青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「和様の書」 | main | ミュージアムごはん 三菱一号館美術館編 >>

「エヴァンゲリオン展」

松屋銀座8階イベントスクエアで開催中の
「エヴァンゲリオン展」に行って来ました。


http://www.asahi.com/event/evangelion/

意外なことかもしれませんが、エヴァンゲリオン作品を紹介する展覧会は今回が初の開催となります。

1995年に初めてテレビ放映されてから、2007年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、昨年(2012年)「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に至るまでかれこれ20年近くエヴァシリーズは続き、そして今後もまだまだこの人気は衰えることないでしょう。

謎解きの要素も強いストーリー展開により、新たな作品が公開されるたびにファン層を拡大しているアニメ作品としては稀有な作品です。

さて、「エヴァンゲリオン展」の内覧会にお邪魔してきたので、会場の様子をご紹介しますね。


松屋銀座8階へはこのエレベーターで参りましょう!


足腰に自信のある方、または運動不足気味の方は迷わず階段で。


「5枚セット券」(5000円)半券の絵柄が全て違うチケット。
(1枚でよいのについ5枚セットを買いたくなる罠)


「エヴァンゲリオン展」会場入口


エントリープラグ内のL.C.Lに浸かっている感覚に。
(小学校のプールの時間、消毒液に浸かったことを何故か思い出しつつ先へ進みます)

「エヴァンゲリオン展」の会場構成は以下の通りです。

第1章:エヴァンゲリオンの歴史
第2章:エヴァンゲリオンができるまで
第3章:エヴァンゲリオンの設定
第4章:原画で観る「エヴァンゲリヲン新劇場版」
EVANGELION STORE GINZA



手前にあるのは「ネルフ本部発令所 レイアウト検討模型


「新世紀エヴァンゲリオン」コミックス(角川書店刊)
漫画:貞本善行 原作:カラー・GAINAX

貞本エヴァの原画がずらり。しかも美味しいシーンばかり。


「第2章:エヴァンゲリオンができるまで」展示風景

「新劇場版:破」第8使徒の迎撃シーン(シンジ、レイ、アスカの3人がそれぞれエヴァで空から飛来する使徒を殲滅する迫力のシーン)で実際に使用された、イメージボード、レイアウト(風景)、原画、動画など約1000点の資料を展示。


わずか5分ほどのシーンを作る為に、膨大な資料とクリエーターたちの努力がそこにはあるのです。

この資料の先に、実際の映像も巨大スクリーンで流されています。はじめてエヴァを観る人でも、熱い「ものづくりの現場」を体感出来るはずです。


「第3章:エヴァンゲリオンの設定」展示風景

約50点の設定画(キャラクターやエヴァ機)が「アヤナミレイ(仮称)」等身大フィギュアを取り囲むように展示されています。


「アヤナミレイ(仮称)」等身大フィギュア

展覧会で仏像を鑑賞するかのように、ぐるりと360度しっかり回転しながら凝視。


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に登場した不気味な姿のエヴァ機や、ヴィレの艦艇「AAA ヴンダー」の設定画や作画参考模型も展示されています。


第4章:原画で観る「エヴァンゲリヲン新劇場版」 展示風景

こうしてあらためて会場全体を見ると、松屋銀座の展示スペースの無機質な天井が、展覧会の雰囲気に妙にマッチしていますね。


エヴァ疑似シン化第2形態(通称 光の巨人)
イメージボード兼設定 決定稿
前田真宏


真っ黒な壁に囲まれた円形の展示スペースには、エヴァンゲリヲン新劇場版に登場した使途たちを描いた原画が展示されています。



レイアウト、原画、動画などに関する約1000点もの資料や劇場版名場面約300点のオリジナル原画が、これでもか〜とまさかの物量作戦で待ち構えています。

1時間じゃ全然時間足りません。初日だけで5000人もの来場者があったそうです。なるべく空いている時間帯を狙って、じっくり時間をかけて観たいものです。

そして、会場の外にも「使途」は待ちうけています。

EVANGELION STORE GINZA

10日から売り場を拡張して商品数もぐんと増やすとのこと。


しかし、会場&数量限定の「アヤナミレイ(仮称)フィギュア」が売り切れてしまうか心配でもあります。

会場入口付近には特設LAWSON(ローソン)も!

会場内は撮影禁止ですが、こうした撮影スポットが用意されているのは嬉しいですね。

福岡、名古屋、大阪、横浜…「エヴァ展」巡回情報はこちら

女優の加藤夏希さんも大感激の「エヴァンゲリオン展」は8月26日までです。


「エヴァンゲリオン展」

会期:2013年8月7日(水)〜8月26日(月) 
開館時間:午前10時〜午後8時
(最終日は午後5時閉場・入場は閉場の30分前まで)
主催:朝日新聞社、日本テレビ
協賛:サンエムカラー
監修:庵野秀明、カラー
会場デザイン:祖父江慎
公式サイト
http://www.asahi.com/event/evangelion
twitter
https://twitter.com/eva_exhibition
Facebook
https://www.facebook.com/evangelionExhibition

注:会場の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。
「エヴァンゲリオン展」松屋銀座 ©カラー


<エヴァンゲリオン展開催記念>松屋ポイントカード

2013年8月7日(水)から「エヴァンゲリオン展」開催を記念して、松屋銀座外観とエヴァンゲリオン初号機をモチーフとした「松屋ポイントカード」を8階特設カウンターにて発行。5000枚限定。


エヴァンゲリオン展 チャリティーピンバッジ

第一弾:8月7日(水)−26日(月)
第二弾:8月14日(水)−26日(月)
※どちらも数量限定、なくなり次第終了
1階正面口、京橋口ほか/1個300円
松屋銀座限定のチャリティーピンバッジです。収益の全額を東日本大震災被災地の子どもたちを支援する財団法人 児童健全育成推進財団へ寄付。


そして!刀剣の里、岡山の備前長船刀剣博物館で開催され大好評を得た「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」がいよいよ東京へ巡回して来ます!


ヱヴァンゲリヲンと日本刀展
開催期間:2013年11月23日(土)〜12月23日(月・祝)
開催場所:東京、上野の森美術館

こちらも要チェックです!!

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3323

JUGEMテーマ:アート・デザイン


作品総数1300点=史上初。
大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かす初めての本格的な作品展です。「エヴァンゲリオン」は1995年にテレビシリーズの放映が始まり、2007年からは長編アニメーション映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズがスタート、新たなファンを獲得しました。第1部「序」、第2部「破」に続き、昨秋公開された第3部「Q」では、さらに進化した映像表現とファンの予想を超えるストーリー展開が話題となり、最終的に動員380万人、興収52億円を超す記録的なヒットとなりました。

生原画300点を初公開!!
総監督の庵野秀明氏および製作会社のカラーが監修する本展では、「新劇場版」シリーズ最新作を含む貴重な生原画や設定資料約300点を初公開。碇シンジや綾波レイら人気キャラクターや壮大なスケールの物語を鮮やかに振り返ります。さらには、画コンテやレイアウト、原画や動画など1000点を超える膨大な資料で最先端の映像が生み出される過程を丁寧にひもときます。また、テレビシリーズのセル画や貞本義行氏が描いた漫画の複製原稿も展示し、作品の誕生から現在までの歴史も紹介します。完結編となる第4部「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開に先立ち、ファン待望の展覧会が幕を開けます。

展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
「エヴァンゲリオン展」東京展 松屋銀座8階イベントスペース 2013.8.7-8.26アニメとしてのエヴァンゲリオンに焦点を絞った本格的なエヴァ展。TVシリーズのセル画、貞本エヴァの漫画複製原画、新劇場版の各種設定資料、生原画などで構成され、アニメーションとしてエヴ
エヴァンゲリオン展@松屋銀座 | アトリエ・リュス | 2013/08/08 10:14 PM