青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「わたし超スキッ!! 草間彌生」 | main | 「時代を作った技−中世の生産革命−」内覧会ご招待。 >>

「川合玉堂展」

山種美術館で開催中の
「生誕140年記念 川合玉堂 ―日本のふるさと・日本のこころ―」展に行って来ました。


http://www.yamatane-museum.jp/

川合玉堂(かわい・ぎょくどう)の名を聞いて作品は頭に浮かんでも、どんな人物だったのか、またいつ頃活躍した画家なのか、中々すぐには思い出せません。

日本画の展覧会で名前はよく目にするけれど、一体どんな画家だったのか実は自分もほとんど詳しいことは知らずに今まで来てしまいました。

愛知生まれ岐阜育ちということで、東海地方や関西方面では「川合玉堂展」開催されること多いようですが、東京だと自分の記憶を辿ってみても、玉堂展拝見した覚えがありません。

それもそのはず、展覧会履歴を図録で確認したろころ、都内の美術館・博物館で玉堂展が開催されたのは今から30年以上も前のことでした。因みに山種美術館では1968年に「玉堂 川合玉堂その人と芸術」展を開催したようです。


「第2章:玉堂をめぐる日本の原風景」展示風景

名前は知っているけど、作品をまとめて観たことのない作家さんて意外と多いかもしれません。全く知らない作家さんを「再発見」することに勝るとも劣らぬ魅力が今回の「川合玉堂展」で感じることが出来ました。

今年生誕140年を迎える、川合玉堂(1873-1957)について簡単にご紹介。

愛知に生まれた玉堂は、14歳で京都の円山四条派の望月玉泉(もちづきぎょくせん)や幸野楳嶺(こうのばいれい)の元で本格的に日本画を学んだ後、上京し橋本雅邦(はしもとがほう)に師事。

狩野派、琳派や南画そして中国絵画等さまざまな古画を研究し、技法を自分のものへしつつ、晩年は日本の自然を情趣深く描いた独自の境地へ。


瀑布」明治42年頃 玉堂美術館蔵
二日月」明治40年 国立近代美術館蔵
紅白梅」大正8年  玉堂美術館

円山応挙や同時代の円山派の絵師・山元春挙が描いた瀧図に通ずる「瀑布」(玉堂作品にしては珍しく人物が登場しません)

輪郭線を用いず墨の濃淡だけで表す没骨法と皴法を同じ画面に用い、円山派と狩野派の融合を試みた、玉堂作品のターニングポイントとなる「二日月」(月明かりが金で表現されているの要チェックです!)

そして、琳派とりわけ尾形光琳の「紅白梅図屏風」を強く意識して描いたであろう「紅白梅

展覧会を拝見しながら、どんな技法もそつなくこなし自分の作品にしてしまう玉堂の振り幅の広さにびっくり仰天。あまりにも器用に何でもこなしてしまうので、かえって損をしているのではないかと思わせるほど巧みです。


川合玉堂 《氷上(スケート)》1953(昭和28)年 紙本・彩色
山種美術館

振り幅の広さはこんな作品を描いちゃうところからも見て取れます。

75歳頃に描いたとは思えませんよね〜円山四条派、琳派、狩野派etc…いずれも身に付けた玉堂だからこそ描けた一枚なのかもしれません。(そういえば、肩のラインが宗達の生理的曲線に。。。)

展覧会の構成は以下の通りです。

第1章:研鑽の時代(青年期から壮年期へ)
第2章:玉堂をめぐる日本の原風景
第3章:玉堂のまなざし
-1 余技の楽しみ
-2 松竹梅
-3 動物をいつくしむ


初公開となる画帳や書や陶器の絵付けなども加え、川合玉堂の作品を網羅的に観ることの出来るとてもまとまりのある回顧展です。

名前は知っていたけど、川合玉堂ってこんなに様々な絵を描いていたとは思いもしませんでした。やっぱり展覧会って行ってみないと分からないものですよね。良さ。

そうそう、この2点の鵜飼を描いた作品の「鵜飼い火」の表現の違いに個人的に注目してきました。


川合玉堂 《鵜飼》1895(明治28)年 絹本・彩色
山種美術館

拡大




川合玉堂 《鵜飼》1939(昭和14年)頃 絹本・彩色
山種美術館

拡大



明治28年、玉堂が弱冠21歳で描いた一枚目の「鵜飼」の火は、赤く塗られていました。(黄口朱という顔料に胡粉も使用しているそうです。)一方、昭和14年、66歳の頃に描いた「鵜飼い火」は金色で表現されています。

故郷、岐阜県長良川の鵜飼いを生涯描き続けた玉堂ですが、モチーフは同じでも何か新たなことにチャレンジしようという気概は還暦を過ぎても尚、まだ画家魂として燃えさかっていたようです。


川合玉堂「写生画巻 花鳥 15歳写生」明治21年
玉堂美術館蔵

15歳の少年が描いたとは到底信じられぬ程、対象物の特徴を正確に捉えた描写力です。スゴイ!この他にも玉堂美術館所蔵の初公開となる「写生帳」が覗きケースに展示されています。

1957(昭和32)年、玉堂の訃報に接した日本画家・鏑木清方が「日本の自然が、日本の山河がなくなってしまったように思う」と嘆いたというのも納得がいきます。

「川合玉堂展」は8月4日までです。これは行くべし。

ゴメン今までちゃんと観てなくて。日本画奥が深いです。


【特別展】 生誕140年記念 川合玉堂 ―日本のふるさと・日本のこころ―

会期:2013年6月8日(土)〜8月4日(日)【50日間】
〔一部展示替 前期:6/8〜7/7 後期:7/9〜8/4〕
会場:山種美術館(東京都渋谷区広尾 3-12-36)  
http://www.yamatane-museum.jp/
主催:山種美術館、朝日新聞社

注:会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。


特別展「生誕140年記念 川合玉堂―日本のふるさと・日本のこころ―」オリジナル和菓子

和菓子は、青山の老舗菓匠「菊家」に特別にオーダーした「Cafe 椿」オリジナルです。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3264

JUGEMテーマ:アート・デザイン


2013(平成25)年は、日本の自然や風物を詩情豊かに表現し、今も多くの人々を魅了し続ける日本画家・川合玉堂(1873-1957)の生誕140年にあたります。この節目の年に、当館所蔵の71点の玉堂作品を中心に他館からも代表的な作品を借用し、玉堂の画業全体を振り返る展覧会を開催いたします。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
今日から開催された&nbsp;生誕140年記念 川合玉堂展ー日本のふるさと・日本のこころー@山種美術館に行ってきました。川合玉堂と山崎種二は親交があり多くの作品を所蔵するも今回は玉堂美術館、東京国立近代美術館などから借りた作品も展示されています。前期後期
生誕140年記念 川合玉堂展 | Star Prince JUGEM | 2013/06/11 8:52 PM
恵比寿 chariot 恵比寿の山種美術館では特別展、生誕140年記念、「川合玉堂―日本のふるさと ・日本のこころ―」展が開かれています。 会期は8月4日(日)までです。 7月7日までの前期と7月9日からの後期...
 久しぶりの玉堂展である。チラシのビジュアルは《早乙女》 昭和20年、山種美術館蔵の部分図。私もよく覚えている懐かしい田植えの情景である。  今までには、1994年12月に玉堂美術館を訪れ、2007年3月に日本橋高島屋で「川合玉堂展」、2008年9月に講談社野間記念
生誕140年記念 川合玉堂 @山種美術館 | Art & Bell by Tora | 2013/06/19 9:57 PM