青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「Paris、パリ、巴里」 | main | 『アイテムで読み解く西洋名画』 >>

「国宝 大神社展」ブロガー内覧会開催!

東京国立博物館で開催中の今、話題の展覧会「国宝 大神社展」のブロガー内覧会が開催されることが決定しました!

「国宝 大神社展」レビュー



日本の名立たる神社から秘宝中の秘宝が、上野、東京国立博物館・平成館に大集結!10月の出雲大社さながらの「神有月」状態となっています。

普段比較的冷静な在華坊 (zaikabou)さんですら、「国宝 大神社展」を観た後は興奮しっぱなし。

@zaikabou: 『大神社展』鹿島神宮の直刀と、日御碕神社の白糸威鎧と、 厳島神社の平家納経と、石上神宮の七支刀と、香取神宮の海獣葡萄鏡と、みんなおんなじ部屋に置いてあって、ちょw いいのこれw って感じだった…。中には拝み出す人まで ...


「国宝 白糸威鎧」島根・日御碕神社 展示風景

そりゃ、拝むさ、これだけの名宝が一堂に集結しているのだから。お寺と違い神社のこうしたお宝、まず滅多に見られる機会ないですからね。

この超貴重な(今後あり得ない)「大神社展」をもっともっと多くの方に知って頂けるよう、「ブロガー内覧会」を開催するそうです!

神社、歴史、アート、博物館・美術館巡りに関心をおもちのブロガーの皆様の中から、抽選で50名様をご招待。神社パワーを実感し、まだこの展覧会を知らな方々にアピールして下さい!

大神社展 ブロガー内覧会」実施概要

日時:平成25(2013)年4月23日(火)
17:30 受付開始
18:00 内覧会開始
18:15 ギャラリートーク 嵜斉擦離襦璽帖考古を探る」(考古研究員 井上洋一)
18:45 ギャラリートーク◆嵜世録佑妨たてられた!?」(彫刻史研究員 丸山士郎)
20:00 終了

【参加特典】
1.東京国立博物館の彫刻史と考古の研究員によるギャラリートークを実施!
2.ご参加の皆様だけの、閉館後の内覧会です。日本全国の神社ゆかりの文化財をじっくりとご鑑賞いただけます!
3.音声ガイド(通常500円)も無料でお貸し出しします!
プラス:会場風景写真撮影可(作品単体での撮影は出来ません)


「春日大社の古神宝」展示風景

【参加条件】
神社、歴史、アート、博物館・美術館巡りに関心をおもちのブロガーの方で、ブログ内で本展覧会をご紹介いただける方。

※申込方法:件名に「大神社展ブロガー内覧会」
本文に 1.お名前 2.メールアドレス 3.電話番号 4.ご自身のブログタイトルとアドレス 以上を明記の上、miyazaki@i-and-you-co.com までメールにてご応募ください。
抽選で50名様をご招待いたします。

※申込締切:平成25(2013)年4月21日(日) 午後11時59分

※当選された方にはメールで平成25(2013)年4月22日(月)午後6時までに、ご招待状をお送りいたします。

青い日記帳を見た」と書いて頂けると嬉しいです。

【ご注意】
※当日の会場撮影は、展覧会紹介を目的とした「展示風景」の撮影に限らせていただきます。
作品単体での撮影は出来ません。
単体作品の画像は、会場受付にて貸出しのお申し込みを承ります。

※記載事項に不備がある場合、ブログの内容が不適切と判断される場合は、ご参加をお断りすることがございます。

詳細は「国宝 大神社展」公式サイトで!


「国宝 家津美御子大神坐像」和歌山・熊野速玉大社 展示風景

NHKの以下の番組でも今後放送予定があります。

日曜美術館
平成25(2013)年4月28日(日) 午前9時〜 【Eテレ】
再) 平成25(2013)年5月5日(日・祝) 午後8時〜 【Eテレ】

熊野三山を訪ね、自然の中で育まれた信仰や皇室や貴族から奉納された宝物などを紹介する。また祭礼における神輿(和歌山・鞆淵八幡神社)や装束等(山形・黒川能)を通じ、人々の祈りの美を探る。
出演:東儀秀樹(雅楽師) ほか
司会:井浦新、伊東敏恵

新日本風土記スペシャル 山あり谷あり神様あり
平成25(2013)年4月29日(月・祝) 午後1時15分〜 【総合】

全国各地で信仰されている神と、神に対する人々の営みを紹介する。出雲・須佐神社に伝わる”ヤマタノオロチの骨”や、長野県・上高地に伝わる“河童”の掛け軸など、特色ある地域信仰を通じて厳しい生活の中で育まれた人々の祈りに迫る。



混雑必至の展覧会です。ブログお持ちでない方も、なるべく早めに(そして必ず!)ご覧になられること強くおススメします。


国宝 大神社展

会期:2013年4月9日(火) 〜 2013年6月2日(日)
会場:東京国立博物館 平成館(上野公園)
http://www.tnm.jp/
開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日は20:00まで、土・日・祝・休日は18:00まで開館)
休館日:月曜日(ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館、5月7日(火)は休館)
主催:東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション
特別協力:神社本庁
協力:千年の森フォーラム
協賛:あいおいニッセイ同和損保、大日本印刷、トヨタ自動車 、三菱商事

展覧会公式サイト:
http://daijinja.jp/

「国宝 大神社展」レビュー

注:展示会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3208

JUGEMテーマ:アート・デザイン


日本人は古来、自然のなかに人知を超えたものを感じ、山、岩、木など自然物の中に神を見出し、畏れ敬ってきました。やがて神々を祀る神社が建てられ、祭神の調度品である神宝や、祭神の姿をあらわした神像などがつくられました。神社は、神聖な場所として尊崇され、神像や宝物が大切に守り伝えられてきました。 この展覧会は、伊勢神宮の第62回式年遷宮を機に、神社本庁をはじめ、日本全国の神社の全面的な協力を得て、神社の宝物や日本の神々に関する文化財を総合的にご覧いただく、貴重な機会となります。
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3208
この記事に対するトラックバック