青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 井浦新×山下裕二トークショー【山下教授の特別課外授業】 | main | 「新井淳一の布 伝統と創生」 >>

「貴婦人と一角獣展」開催

この春、フランス国立クリュニー中世美術館所蔵の至宝「貴婦人と一角獣」が日本に初めてやって来ます!(東京展会場は六本木の国立新美術館)


フランス国立クリュニー中世美術館所蔵「貴婦人と一角獣展」

展覧会公式サイト:http://www.lady-unicorn.jp/
国立新美術館ウェブサイト:http://www.nact.jp/

西暦1500年頃の制作とされる6面の連作タピスリーは、千花文様(ミルフルール)が21世紀の今でも色鮮やかに輝いて見えます。現地で対峙した時に身震いしつつも、味わったことのない感覚に全身が包まれました。

パリ5区モンジュ通りにあるクリュニー中世美術館

「貴婦人と一角獣」6面の連作タピスリー大作のうち5面は、「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」と人間の五感を表わしているそうです。


タピスリー《貴婦人と一角獣「触覚」》1500年頃
羊毛、絹
フランス国立クリュニー中世美術館蔵
©RMN-Grand Palais / Franck Raux / Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom


タピスリー《貴婦人と一角獣「味覚」》1500年頃
羊毛、絹
フランス国立クリュニー中世美術館蔵
©RMN-Grand Palais / Franck Raux / Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom


タピスリー《貴婦人と一角獣「嗅覚」》1500年頃
羊毛、絹
フランス国立クリュニー中世美術館蔵
©RMN-Grand Palais / Franck Raux / Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom


タピスリー《貴婦人と一角獣「聴覚」》1500年頃
羊毛、絹
フランス国立クリュニー中世美術館蔵
©RMN-Grand Palais / Franck Raux / Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom


タピスリー《貴婦人と一角獣「視覚」》1500年頃
羊毛、絹
フランス国立クリュニー中世美術館蔵
©RMN-Grand Palais / Franck Raux / Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom

残る1面「我が唯一の望み」が何を意味するかについては、“愛”“知性”“結婚”など諸説あり、いまだ謎に包まれています。こういうものは謎のままが良かったりもします。


タピスリー《貴婦人と一角獣「我が唯一の望み」》1500年頃
羊毛、絹
フランス国立クリュニー中世美術館蔵
©RMN-Grand Palais / Franck Raux / Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom

※「画像写真の無断転載を禁じます」

以前小池寿子先生や池上英洋先生にインタビューした際、お勧めの美術館をお聞きしたところ、お二人ともこのクリュニー中世美術館をあげていらっしゃいました。美の専門家が絶賛するだけのことあり訪れて損はありません。

『美術史家に聞く』第一回:小池寿子先生
『美術史家に聞く』第二回:池上英洋先生

2010年に自分が訪れた時に撮影してきた展示空間の様子です。
「貴婦人と一角獣」の画像はそれぞれクリックで拡大します


地元の小学生たちが「貴婦人と一角獣」の前で先生と楽しそうに会話繰り広げている姿の何とも羨ましいこと。

想像している以上に巨大な作品なのです。
これが国立新美術館でどのように展示されるのか、今から待ち遠しいですね。

「貴婦人と一角獣」が、フランス国外に貸し出されたのは過去にただ一度だけ、1974年のことで、アメリカのメトロポリタン美術館でした。本展は、この中世ヨーロッパ美術の最高傑作の誉れ高い《貴婦人と一角獣》連作の6面すべてを日本で初めて公開するもので、タピスリーに描かれた貴婦人や動植物などのモティーフを、関連する彫刻、装身具、ステンドグラスなどで読みといていきます。

クリュニー中世美術館の珠玉のコレクションから厳選された約40点を通して、中世ヨーロッパに花開いた華麗で典雅な美の世界を紹介します。


貴婦人と一角獣展」(東京展) 
会期:2013年4月24日(水)〜7月15日(月・祝)
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木)
   http://www.nact.jp/
主催: 国立新美術館、フランス国立クリュニー中世美術館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト:http://www.lady-unicorn.jp/

こちらも要チェックです!
「貴婦人と一角獣展」 記者発表会 - はろるど

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3123

JUGEMテーマ:アート・デザイン


展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3123
この記事に対するトラックバック