青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「エヴァンゲリオン展」 | main | 東芝LED@ルーヴル美術館 >>

ミュージアムごはん 三菱一号館美術館編

美術館、博物館にお勤めの学芸員さんやスタッフさんに、ランチで利用しているお店や仕事帰りに立ち寄っているミュージアム近隣の美味しいお店を紹介して頂く新企画「ミュージアムごはん」

「ミュージアムごはん」とは?


http://mimt.jp/


まず、第一弾として東京の玄関口として、昨年(2012年)駅舎の復元工事を終え100年前の東京駅の開業当初の姿を取り戻した東京駅丸の内口に位置する三菱一号館美術館さんの「ミュージアムごはん」を伺って来ました!

はじめは、三菱一号館美術館の副室長の服部さんがランチによく行くお店をご紹介。


店名:ムードボード (mood board)
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 3F
営業時間:LUNCH
11:00〜15:00
※土・日・祝は15:00〜cafe営業
DINNER
[月〜木]
17:00〜23:00(L.O.22:00) 
[金]
17:00〜翌2:00(L.O.翌1:00) 
[土・日・祝]
17:00〜23:00(L.O.22:00)
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
食べログを見る

「ランチプレートに10種類以上のパン食べ放題、ドリンク飲み放題でとてもお得なお店です。夜はお酒の種類も豊富で食べ物だと野菜が新鮮で美味しいです。定員さんもとても親切で、カーテンで仕切り個室も作れるので、歓送迎会にも使ったりします。」

店名:伊勢廣 帝劇店
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル B1F
営業時間:月〜金11:30〜13:30(L.O.13:00)
月〜金17:00〜21:00(L.O.20:30)
土 17:00〜20:30(L.O.19:45)
定休日:土曜日昼・日・祝
食べログを見る

「砂肝、団子、ももで構成された『焼き鳥重』は鳥スープ付きで1000円とお得。お勧めの食べ方は、七味と山椒をよく混ぜて、付けて食べる!スープとお重との相性は抜群です。ガッツリ食べたい時はここです。」


店名:中国料理 小花
住所:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル B1F
営業時間:ランチ 11:00〜14:00
ディナー 17:00〜22:00(L.O.21:00)
ランチ営業
定休日:土・日・祝
食べログを見る

「チャーシューメンをよくここで食べます。元々はまかないメニューだった夏季限定の冷やし排骨麺や、冬季限定の牡蠣蕎麦は絶品です。また絶妙な半熟玉子が何と言ってもおススメです。夜は中華料理店の中に寿司カウンターが出現し、寿司バーにもなります。」

旧パウリスタというお店で、現在のおかみさんのお婆さんは関東大震災の際に炊き出しをし、食べ物をふるまったそうです。東日本大震災でもその志は健在で、やはり無償でおにぎりをふるまってくれました。

※この調子で紹介していると、大変なことになるので、少しピッチ上げます(汗)

続いて広報担当の酒井さんがよく行かれるお店です。


店名:小岩井 フレミナール(KOIWAI Freminar)
住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 5F
営業時間:[月〜土] 11:00〜16:00(L.O.15:00) 17:30〜23:00(L.O.22:00)
[日・祝] 17:30〜22:00(L.O.21:00)
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「日本鉄道会社副社長の小野義眞(おのぎしん)、三菱社社長の岩崎彌之助、鉄道庁長官の井上勝の三名が共同創始者となり3名の姓の頭文字を採り「小岩井」農場と名付けられた。」(Wikiより)

「三菱とはゆかりの深いお店です。新しくなった東京駅もばっちり見える最高のロケーションと昭和の香りのするお店の雰囲気が好きです。気軽に入れるファミレス風の洋食屋さんです。」

店名:M&C Cafe (エムシー・カフェ)
住所:東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ 4F
営業時間:09:00〜21:00(L.O.20:30)
朝食営業、ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「美術書を買いにオアゾの丸善まで行くついでによく立ち寄ります。丸善創業者の早矢仕有的が生みの親といわれる早矢仕ライス(ハヤシライス)が断然おススメです!」


店名:根室花まる KITTE丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 5F
営業時間:[月〜土]
11:00〜23:00
[日・祝]
11:00〜22:00
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「KITTEの中にある回転寿司です。ここはこれ以上混雑しちゃうと困るので教えたくないのですが…とにかくネタが新鮮で、とってもリーズナブルです。」

あまりに酒井さんがプッシュするので、取材の帰りに食べて来ちゃいました!

さて、お次は夜、飲みに行っているお店を日本酒担当広報担当の後藤さんから聞いてきました。美術館の中って空気乾燥させてますから喉が渇くんですよね〜夜間開館鑑賞後に一杯飲みに行くなら…


店名:シンパチキング
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル B1F
営業時間:17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日:日祝
食べログを見る

「神田シンパチの初代店長が出したお店です。とにかく日本酒の種類が豊富、嬉しくなります。「神亀」も500円で飲めます。お魚の鮮度やよく美味しいお店ですが、150円の肉豆腐はまず行ったら必ず最初に注文します。お姉さんの感じがよく、丸の内ではなく下町のお店のようです。」


店名:あろいなたべた(aroyna tabeta)
住所:東京都千代田区丸の内3-7-11
営業時間:11:00〜23:00
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「今の蒸し暑い季節は無性にタイ料理が食べたくなります。アーチ状のJRのガード下にある本格タイ料理のお店です。料理は全て630円均一!中でもエビセンがおススメです。シンハー・ビールを飲みながら、最後はメコンウイスキーを〆で飲みます!」


店名:三富
住所:東京都千代田区丸の内1-10-12
営業時間:[平日] 11:00〜15:30、17:00〜22:00(L.O. 21:40)
[土] 11:00〜19:00(L.O. 18:30)
ランチ営業
定休日:日祝
食べログを見る

「また、ガード下のお店です…餃子や揚げ茄子炒めがとっても美味しく、仕事帰りに一杯飲むのにもってこいのお店です。アルバイトの子も絶賛していました。ランチもやっていて一時社食かのように通いました。肉野菜炒めがおススメです。」

順調にお店情報を伺っていると、高橋明也館長がやって来ました。なんでも取材に訪れた日は高橋館長の60回目のお誕生日とのこと。


美術館スタッフが用意したパティスリー・サダハルアオキ・パリ (Patisserie Sadaharu AOKI paris)特製の真っ赤な還暦祝いケーキを手にしご満悦な高橋館長。

折角なので、高橋館長にもよく行かれるお店伺ってみました。(しかしそれにしても60歳には見えないですよね〜お若い!若さの秘訣はやはり名画鑑賞かしら)


店名:ワインショップ・エノテカ ザ・ラウンジ
住所:東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル 1F
営業時間:[月〜土]
11:00〜14:00(L.O)
17:00〜22:00(L.O)
[日・祝]
11:00〜15:00(L.O)
17:00〜21:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「美術館すぐ近くのワインバー、ビストロ。ランチも夜も良く行きます。」


店名:東京うりずん
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 5F
営業時間:11:00〜14:30(L.O)
17:00〜翌4:00
(フード翌2:00L.O、ドリンク翌3:30L.O)
[日]11:00〜15:00(L.O)
17:00〜23:00
(フード22:00L.O、ドリンク10:30L.O)
ランチ営業、夜10時以降入店可、始発まで営業、日曜営業
食べログを見る

「那覇の名店が都内で最初に店を出したのがここ。とにかく美味しい!」

その他、女性が好むフレンチのお店「アルカナ 東京 カラト (arcana tokyo KARATO)」や国際ビル地下にあるトルコ料理のお店「トプカプ 丸の内店」などがお勧めだそうです。

それでは、最後に三菱一号館美術館のカフェ&ショップを担当されている村田さんに「Café 1894」情報を交えお話伺ってみましょう。

まずは、ランチによく行かれるお店を伺いましょう。


店名:ブラッスリーオザミ丸の内
住所:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 1F
営業時間:ランチタイム
平日 11:30〜14:00(L.O)
土日・祝 11:00〜14:30(L.O)
カフェタイム
平日 14:00〜18:00
土日・祝 14:30〜17:30
ディナー&バータイム
平日・土 18:00〜22:30(L.O)
日・祝 17:30〜21:30(L.O)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
食べログを見る

「丸ビルにあるオザミトーキョー AUXAMIS TOKYO)は高級店ですが、こちらはランチが1000円で食べられるパリのビストロ風の入りやすいお店です。味も雰囲気もコストパフォーマンスも最高です!外国人のお客さまも多いお店です。」

もう一店は、有楽町東京国際フォーラム村のネオ屋台村だそうです。出店スケジュールはこちらのサイトで。

「600円程度でランチが楽しめ、丸の内周辺では最もリーズナブル。皇居外苑で自然を感じながら食べるロコモコは最高です。また一号館美術館裏手のブリックスクエア(中庭)で食べるのも好きです。」


店名:CAFE 1894
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館
営業時間:[月〜木・土・日・祝]11:00〜23:00(L.O.22:30)
[金]11:00〜翌02:00(L.O.翌01:30)
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
食べログを見る

カフェ1894で常に一番の人気メニューなのがこちら。


「Café 1894」自家製 クラッシックアップルパイ
リンゴの甘みとやさしい酸味をサクサクとした食感で楽しめる焼きたて自家製アップルパイ。リンゴを丸々2つ使っているそうです。

また現在開催中の展覧会「浮世絵Floating World−珠玉の斎藤コレクション」のタイアップメニューとして初めてご飯ものを提供しています。


浮世絵展タイアップランチ「浮き浮きちらしセット〜穴子のかわりチラシ〜」

ご飯ものはどうかな〜と思っていたそうですが、これが大変な人気だそうです。今までのタイアップメニューの中でもダントツの売上だとか。

浮世絵展の見せ方と同じく和洋折衷にしたのが受けたのでしょうか。

長時間に渡り、美味しいお店、美酒が飲めるお店情報教えて頂きありがとうございました。掲載出来なかった分は後日ツイッターでツイートします。(ハッシュタグ #ミュージアムごはん)

これから伺う予定の美術館・博物館の皆さま。今回は初回ということで多くのお店を掲載しましたが、数件ご紹介いただけるだけで結構ですのでご心配なく。

最後に三菱一号館美術館の展覧会と超お得なチケットをご紹介し終わりにしましょう。


展覧会公式サイト:http://mimt.jp/ukiyoe/
「浮世絵 Floating World」
会期:2013年6月22日(土)〜9月8日(日)


三菱一号館美術館名品選2013 −近代への眼差し 印象派と世紀末美術−
会期:2013年10月5日(土)〜2014年1月5日(日)


「ザ・ビューティフル ― 英国の唯美主義1860-1900」展
会期:2014年1月30日(木)〜2014年5月6日(火・祝)

フェリックス・ヴァロットン—冷たい炎の画家
会期:2014年6月14日(土)〜2014年9月23日(火・祝)

【超お得なチケット情報】
英国美術の黄金時代を紹介する「ラファエル前派展」@森アーツセンターギャラリーと「ザ・ビューティフル」展@三菱一号館美術館の2つの展覧会を2000円で鑑賞出来る「夢の英国美術周遊券」を10月4日から一ヶ月限定で発売されます!


(クリックで拡大)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3325

JUGEMテーマ:アート・デザイン


ミュージアムごはん | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

1回目の「ミュージアムごはん」、楽しく拝見しました。
ブリックスクエアに食事処がいくつかあるのは知っていましたが、さすがは丸の内だけあって美味しいお店には事欠かないですね。

挙げられたお店の中では小岩井フレミナールに行った事があります。ランチでオムレツをよくいただいています(^^)
根室花まる、食べたいんですが、いつ行っても混んでますね(^^;)

改めて記事を読んでみると、毎日いただく食事という事で、皆さん結構広範囲にわたってお店をセレクトしているんだなと感じました。これは2回目以降も意外なお店が飛び出してきそうで、楽しみです(^-^)
ふりい | 2013/08/10 5:04 AM
「あろいなたべた」はタイ食堂的な味と雰囲気が好きで、時々行っています。タイ米なのも嬉しいです。根室花まる寿司は、最近少し落ち着いてきたみたいですが、ランチタイムは混みますね。でも、少し並んでも食べる価値ありです。隣のダ・ボッチャーノも美味しいです。呑兵衛の方には、ブリックスクエア地下、ラ・カサリンガのハッピーアワー(17:30〜)がお薦めです。
Jeres1 | 2013/09/16 10:37 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3325
この記事に対するトラックバック