青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ラファエロ、若冲、応挙、ベーコン、ミュシャにルーベンス。 | main | 「ミュシャ展」 >>

美術館・博物館展示ケース国内シェアナンバーワンはあの会社だった!

美術館・博物館の展示ケースの国内シェアナンバー1の会社の名前ご存知ですか?

専門のメーカーさんがあるのかと思いきや…意外や意外、何と文具メーカーの「コクヨ」なんです!コクヨのCampusノートやカドケシ(「とびだせどうぶつの森」ではコラボ家具として登場しますよね)は誰しもが必ず一度は使ったことがあるはずです。

コクヨのサイトを見ても、美術館の展示ケースのことなどどこにも載っていないようなのですが…

「コクヨ 展示ケース 美術館」で検索してみるとちゃんと専用サイトがヒットします。「美術館 展示ケース|美術館・博物館の展示ケースならコクヨのテオリア


従来の常識を超えた最新のミュージアムケース「THEORiA(テオリア)」
http://www.e-theoria.com/

この特設サイトは単に商品の紹介だけでなく、美術ファン必見の情報の宝庫なのです。一日中見ていても飽きることない充実したコンテンツ満載です。


ミュージアムレポートを読んでから美術館に行けば、これまでの何倍も楽しむこと間違いなし!まとめて一冊の本にしても確実に売れます。これ。

雑誌のマンネリ化したミュージアム特集に飽き飽きした方でも、十分満足できる目から鱗の情報で満ち溢れています。

コクヨファニチャーの展示ケース設計部署MUSEUM TEAMと協力工場のエンジニアたちを取り上げた「THEORiAを支える匠レポート
美術品や歴史的価値の高い品物を展示する展示ケースには、モノを美しく「見せる」ことと、モノを劣化させず「守ること」の二律背反する課題が常に課せられています。
いつも特に気にすることのない展示ケースの陰のの立役者ぶりがよ〜く分かります。

次からコクヨファニチャーの展示ケースが導入された美術館・博物館に出かける大きな楽しみがひとつ増えます。そしてこれまで見過ごしていた部分にも目を配ることでより一層ミュージアム通いが病みつきになるはずです。

ブックマークしておきましょう!
http://www.e-theoria.com/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3170

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3170
この記事に対するトラックバック