青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アルテクラシカ「茶碗に親しむ会」 | main | 「松本竣介展」 >>

『日本美術全集』発刊記念

明後日12月5日にいよいよ発売となる小学館創業90周年記念企画『日本美術全集』(全20巻)が刊行されるのを記念して、編集委員の辻惟雄先生と山下裕二先生のスペシャルトークが12月9日に開催されます。


http://www.shogakukan.co.jp/pr/nichibi/

師弟関係にあるお二人のトークが聴けることは大変貴重な機会です。

『日本美術全集』発刊記念 《スペシャル対談》
日本美術を体感する〜若冲を中心に
辻惟雄先生(MIHO MUSEUM館長・東京大学名誉教授)×山下裕二先生(明治学院大学教授)
日時:12月9日(日曜日)
 開場13時30分、開演14時
会場:丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2−4−1 丸ビル7階)


2012年12月9日(日)に開催されるこの『日本美術全集』発刊記念≪スペシャル対談≫「日本美術を体感する〜若冲を中心に」に、このブログをご覧の皆さま抽選で60名様をご招待します。(早いもの順かもしれませんよ!迷わず、善は急げすぐ応募です。!!)

・対談者:
辻惟雄(MIHO MUSEUM 館長・東京大学名誉教授)
山下裕二(明治学院大学教授)

主催:小学館・一ツ橋綜合財団

日時:
12月9日(日)
開場 13:30
開演 14:00
閉演 15:30(予定)

会場:丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)
東京駅の目の前です。

応募方法
<応募先メールアドレス>
nichibi@goo.jp

上記の専用アドレスに、
1 氏名
2 年齢
3 お住まい(市区町村まで)
4 職業
5 電話番号
を明記の上、メールでご応募ください。

締切:12月7日(金)12:00 (正午)

※ご当選者には、当日会場へお持ちいただく「ご招待メール」を、折り返しお送り致します。
※当選の皆様へは、7日(金)18:00までに「ご招待メール」をお送りいたします。
 その着信をもって当選の発表にかえさせていただきます。
『日本美術全集』発刊記念≪スペシャル対談≫事務局



辻先生と山下先生が、若冲を中心に語り尽くしてくださるという魅力的なイベントを無料で拝聴できる大チャンスです!これは申し込まない手はないでしょう〜

ご家族、お友達お誘いして是非是非!!

『日本美術全集』公式サイト。こちらも要チェックです!
http://www.shogakukan.co.jp/pr/nichibi/

『日本美術全集』全20巻
小学館創業90周年記念企画

【判型・仕組】B4判 256P 上製・函入り 各巻月報付
カラー図版口絵144P
カラー図版両観音16P
モノクロ解説ページ96P

編集委員:辻惟雄(MIHO Museum館長・東京大学名誉教授)/泉武夫(東北大学教授)/山下裕二(明治学院大学教授)/板倉聖哲(東京大学准教授)

日本美術全集の特色
・美術史、歴史学界はもちろん、日本文化に精通する専門家の叡智を結集し、最新の研究結果を紹介。日本の美術とは、日本人とは何かという根源的な問いに答えます。

・「上杉本・洛中洛外図」(狩野永徳)「動物綵絵」(伊藤若冲)など、近年の修復のめざましい成果を掲載。

・作品のすばらしさを忠実に再現するため、必要に応じて新撮影を敢行。日本中の美術写真家の膨大な成果を最大限に活用し、各作品におけるベスト画像を掲載。

・古代の縄文・弥生の造形から、現代の美術までを網羅し、時代巻とテーマ巻で立体的に構成。マンガや「現在」美術の巻を設け、これまでにない全集を実現。

・デザイン・印刷・造本に技術の粋をつくし、再現性と保存性を両立。次代への架け橋となる永久保存版。

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のULR
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3075

JUGEMテーマ:アート・デザイン


『日本美術全集』 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3075
この記事に対するトラックバック