
「東京都美術館ものがたり」展に行って来ました。


東京都美術館:http://www.tobikan.jp/

「マウリッツハイス美術館展」や「メトロポリタン美術館展」で賑わう、東京都美術館ギャラリーCでひっそりと開催している展覧会。

これが見所満載なのです!!
しかも嬉しいことに無料!!

藤田嗣治、岡本太郎、佐伯祐三、梅原龍三郎、赤瀬川原平、舟越桂の名品がさりげなく展示してあるのにまず驚かされます。

また、絵画・彫刻の他にも、前川國男など建築面からのアプローチもなされています。85年もの歴史を有する東京都美術館の誕生から現在までを多角的に紹介する大変良質な展示となっています。


佐伯祐三「広告“ヴェルダン”」1927年
大原美術館蔵

展示構成は以下の通りです。

1.美の殿堂 —最初の公立美術館
百万円と佐藤慶太郎
「育ての親」としての正木直彦
旧館と岡田信一郎
工芸家具と梶田恵
ステンドグラスと小川三知

2.森に溶け込む美術館 —新館開館
新館と前川國男
現代美術鑑賞と美術館活動
世界の名品と展覧会
リニューアル・オープンと「アートへの入口」

3.美術家の晴れ舞台—ニッポン・アート史ダイジェスト  
一九三〇年協会と佐伯祐三 
院展と片岡球子 ※8月21日(月)〜9月30日(日)
紀元二千六百年展と梅原龍三郎
文展と朝倉文夫 
戦中・戦後と藤田嗣治 ※7月15日(日)〜8月19日(日)
対極主義宣言と岡本太郎 
書道展と豊道春海 
「国民美術館」と南嶌金平 
二科展と東郷青児 
読売アンデパンダン展と赤瀬川原平
「人間と物質」展と中原佑介 
東京展と寺山修司 
新制作展と澄川喜一 
新具象彫刻展と舟越桂 
藝大卒業制作展と日比野克彦


演劇公演『釘』(1975年 劇団「天井桟敷」)

「東京都美術館ものがたり」展
会期:2012年7月15日(日)〜 9月30日(日)
会場:東京都美術館ギャラリーC
休室日:毎週月曜日、7月17日(火)、9月18日(火)
(ただし、7月16日(月)、9月17日(月)は開室)
開室時間:午前9時30分から午後5時30分まで
(入室は午後5時まで)
夜間開室:9月21日(金)、28日(金)を除く毎週金曜日は午前9時30分から午後8時まで
(入室は午後7時30分まで)
観覧料:無料
http://www.tobikan.jp/

【東京都美術館関連エントリ】
吉岡徳仁氏が手掛けた東京都美術館「シンボルマーク」&「ロゴ」
東京都美術館リニューアルオープン
東京都美術館レストラン「アイボリー」

Twitterやってます。

@taktwi


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2964

JUGEMテーマ:アート・デザイン


生誕100年前川國男建築展実行委員会
美術出版社

 大正15年に上野公園に生まれた東京都美術館は、全国の美術家たちの新作発表の場、世界の名作や現代美術と出会える場として歩んできました。これまで当館で発表された作品を改めて展示すると、日本の近現代美術の軌跡が鮮やかによみがえります。
 この展覧会では、近現代の「ニッポン・アート史ダイジェスト」として、美術館を舞台に活躍した作家を紹介します。また、生みの親ともいうべき実業家・佐藤慶太郎、旧館・新館を設計した建築家の岡田信一郎と前川國男など、ゆかりの人たちにも光を当て、この美術館の生い立ちを紹介します。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/2964
この記事に対するトラックバック
五輪メダリストのパレードで銀座に50万人!! 単純に賑やかで目出度い人波を久し振りに見ました。 お隣の国の人垣の剣呑さに比べ、なんと呑気で屈託の無いこと…。  でも怒りより歓喜のほうが絶対に良い!...
フェルメール展は大賑い | 工務店徒然日誌 from横手 | 2012/08/21 10:00 AM