青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2013年 展覧会ベスト10 | main | さよなら巳年 >>

「とびラー」(アート・コミュニケータ)募集!

2012年4月、東京都美術館リニューアルオープンに伴い、美術館を拠点に、アートを介したコミュニケーションを促進し、オープンで実践的なコミュニティの形成を目指すべく誕生した「とびらプロジェクト」(「とびらプロジェクト」発足当時の紹介記事

東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」の担い手となる人々が「とびラー」(アート・コミュニケータ)です!



現在アート・コミュニケータ(愛称:とびラー)も100名を超えるまでになりました。来年(2014年)で開設3年目を迎えるこのプロジェクト、更に活動の領域を広げるべくまた新たに「とびラー」を40名募集するそうです!

稲庭彩和子氏(東京都美術館学芸員、アート・コミュニケーション担当係長)「美術館を専門家だけでなくたくさんの人々が集まってその方向性を考える時代となってきています。

サポーターとしてではなくプレイヤーとして「とびラー」さんの活躍に期待するところは大きなものがあります。

【とびラー募集】
東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」
アート・コミュニケータ(愛称:とびラー)40名募集!

<募集詳細>
http://tobira-project.info/b2014/

「とびらプロジェクト」とは、東京都美術館と東京藝術大学が連携して進める、アートを介してアートコミュニティをつくるプロジェクトです。

その担い手を「とびラー」(アート・コミュニケータ)と呼びます。

人と作品、人と人、人と場所をつなぎ、美術館に集まる多種多様な人々とのコミュニケーションを大切にし、そこから創出される新しい価値を社会に届けることで、アートを介したコミュニティを育んで行きます。

「とびラー」はこんな活躍をしています!

(クリックで拡大)

今年も活動の主体となるアート・コミュニケータ(とびラー)を40名募集します。東京都美術館と東京藝術大学と共に、あなたもアート・コミュニケータ(とびラー)として活動に参加してみませんか。

「とびラー」の活動は、学芸員や大学の教員、そして第一線で活躍中の専門家を中心としたプロジェクトチームがしっかりとサポートしていきます。

<募集詳細>
http://tobira-project.info/b2014/

伊藤達矢氏(とびらプロジェクトマネージャ、東京藝術大学美術学部特任助教)「家←→職場・学校の往復だけでなく、その間に美術館が3番目の場所としてあったらと考えています。

美術館という場所をより多くの人に楽しんでもらおうと色々な試みを実際に東京都美術館では行っています。

コンセプト・ムービー:3分48秒

ロングバージョン他、「とびラー」さんの活躍を紹介した動画がこちらのページにまとめて掲載されています。要チェックです!!



【とびらプロジェクトフォーラム】
<とびらプロジェクト・フォーラム開催!>
「現在進行形!対話からはじまる未来 美術館×大学×とびラーのコミュニティデザイン」


日比野克彦(アーティスト)、西村佳哲(働き方研究家)、森司(東京文化発信プロジェクト室 課長)、稲庭彩和子(東京都美術館学芸員)、伊藤達矢(とびらプロジェクトマネージャ)

場所:東京藝術大学(一部)、東京都美術館(二部)
期日:平成26年 2月 16日(日)
時間:13時より
定員:280名(お申し込みはリンクから)


人びとの価値観とコミュニケーションの形はますます多様なものになりつつあります。

そんな時代だからこそ、さまざまな立場や異なった価値観を持つ人びとが集うことのできる場所の大切さが問われています。

東京都美術館と東京藝術大学は、美術館というプラットフォームを拠点にアートを介した新しいコミュニティの形を社会へと発信してきました。



その担い手となっているのがアート・コミュニケータ(とびラー)です。本フォーラムのクロストークでは「とびらプロジェクト」のキーワードを読みほどき、さらにパネルディスカッションでは、現在進行形の「とびらプロジェクト」について設立から関わっているメンバーが熱く想いを語ります。

キーワードは「第3の場所」「コミュニティデザイン」「アート」「きく力」「共感」「多様性」「フラット」「学び合い」。

これらのキーワードに興味のある方、是非お集まりください。アートを介した新しいコミュニケーションの「とびら」を開きましょう!

<フォーラム詳細>
http://tobira-project.info/f2014/



今まで「観る」だけだった展覧会に、自分のアイディアが活かされよりよい「場」となる可能性が「とびらプロジェクト」には在ります。

新しい年に、新たな一歩を踏み出すべく「とびラー」に応募してみませんか。


東京都美術館×東京藝術大学による「とびらプロジェクト」
http://tobira-project.info/

ご興味ご関心ある方是非!


とびらプロジェクトFacebookページ



東京都美術館
(サイトリニューアル!)


東京藝術大学


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3469

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3469
この記事に対するトラックバック