青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「川村清雄展」 | main | 「アートと音楽」 >>

東京国立近代美術館 特別展「美術にぶるっ!」夜間特別観覧会を開催。

日本で最初の国立美術館として、1952年(昭和27年)にオープンした東京国立近代美術館は、2012年12月1日に開館60年を迎えます。東京国立近代美術館では、年間を通じて60周年記念事業を展開していますが、そのメイン事業として、「美術にぶるっ!ベストセレクション 日本近代美術の100年」を10月16日より開催中です。


http://buru60.jp/

東京国立近代美術館開館60周年記念メイン展覧会「美術にぶるっ!」展(しかし、どうしてこんなタイトルにしたのかな〜)に、アートや美術関係のブログを開設している方(美術系以外のブログでも大歓迎です)や、Twitter、Facebookで展覧会のレビュー記事や魅力を紹介頂ける方、100名様を抽選で「夜間特別観覧会」にご招待しちゃいます!

【東京国立近代美術館60周年記念特別展「美術にぶるっ!」ベストセレクション 日本近代美術の100年 夜間特別観覧会概要】

・日時:2012年11月7日(水)
    受付 18:30〜
    ミニレクチャー 18:45〜19:00(B1講堂にて)
    特別観覧会 19:00〜21:00

・会場:東京国立近代美術館
(千代田区北の丸公園3-1(東京メトロ東西線竹橋駅より徒歩3分)
http://www.momat.go.jp/


石井茂雄 《戒厳状態》1957年
東京国立近代美術館蔵

・参加特典
1.参加の皆様(報道関係者含む)だけの閉館後の貸切観覧会です。
2.参加の皆様に本展図録をプレゼントいたします。       
3.音声ガイドを無料貸し出しいたします。           
4.主任学芸員によるミニレクチャーにご参加いただけます。 


特別展「美術にぶるっ!」の夜間特別観覧会に参加をご希望の方は下記URLよりお申込みください。
申込みフォーム>>>https://admin.prius-pro.jp/m/win/form.php?f=4

※展示室内の撮影が可能です。ただし、展示作品の1点撮りはできません。 会場風景、雑感として撮影してください。フラッシュ撮影・ストロボ・三脚・脚立の使用はお断りいたします。

※この「夜間特別観覧会」はブロガーだけでなく、美術・アートの報道関係者にも参加を呼びかけています。


http://buru60.jp/

第1部は、この機に一新される4階から2階の所蔵品ギャラリーで、当館所蔵の13点の重要文化財(寄託作品を含む)全点を含む選りすぐりのコレクションを紹介する「MOMATコレクション」のスペシャル・ヴァージョン。


http://buru60.jp/

第2部は「実験場1950s」と題して、東京国立近代美術館のみならず、戦後日本の草創期でもあった1950年代の美術の活力や熱気を、資料や映像を交えて浮き彫りにします。

60年間の収集活動の成果を問う第1部がいわば縦糸とすれば、60年前の日本における近代美術館誕生の時代を考察する第2部は横糸であり、これらは緊密に連動して、みなさまにさまざまな感動や思いを投げかけることでしょう。



東京国立近代美術館60周年記念特別展「美術にぶるっ!ベストセレクション 日本近代美術の100年」

会期:2012年10月16日(火)〜2013年1月14日(月・祝) 10:00〜17:00
※金曜日は午後8時まで開館
会場:東京国立近代美術館 (千代田区北の丸公園3-1)
主催:東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション
展覧会サイト:http://buru60.jp/

特別展「美術にぶるっ!」の夜間特別観覧会に参加をご希望の方は下記URLよりお申込みください。
申込みフォーム>>>https://admin.prius-pro.jp/m/win/form.php?f=4

Twitterやってます。

@taktwi


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3036

JUGEMテーマ:アート・デザイン


美術にふるえたことがありますか?
美術を体感すること。深く感動すること。知的に考えること。
それらすべての出発点である衝撃を「ぶるっ!」という言葉で表しました。あらためて大切にしたいと思う美術鑑賞の原点です。

1952年12月1日、京橋の地に開館した東京国立近代美術館は、今年創立60周年を迎えます。人間でいえば「還暦」にあたるこの重要な年を記念して、本館の1階〜4階の全フロアを使い、日本近代美術の100年を回顧する大展覧会を開催します。
展覧会は2部構成となっています。60年間の収集活動の成果を問う第1部が縦糸とすれば、60年前の日本における近代美術館誕生の時代を考察する第2部は横糸であり、両者が緊密に連動して、みなさまにさまざまな感動を投げかけることでしょう。

イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3036
この記事に対するトラックバック
11月7日夜、めでたく抽選に当たりまして、国立近代美術館の特別展覧会へ行ってまいりました。 「美術にぶるっ! ベストセレクション日本近代美術の100年」というタイトルです。 <会場風景> ...
東京国立近代美術館で現在開催中の『美術にぶるっ!』の、ブロガー向け夜間特別観覧会が先日(といっても、もう2週間近く前ですが…)ありまして、そちらに参加させていただきました。当日は仕事の関係で、レクチャーには参加できなかったので、途中から館内の拝観だけ