青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ジャン・コクトー展」チケットプレゼント | main | 「小林古径展」 >>

パリ&ロンドンのヴィンチ

2012年のオリンピック開催都市はロンドンに決まったようですが、
最後までロンドンと決戦を繰り広げた都市パリ。

今日はそのロンドンとパリにある絵のお話でも。
レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた祭壇画の傑作「岩窟の聖母
Leonardo da Vinci 「Virgin of the Rocks」

パリのルーヴル美術館と
ロンドンのナショナル・ギャラリーそれぞれにこの「岩窟の聖母」が
展示されているのは有名なお話です。

ところで、どちらが、どちらだかお分かりになりますか?

 

左がロンドン、ナショナル・ギャラリーにある「岩窟の聖母」1495-1508年
右がパリ、ルーヴル美術館にある「岩窟の聖母」1483-1486年 です。

大きさもほぼ一緒(若干ルーブル版の方が大きい)。ただ制作年代には開きがあります。この2点の詳しい経緯については、色々な方が書かれていますが、この本にある説をここではご紹介しておきますね。

名画をめぐるヒソヒソ話―ダ・ヴィンチもびっくり!
名画をめぐるヒソヒソ話―ダ・ヴィンチもびっくり!
話題の達人倶楽部

どうして同じ絵が2枚も存在するのか?
答えは意外なことに金銭トラブルだそうです。びっくり

ダ・ヴィンチが無原罪懐胎教団から注文を受け
この祭壇画に取り掛かったのが1483年のことだそうです。

ところが、契約金額より必要経費がかかってしまったり、
納期が遅れてしまったりとトラブルが続き、挙句の果てに
完成した作品が気に入らないと注文者が言い出し支払いを渋ったそうです。しょんぼり

それから20年もあれやこれやともめ事が続き1506年にやっと和解。
その条件として、もう一枚同じ作品を描く事が支払いの条件だったそうです。汗

因みに初めに描かれた作品がパリに
後から追加で書かれた作品がロンドンに現在展示されています。

一般的な評価はルーブルの「岩窟の聖母」の方が高いのですが
個人的にはロンドンの方が観た時の印象でいえば、良かったこと覚えています。

ナショナル・ギャラリーはこの絵を「特別扱い」して展示していました。
一見そっくりに見える絵ですが、よく見ると違いもチラホラ見つかります。

さて、祝ロンドン夏季五輪決定記念祝にもう一つこの絵の話題を。
 ロンドンの「ナショナル・ギャラリー」(英国立美術館)は1日、同美術館に展示されているルネサンスの画家レオナルド・ダビンチの名作「岩窟(がんくつ)の聖母」に、2種類の下絵が描かれていたと明らかにした。8カ月にわたる専門家の赤外線調査で発見した。英紙によればダビンチの「新作」の発見は約70年ぶり。
 一つは「岩窟の聖母」自体の下絵で、もう一つはまったく違う下絵。片手を胸に当て、もう一方の手を投げ出した女性がひざまずいて、キリストとみられる幼子を見つめている図とみられる。
ダ・ヴィンチの謎がまた一つ増えてしまいましたね〜

別の絵を描いていて、上記したようなトラブルが発生し、その絵の上から
このロンドン版「岩窟の聖母」を描いたのかもしれませんね。

           発見された下絵

  
   元の「岩窟の聖母」に上の下絵を重ねてみると・・・


森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ)で今年の秋に開催される
レオナルド・ダ・ヴィンチ展」2005年9月15日(木)−11月13日(日)
益々楽しみになって来ました!!
London - Britain's National Gallery in London said Friday that a hitherto unknown drawing by Leonardo da Vinci has been discovered under the surface of a painting.

The gallery said experts using infra-red X-ray techniques found the drawing under the surface of da Vinci's painting, the Virgin of the Rocks, which hangs at the gallery.

It believes the drawing shows a woman kneeling with one arm stretched out, her eyes downcast.

Experts believe da Vinci was planning a picture of an adoration of the child Christ but abandoned the idea, said the BBC.

Da Vinci was commissioned to produce the Virgin of the Rocks painting to decorate an altar in a chapel in Milan in 1483.

The artist appears to have painted two versions. One, which now hangs in the Louvre, was probably sold to a private client, said the BBC.

The other, which hangs in the National Gallery, was placed in the chapel in 1508.

その他 | permalink | comments(9) | trackbacks(6)

この記事に対するコメント

Takさん

こんばんは!
新たになぞの下絵が発見なんですね!?
面白かったですが、ひざまずいている
絵がちょっと分からなかったです(^_^;

ロンドンのどの辺でオリンピック会場を
作るのでしょうね〜?古い街が壊される
のがちょっと心配ですね〜(/_ ;)

でも秋にダ・ヴィンチ展があるなんて
すごく楽しみです!!
Julia | 2005/07/07 12:35 AM
勉強になりました。

「岩窟の聖母」好きな作品の1つなのです。

レオナルドダヴィンチ展絶対行かなくちゃ。
かっこん | 2005/07/07 9:07 PM
@Juliaさん
こんばんは。

話題作りかもしれませんよ。
ダ・ヴィンチ・コードにも登場する絵だし、
オリンピックのこともあったし。。。
下衆のかんぐりかな。

ロンドンは会場となる場所決まっているそうです。
それよりもテロ大丈夫か心配です。
ニュースでも見ましたが
アメリカの次にターゲットになる国ですからね・・・

@かっこんさん
こんばんは。

受け売りです。全て。
(^_^;)

でも、本物を並べて観たら印象変わるでしょうね〜
観たい!!!
Tak管理人 | 2005/07/07 9:47 PM
Takさんごぶさたしてます。

宣伝のようで気が引けますがTBさせていただきました。

絵が沢山並んでいるわけではないので見た目地味な展覧会になりそうですが、興味深いものとなると思います。
ike | 2005/09/04 11:19 PM
@ikeさん
こんばんは。

TB大歓迎ですのでどうぞお気になさらずに。
と言うか、逆に大歓迎です、こういった記事でしたら。

早速私も葉書ださせていただきます。
先着順ですか、間に合うといいな〜
Tak管理人 | 2005/09/04 11:48 PM
Takさん、こんばんは。

「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に行って参りましたのでコメントさせて頂きます。(なぜかTBが出来ませんので...)

宜しければ、ご訪問くださいね!
インフォシェルジュ | 2005/10/03 11:00 PM
@インフォシェルジュさん
こんばんは。

サーバーが重いようです。
ご迷惑おかけしてます。
コメントありがとうございました。
私も丁度同じ頃文章upしました。

TB送らせていただきました!
Tak管理人 | 2005/10/04 9:48 PM
はじめまして。

Leonardo da Vinciの新作が発見されたようですね!

美しい婦人の横顔です。
「美しきプリンセスの横顔」と題された縦34センチ、横25センチの肖像画で、AFP通信によると、ミラノ公スフォルツァの娘がモデルの可能性があるらしく、チョークとインク、鉛筆で描かれ、署名はない、とのこと。科学的な分析で、Leonardoとの指紋が一致したのだそうです。

一見してすぐに、連想したのが、同じように左向きのMadoridのMuseo de Arte Thyssen-Bornemiszaに所蔵されているDomenico Ghirlandaio,の“Portrait of Giovanna Tornabuoni”。

向きは逆だが、Leonardo の“Portrait of Isabella d'Este Gonzaga”に似ていますね。
描きこんだ感じは新たに発見された「美しきプリンセスの横顔」の方がややある感じがします。
ペイ爺 | 2009/10/15 2:20 PM
@ペイ爺さん
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

今回公になったレオナルドの作品と
されるもの、海外のニュースや
紹介する動 画で拝見した限りにおいて
かなり髪の毛の細かな描写や
顔にグラデーションがあるなど
相当腕の立つ絵師に描かれたことは間違いありません。

レオナルドの指紋が出てきたのが
何だかちょっと腑に落ちない点では
ありますが、、、

Twitterで既につぶやきましたので
コメントはこの程度にとどめておきます。

後は専門家の先生のご意見を待ちましょう。
Tak管理人 | 2009/10/17 8:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
番組欄くらいしか見ない新聞を何気に見ていたら絵画の記事らしいものが・・・。   その記事の絵が ←これ   ヴィンチ村のレオナルド作/岩窟の聖母(ナショナル・ギャラリー版) です。   何故これが記事になっていたかというと赤外線でこの
岩窟の聖母 | 〜気まぐれなシナモン〜 | 2005/07/07 6:28 PM
この間は、2つの「岩窟の聖母」を取り上げましたね。今度は、2つの「聖アンナと聖母子」であります。 ルーブル所蔵のこの「聖アンナと聖母子」は、未完成で、しかも、マリアの母アンナがその膝に母子(聖母マリアとキリスト)を抱くというやや無理のある構図から
レオナルド・ダ・ヴィンチ:2つの「聖アンナと聖母子」 | 神戸阪神地域芸術文化情報 | 2005/07/09 7:08 AM
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみまし...
レオナルド・ダ・ヴィンチ展 | ブログで情報収集!Blog-Headline/travel | 2005/09/01 8:44 AM
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」で日本で初めてレスター手稿が公開されるのを記念して、レオナルドについてのシンポジウムが開かれます。昨日の朝刊にも出ていましたが、詳細は以下の通りです。    シンポジウム 「レオナルド/天才の挑戦」 毎日新聞社主催、
シンポジウム「レオナルド/天才の挑戦」のお知らせ | 池上英洋の第弐研究室 | 2005/09/04 11:10 PM
 六本木ヒルズで開催されているレオナルド=
レオナルド=ダ=ビンチ展 | シエスタ〜夢の途中で〜 | 2005/10/07 10:39 AM
 前回の続きを書こう。  3.なんでダ・ヴィンチはこんな手稿を書いたの?  僕が一番知りたかったことはここにある。 人類最高の天才の一人といわれるこの人の考えの集大成が、なぜ、このようなノートとなったのか? それが知りたかった。 なぜなら、それ