青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「夏目漱石の美術世界展」チケットプレゼント | main | 『日本美術全集 13 宗達・光琳と桂離宮』 >>

「祭礼絵巻にみる日本のこころ」が開催されます。

國學院大學では平成17年度から「学びへの誘い」と題して所有する学術資産の内から、古典籍を中心に展示会を開催
しています。

今年(2013年)は「祭礼絵巻にみる日本のこころ」というテーマで6月札幌・7月渋谷、9月新潟・長野の4か所で開催されます。


祭礼絵巻にみる日本のこころ

札幌 http://www.kokugakuin.ac.jp/event/manabi13_1.html
渋谷 http://www.kokugakuin.ac.jp/event/manabi13_4.html
新潟 http://www.kokugakuin.ac.jp/event/manabi13_2.html
長野 http://www.kokugakuin.ac.jp/event/manabi13_3.html

【主な展示資料】
『日本書紀』三嶋本、『賀茂祭草子』、『年中行事絵巻』、『祇園祭礼絵巻』、『日光祭礼絵巻』、『和歌浦御祭礼御渡絵巻』

渋谷キャンパス國學院大學博物館で開催される初日、7月13日(土)午後2時からブログ、facebook 等で「祭礼絵巻にみる日本のこころ」展や國學院大學博物館を紹介いただける方を募集しています。

学びへの誘い(渋谷) ブロガー内覧会

【実施概要】
2013年7月13日(土) 14:00〜15:30(90分)
  13:30 受付開始
  14:00 ミュージアムトーク 加瀬直弥神道文化学部准教授(30分)
    ※館内鑑賞
  15:30 内覧会終了

参加条件:神社仏閣、歴史、芸術、博物館・美術館巡りに関心をおもちのブロガーの方で、ブログやfacebook等で本企画展ならびに博物館をご紹介いただける方。

申込方法:下記、広報課へのお問い合わせフォームの「詳細をご入力ください」の部分に、必要事項をを明記して、ご応募ください。
(「青い日記帳を見た」と書いてくれると嬉しいです。)

定員:20名
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

申込締切:平成25(2013)年7月3日(水) 午後11時59分
※当選された方にはメールで平成25(2013)年7月5日(金)午後5時までにご招待状をお送りいたします。

ご注意
・当日の会場撮影は、展示会ならびに博物館の紹介を目的とした「展示風景」の撮影に限らせていただきます。
・作品単体での撮影は出来ません。
・記載事項に不備がある場合、ブログの内容が不適切と判断される場合は、ご参加をお断りすることがございます。

参加費:無料

「祭礼絵巻にみる日本のこころー國學院大學学びへの誘いー(渋谷)」ブロガー内覧会


國學院大學博物館
(國學院大學渋谷キャンパス学術メディアセンター地下1階)

お時間ある方是非是非!!

 伝統的な日本の祭礼は、古今を問わず、季節の訪れや地域の特色を感じさせるできごとです。それは、祭礼という場での最善の用意や立ち居振る舞いに、人々が惹きつけられてきたからでしょう。事実、身なりを整えた人々が多く列をなし、神のもとへと向かう、あるいは、巡り行く神に付き添う様子は、古くから注目を集めてきました。そして、その様子は、祭礼に携わる人のための記録として、また、文学作品や絵画などの芸術として、後世に伝えられています。今回の「祭礼絵巻にみる日本のこころ」では、そのようにして伝わった絵巻を中心とする品々を展示します。
 本展示は、京の賀茂祭(葵祭)や、祇園祭、東照宮の祭礼など人々が関心を寄せてきたいきさつが分かる祭礼をとりあげています。賀茂祭は、下鴨・上賀茂両神社での祭儀もさることながら、平安京内より神社に向かう、天皇の使たちに注目が集まるところが特徴で、平安時代中期には、その行列の見物自体がひとつの行事となりました。八坂神社(旧称祇園社)で疫病鎮めのために行なわれる祇園祭は、平安中期以来の神輿行列が軸となり、中世以降は、京に住む人々が豪華絢爛に姿を整えた山鉾巡行が組み合わさり成り立っています。東照宮の祭礼は対照的なものを選び展示します。一つは、神となった徳川家康の神輿が、多数の武士の護衛のもと、厳粛に創建時の行路をたどる日光の例祭(千人行列)、もう一つは、町人参加のもとで、意趣を凝らしたさまざまな出し物が、家康の神輿にしたがって繰り出される紀州東照宮の和歌祭です。これらの祭礼からは、人々の意識の高まりがその祭礼の特色を織りなしていることが読み取れます。
 このほか、本展示では、日本の祭礼の全体的な特徴や、その他の歴史的特色ある祭礼を関連する品々から紹介します。祭礼に宿る日本のこころを思い描いてみてはいかがでしょうか。



【特別展】生誕140年記念 川合玉堂―日本のふるさと・日本のこころ―

國學院大学の近くにある山種美術館では、ちょうど「川合玉堂展」を開催しています。「祭礼絵巻にみる日本のこころ」展と併せて是非!!

http://www.yamatane-museum.jp/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3261

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3261
この記事に対するトラックバック