青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
2013年 展覧会ベスト10
子年も今日を入れあと3日となりました。
今年は祖母、岳母そして従姉妹が他界するなど悲しい一年でした。こんな年に限り仕事でも振り回され、例年に比べ展覧会へ足を運ぶ回数も少なくなりましたが良い展覧会が多く選ぶのに苦労しました。

そんな2013年ですが、やはり展覧会総括として「2013年 展覧会ベスト10」書きまとめておきませんと、新しい年を迎えられません。毎年のことながら素人の分際で恐縮では御座いますが、何卒お付き合い頂ければ幸いです。

同様にブログにまとめられた方いらっしゃいましたら、是非TB(トラックバック)送って頂ければ幸いです。(コメントでも結構です) Facebookページ「青い日記帳」でも大歓迎です。


葛飾北斎「鳳凰」

→美術業界の方々にお伺いした2013年ベスト展覧会をまとめてあるプロが選ぶ「2103年ベスト展覧会」もご一緒にご覧下さい。

「ベスト10」と称し、拝見した展覧会に順位を付けるのはどうかと思いつつも、それでも毎年恒例の縁起もの。これやらないと年を越せないので僭越ながら発表させて頂きます。

王冠22013年 私が観た展覧会ベスト10王冠2

グッド1位特別展「描かれた都−開封・杭州・京都・江戸」

大倉集古館:http://www.shukokan.org/
会期:2013年10月5日〜12月15日

「絵になる都」開封・杭州・京都・江戸がそれぞれどのように描かれてきたか、と同時に文化の受容の流れも汲みつつ紹介するコンパクトでありながらも考えに考え抜かれた構成の展覧会。開封を描いたお宝中のお宝「清明上河図」から、過去と現代が入り混じった東京・六本木を描いた山口晃「東京圖 六本木昼図」まで40点を一連の流れの中で破綻なく魅せる構成力に感服。


描かれた都: 開封・杭州・京都・江戸
板倉 聖哲 (監修), 大倉集古館 (編集)

グッド2位「夏目漱石の美術世界展」

東京藝術大学大学美術館
会期:2013年5月14日〜7月7日

小説内にロンドンで実際に眼にしてきた絵画作品や日本美術を巧みに配することにより、自著に華を添えている夏目漱石。「夏目漱石の美術世界展」ではその漱石作品の華とも言うべき美術作品に焦点をあて、漱石がもっていたイメージを視覚的に読み解いていくありそうでなかった画期的な展覧会。ウォーターハウスに、『夢十夜』のイメージソースともなったB.リヴィエアー《ガダラの豚の奇跡》等、漱石作品の理解を深めてくれたこれまでになかったタイプの展覧会でした。漱石自身が描いたゆるーい作品も良いアクセントとなっていました。

グッド3位「フランシス・ベーコン展」

東京国立近代美術館
会期:2013年3月8日〜5月26日

「20世紀最も重要な画家の一人で、現代美術に多大な影響を与えた」アイルランド出身の偉大な画家フランシス・ベーコン(1909-1992)「目撃せよ。体感せよ。記憶せよ。」の謳い文句は嘘偽りなし。つい最近(2013年11月12日)もニューヨークで開かれたクリスティーズのオークションで1億4240万ドルでベーコンの作品が絵画史上最高額で落札されたニュースも。はっきり言ってよくぞまぁこんな展覧会を開催して下さったものだと。近美の空間でフルサイズの三幅対(トリプティック)に囲まれる快感は身体に刻みこまれました。

Bacon $142 Million Triptych Beats Warhol: Top 2013 AuctionSales
(ベーコン首位、ウォーホル2位−美術品トップ10総額過去最高)

グッド4位「つきしま かるかや −素朴表現の絵巻と説話画」

日本民藝館http://www.mingeikan.or.jp/
会期:2013年6月11日〜8月18日

日本民藝館所蔵の絵画作品の中で最も重要で、もっとも(現代人の目から見たら)エキセントリックな室町時代の絵巻「つきしま」(築島物語絵巻)を思う存分堪能できた展覧会。昨年の展覧会べスト10で1位に選んだ「お伽草子展」(サントリー美術館)を彷彿とさせる、興奮に襲われました。ルソーの「素朴美」とはまた違い、日本人のDNAにダイレクトに働きかける“美しさ”を絵巻「つきしま(築島物語絵巻)」と絵入本「かるかや」は有しています。図録は家宝にします。

グッド5位「アンドレアス・グルスキー展」

国立新美術館
会期:2013年7月3日〜9月16日

2008年に森美術館で開催された「アートは心のためにある」でグルスキーの作品が一点だけ出ていました。東近美や原美術館でも数点観た時同様に現実の世界を写し出している「写真」でありながらどことなく「絵空事」のように見えてしまうグルスキーの“写真”にずーーと興味を持っていました。ベーコン同様に評価額が高額な為、日本での展覧会は無理だろうな〜と諦め気味でした。しかしそれがこうして現実となるとは。展覧会自体が「絵空事」のように思えて仕方ありませんでした。


アンドレアス・グルスキー(Andreas Gursky, 1955年1月15日 - )

グッド6位「カイユボット展 −都市の印象派」

ブリヂストン美術館
会期:2013年10月10日〜12月29日

「印象派展」に自ら何度も作品を出品した画家としての側面と、モネ、ルノワール、ピサロ、シスレーそしてセザンヌらの仲間たちを経済的に支援したコレクターとしての二つの大きな顔を合わせ持つギュスターヴ・カイユボット。印象派の展覧会でたま〜に名前は出てきてもオルセーで「床削り」他を観た以外どんな作品を描いた画家なのかよく知りませんでした。日本初の「カイユボット展」でなるほど!と納得出来た点が幾つか。パリの中心部オペラ座の近くに居を構え、舟遊び、切手蒐集、ガーデニングが趣味の超ブルジョア。殿様趣味的に絵も描いたとすると合点が行きます。こういう余裕のある人の絵ってあくせくしてなくて良いな〜と。


壁をブルーにした会場

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」カイユボット展

グッド7位「円山応挙展 ―江戸時代絵画 真の実力者―」

愛知県美術館http://www-art.aac.pref.aichi.jp/
会期:2013年3月1日〜4月14日

同時代の若冲、蘆雪、蕭白に比べ面白味に欠けると思われている応挙ですが、そんことはなく逆に革新的なことを成し遂げんとしたチャレンジ精神旺盛なイケイケな絵師だったことが分かる展覧会でした。東大の佐藤康宏先生が「応挙はヘンタイだ」と仰っていたのも頷けます。しかしただの「ヘンタイ」ではなく中国絵画などを地道に学び習得しています。「リアルに見えること」を追求し、トリックアートのような写実画を描いた応挙。その系譜の末端にいる我々にはそれが当たり前過ぎて「フツウ」に見えてしまう点が応挙の悲しさか。兵庫県大乗寺の客殿二間、襖24面分のガラスケースなしの障壁画空間の再現展示は圧巻でした。

グッド8位「アントニオ・ロペス展」

Bunkamuraザ・ミュージアム
会期::2013年4月27日〜6月16日

応挙の次にロペス…写真のように描くことが、本当の「リアリズム絵画」ではないことをまざまざと見せつけられる新鮮な驚きと感動に満ちた展覧会でした。今まで頭の中にあった「リアリズム絵画」の定義が根底から音を立て崩れ去り、それは決して「本物のように描く」ことではないのだということを痛烈に感じました。マドリードをあれだけ「リアル」に描いているのに近寄ってみると所々粗が目立つのには驚きました。グルスキーは写真を絵画のように創り直しますが、ロペスはその逆の手法を驚くような歳月をかけ成し遂げているのです。

グッド9位特別展「和様の書」

東京国立博物館
会期:2013年7月13日〜9月8日

自分は書については絵画以上に素人です。そのド素人の自分でもこれは凄い!と唸る展覧会が「和様の書」でした。平安時代の小野道風、藤原佐理、藤原行成ら「三跡」から先日、ユネスコの世界記録遺産に登録された藤原道長の「御堂関白日記」、古筆の断簡を集め分厚い一冊の本に仕立てた「四大手鑑」等々、会場内のどこを観てもお宝のオンパレード。何と言ってもそれぞれが皆美しい!これに尽きます。真夏に開催されたにも関わらず都合4回も足を運んでしまいました。日本人に生まれて良かった〜と心の底から思える展覧会でした。

グッド10位「貴婦人と一角獣展」

国立新美術館
会期:2013年4月24日〜7月15日

2009年にフランス国立、パリ・クリュニュー中世美術館で拝見したので今更感はあったのですが、あちらで観るよりも六本木の方が更に美しく改めてこの展覧会で「貴婦人と一角獣」の6枚のタピスリーの魅力に取り憑かれてしまいました。恋愛に「正解」がないように、解けない数多の謎を内包しているからこそ、このタピスリーが何百年経っても魅力的に映るのではないでしょうか。「ガンダムUC(ユニコーン)」は来年で終結し物語は終わりを迎えるそうですが、かつてル・ヴィスト家が所有していた「貴婦人と一角獣」の物語はまだまだ終わらなそうです。

『機動戦士ガンダムUC episode 7』公開日は2014年5/17

以上、独断と偏った嗜好により選んだベスト10です。ギャラリーでの個展やイベント系の展覧会はランキングから除外しました。

と、ブログに感想を書いた展覧会からベスト10を選んでしまった結果、以下の2つが抜け落ちていることに今頃気が付きました(汗)。展覧会を観に行っても必ずしも感想を書いているわけじゃないのでこういうへまをやらかしてしまいます。

特別展「狩野山楽・山雪」と「當麻寺 −極楽浄土へのあこがれ−」も遠征した甲斐の十分にある展覧会でした。


特別展「狩野山楽・山雪」@京都国立博物館
2013年3月30日〜5月12日


「當麻寺 −極楽浄土へのあこがれ−」@奈良国立博物館
2013年4月6日〜6月2日

「ベスト10」に惜しくも入らなかったものの、選出の際に二重丸を付けた展覧会を列挙しておきます。いずれも甲乙付け難く最後の最後まで悩んだ展覧会です。(以下順位不同)

特別展「光悦」@五島美術館
「井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ」@根津美術館
「ターナー展」@東京都美術館
「幕末の探検家 松浦武四郎」@静嘉堂文庫美術館
「内と外―スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』」@国立西洋美術館
「山口晃展 画業ほぼ総覧−お絵かきから現在まで」@群馬県立館林美術館
「クローゼットとマットレス」スミルハン・ラディック+マルセラ・コレア展@メゾンエルメス
「吉岡徳仁展」@東京都現代美術館
特別展「上海博物館 中国絵画の至宝」@東京国立博物館
「モネ、風景をみる眼」@ポーラ美術館、国立西洋美術館
「魔法の美術館」@上野の森美術館
福井利佐「Life-Sized」@ポーラミュージアムアネックス
「渋谷駅体得展」@クリエーションスクエアしぶや
「渋谷・公園通り たばこと塩の博物館物語」@たばこと塩の博物館
「大野麥風展」@東京ステーションギャラリー
「坂田栄一郎―江ノ島」@原美術館
「エミール・クラウスとベルギーの印象派」@東京ステーションギャラリー
「カラーハンティング展」@21_21 DESIGN SIGHT
ミヤケマイ「白粉花」@ポーラミュージアムアネックス
「LOVE展」@森美術館
「ジャパン・ビューティー」@ニューオータニ美術館
「牧野邦夫展」@練馬区立美術館
「かわいい江戸絵」@府中市美術館
「松永真ポスター100展」@ギンザ・グラフィック・ギャラリー
「新井淳一の布 伝統と創生」@東京オペラシティ アートギャラリー
「日本の民家一九五五」展@パナソニック 汐留ミュージアム
「白隠展」@Bunkamuraザ・ミュージアム
「ジョセフ・クーデルカ展」@東京国立近代美術館
「人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三」@文化庁 国立近現代建築資料館
「古径と土牛」@山種美術館
「うさぎスマッシュ展」@東京都現代美術館
「横山大観展ー良き師、良き友」@横浜美術館
「奇跡のクラーク・コレクション」@三菱一号館美術館
「『もののあはれ』と日本の美」展@サントリー美術館

ご参考までに2004年〜2012年までのベスト10はこんな感じでした。
2004年 展覧会ベスト10
2005年 展覧会ベスト10
2006年 展覧会ベスト10
2007年 展覧会ベスト10
2008年 展覧会ベスト10

2009年 展覧会ベスト10
2010年 展覧会ベスト10
2011年 展覧会ベスト10
2012年 展覧会ベスト10

こちらもご参考までに。
かみさんが選ぶ「2013年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2013年 ベスト展覧会」

※皆さんもご自身のブログで同じように今年の展覧会を振り返るような記事書かれた方いらっしゃいましたら是非是非トラックバック送って下さい!

Facebookページ「青い日記帳」でも大歓迎です。


朝日マリオン・コム連載中


青い日記帳「出前ブログ」連載中

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3468

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 展覧会 | 16:36 | comments(6) | trackbacks(16) |
私も昨日まとめました。
予想とは異なる結果になったのは、我ながら不思議です。
| M。 | 2013/12/30 4:07 PM |

いつも参考にさせて頂いております。
今回はトラックバックを張らせていただき、ありがとうございました。

| 草野俊哉 | 2013/12/30 10:20 PM |

おはようございます。

昨日TBさせていただいた道楽ねずみです。

私もいつもTakさんのブログを美術鑑賞の参考にさせていただいております。
幅広い鑑賞と詳しい感想、とても参考になります。

よい年をお迎え下さい。
| 道楽ねずみ | 2013/12/31 10:56 AM |

こんにちは。
ベスト10、グルさん、カイユさん、一角獣、漱石先生と重なりました。

それにしても「つきしま かるかや」へ行かなかったのが悔やまれます…

来年も素晴らしい展覧会にたくさん出会えますように。

それでは良いお年を!
| はろるど | 2013/12/31 12:22 PM |

あけましておめでとうございます。
TBをありがとうございました。ベストテン漱石と貴婦人しか重なりませんでしたが、とても面白く拝見いたしました。
暮れにTBしたつもりでしたが、届かなかったようですみません。改めて送ってみましたがどうでしょうか。
今年のご活躍も大変期待しています。
| すぴか | 2014/01/01 6:56 PM |

あけましておめでとうございます。
今年も楽しい記事期待しています。
私も2013年展覧会ベスト10をアップしたのでお送りします。
初めての試みですが選ぶのに苦労しました(汗)。
| ostundwest | 2014/01/05 10:06 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3468
2013年 展覧会ベスト10
 今年は父の一周忌を10月に執り行うまで多忙で母の入退院も重なり、楽しみにしていた展覧会の一部は行くことができませんでしたが、内外の美術展を相当見ることができました。私なりのベスト10は1.エル・グレコ展2.モネ展3.円山応挙展4.北斎展@名古
| Star Prince JUGEM | 2013/12/29 7:28 PM |
展覧会ベスト
今年もあと10日、今年は、キャンペーン生活、なる、金を払ってクイズに答えて商品を
| だらだら日記 | 2013/12/29 9:40 PM |
2013年美術館・博物館の展覧会(僕的に)ベスト10はこれだ!1位は「ひん曲がった二条城の洛中洛外図」に決まりだな!
今年もずいぶんと美術館・博物館に足を運んだなぁ・・・。1年間、ずいぶんと楽しませていただいて、ほんとうに有難い限りなんだな。楽しませていただいてもらって、ランキングを付けるのはアレだけれど・・・アレだと思うけれど、僕的なベスト10をアップしてみる次第。
| 美術館と猫とアイスクリームと沖縄三線教室@東京池袋 | 2013/12/30 12:42 AM |
2013年私が見てきた展覧会ベスト10
今年は、見てきた展覧会について
| 雑感ノート | 2013/12/30 9:41 AM |
2013年今年の展覧会10本!
毎年やっている今年見た展覧会から10本選ぶというもの。 ちなみに、去年までの10
| 今日の献立ev. | 2013/12/30 3:15 PM |
2013年 私のお気に入り アート
この振り返りは、「お気に入り」のタイトル通り今年の私自身の興味・関心とリンクした美術展やプロジェクトを選ぶことを念頭に、ツイッターでのつぶやきや、ブログでの書き込み ...
| 中年とオブジェ | 2013/12/30 3:31 PM |
2013年 展覧会ベスト5
      恒例の展覧会ベスト5。一応順位は付けているものの順不同と言ってもいいですね。1位 山口晃展 「画業ほぼ総覧 -お絵描きから現在まで」ここのところ回顧展が続いていますが、この展覧会は間違いなく今までで一番濃い内容のもの。山口さんが高校卒
| What's up, Luke ? | 2013/12/30 3:45 PM |
2013年 展覧会ベスト10
今年も、見た展覧会を振り返って、ベスト10を選んでみました。なんだかんだでどんどん膨らんでしまったけれど、いやいや、と押しとどめて30に絞ったところから、なんとかひねり出したベスト10。それ以外のものについても大まかにグループをつけて印象の良かったものか
| 日毎に敵と懶惰に戦う | 2013/12/30 3:55 PM |
2013大回顧展(印象に残った美術展10)
今年も残すところあと2日です。 私も、自分の整理のため、今年見た美術展のうちお気に入りのものを挙げて行きたいと思います。 美術館に通う頻度があがるほど、それぞれの企画の良さや苦労もわかるような気がしてきまして、本当は私のような素人が美術展をランキングす
| 道楽ねずみ | 2013/12/30 9:15 PM |
2013年の展覧会
さて、2013年のギャラリー・展覧会巡りも終了したということで、恒例の今年の展覧会を記録しておこう。以下、並び順はおおむね上の方が最近の展覧会である。「:」以降は一言感想、最後の「!」は特に感慨のあったものに付けてみた。 札幌芸術の森美術館「アクア-
| 散歩日記X | 2013/12/31 7:44 AM |
2013年 私が観た展覧会 ベスト10
私的ベスト企画。展覧会編です。今年観た展覧会のベスト10をピックアップしてみました。 2013年 私が観た展覧会 ベスト10 1.「アンドレアス・グルスキー展」 国立新美術館 この一位は不動です。人はどこまで貪欲にモノを捉えようとするのか。広がる景色に遍在す
| はろるど | 2013/12/31 12:19 PM |
今年の展覧会ベスト10(2013)
昨日のブログにも書きましたが、この1年はいろいろとありました。 来年は、今年よりもいい年にしたいものです。 さて、大掃除も終わり、残りはこちらのブログを更新すること。 行きたかった美術展もあったけど、時間取れなくて悲しい思いをしたのも幾つかあります
| 朱奈のつぶやき | 2013/12/31 4:18 PM |
回顧2013/美術館・博物館編
そして美術館・博物館編結局今年も10展には絞りきれず12,3展覧会を選出wそれも何時にも増して、他のフォロワーさんと被る展覧会が多いですw自分なり選出も結構ありますけど。坂茂 ...
| みなみむさしはつぶろぐ | 2013/12/31 10:12 PM |
『えこう版 <展覧会ベスト10>』
2013年に見に行った51の展覧会の中から 私(えこう)が選んだ<2013年 展覧会ベスト10>を発表します。(リンク付きです。)第1位 『若冲が来てくれました −プライスコレクション江戸絵画の美と生命−@仙台市博物館』どるちと一緒になりましたが、ダ
| どるち & えこう の 『美術館・博物館めぐり』 & 『美味しいもの』日記なのだ | 2013/12/31 11:35 PM |
2013年の展覧会 ベストテン
 今年を振り返ってやはりベストテンを選ぶことにしました。展覧会に行く機会も  齢と共にだんだん少なくなってきましたので、  行った記憶は大事にしたいと思っています。     1.                 夏目漱石の美術世界展       この展覧会
| すぴか逍遥 | 2014/01/01 6:45 PM |
2013年 展覧会ベスト10
早いもので今年もあと2日。というか、最後の一日となりました。今年もこの一年を振り返り、展覧会ベスト10を出してみました。1位 『狩野山楽・山雪展』(京都国立博物館)今年はダントツで『狩野山楽・山雪展』。ここ数年で観た展覧会、特に日本画の美術展の中では最
| the Salon of Vertigo | 2014/01/05 10:18 AM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...