青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初音ミクカフェに行ってきた。 | main | NIKKEI プラス1「カフェも楽しめる美術館」 >>

特別展「深海」の前売券に海洋堂製作ダイオウイカフィギュアが付いてくる!

上野、国立科学博物館で開催される特別展「深海−挑戦の歩みと驚異の生きものたち−The DEEP」の前売りチケットに海洋堂製作ダイオウイカフィギュアが付いてきます。


特別展「深海」公式サイト
http://deep-sea.jp/

Tickets  ダイオウイカストラップ付 前売券


「ダイオウイカストラップ付 前売券」

1枚 1,500円 (※限定3,000枚)

伝説の巨大イカ「ダイオウイカ」が宿敵「マッコウクジラ」と戦っている姿を再現した海洋堂製作 フィギュアが、本展開催に合わせてストラップになって登場!

そのストラップをセットにした前売券(1枚1,500円)を、限定3000枚で5月1日(水)から販売します。(ストラップは、会期中に特別展ショップでの引き換えとなります。)

売切れ次第販売終了とのこと。これは激戦必至。

「深海展」チケットに関してはこちらでチェック

5月1日(水)前売券 販売開始

《おもなチケット販売所》

・チケットぴあ (Pコード=前売・当日:988-249、ストラップ付前売:988-250)
・ローソンチケット (Lコード=32000)
・セブン‐イレブン (セブンコード=023-189)
・イープラス ほか、主要プレイガイド


特別展「深海」会場MAP(クリックで拡大)

「深海展」5つの見どころ

1:潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型
2:約300点の深海生物の標本を展示する「深海生物図鑑」
3:全長約5メートルのダイオウイカの標本
4:厳しい環境に適応するユニークな生物の生態解説
5:ダイオウイカなどを迫力の映像で見る深海シアター



特別展「深海」—挑戦の歩みと驚異の生きものたち— 〜 The deep 〜

開催期間:2013年7月6日(土)〜10月6日(日)
会場:国立科学博物館(東京、上野公園)
http://www.kahaku.go.jp/
開館時間:午前9時〜午後5時(金曜日は午後8時まで)
※入館は各閉館時刻の30分前まで
※夏休み特別開館延長 8月10日(土)〜18日(日)
午前9時〜午後6時 ただし、8月16日(金)は午後8時まで
(入館は各閉館時刻の30分前まで)
休館日:7月8日(月)、16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)
主催:国立科学博物館、海洋研究開発機構、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション
後援:文部科学省
公式ホームページ http://deep-sea.jp/


深海 地球で一番大きな博物館

そして!

NHKスペシャル「シリーズ 深海の巨大生物」も2013年7月に放映決定!


未知なるフロンティア「深海」。地球の海の8割は深海が占めているが、不思議な形の生き物や新種の生き物が暮らす生態系は今も謎だらけだ。潜水艇の登場により、科学者が深海に潜り、観察・研究ができるようになって、まだ50年しかたっていない。
このシリーズは、日本の代表的な深海を舞台に、最新鋭の有人潜水艇や最先端の科学技術を駆使して、神秘的な深海の生態系に迫ろうというもの。2夜連続、2回シリーズとして深海の秘密に迫る。


第1回「伝説のイカを育むオアシス」
第2回「謎の海底サメ王国」


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3219

JUGEMテーマ:アート・デザイン


「深海は宇宙とともに人類にのこされた最後のフロンティア」だといわれています。深海は、宇宙よりもはるかに身近なところに広がっているにも関わらず、未だ多くの謎を残したままの世界です。本展では、この半世紀に飛躍的に増加しつつある深海に関する情報を、主に生物に焦点をあて最新の研究成果をもとに紹介します。本展を通じ、人類がいかに深海に挑戦し、どのようなことがわかってきたのか,そして今後どのように開発しようとするのかとともに深海の環境や生物多様性を保全していくべきかなどについて、多くの方々に理解を深めていただく契機となれば幸いです。
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3219
この記事に対するトラックバック