青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 京都東山に清水の舞台を凌ぐ大舞台を有する青龍殿を建立。 | main | 「メイド・イン・ジャパン南部鉄器」展 >>

丸善丸の内美術館―美をめぐるつぶやき展―

丸善・丸の内本店 3階ミュージアムゾーンにて「丸善丸の内美術館―美をめぐるつぶやき展―」が開催されています。



丸善内本店内に「丸善丸の内美術館」と銘打ち、フェア売り場を“美術館”に見立て美術関連書籍約120冊を紹介しています。

美術書と一概に言っても範疇は広く、日本画、西洋画はもちろんのこと、彫刻、写真、デザイン、建築、古美術、学術、教養等々多方面に渡る出版物を「丸善丸の内美術館」では紹介しています。

普段書店に行っても中々目にしないような、自分の守備範囲外の書籍も、好きな分野と密接に関わっていたり、ちょっと手に取らぬような難し目の学術書などを、こうしてひとまとめにして「展示」してくるのはとても有り難いことです。


丸善 丸の内本店
開催日時:2013年12月26日(木)9:00 〜 2014年2月9日(日)21:00

東京美術、求龍堂、中央公論美術出版、クレオ、西村書店、六耀社、芸術新聞社、芸艸堂、青幻舎、武蔵野美術大学出版局、淡交社、秀作社出版の12社で構成される、美術書出版会(美術書を発行する出版社の連合会)が自信をもっておススメする美術書がずらりと並んだ様はまさに圧巻です。

そっくりそのままこのスペースを切り取り自宅に設置したい衝動に駆られます(こんなスペース無いですけどね…)本に囲まれて生活する幸せって良いですよね〜


「丸善丸の内美術館―美をめぐるつぶやき展―」

ただ単に、美術関連書籍をまとめたフェアではないのも今回の「丸善丸の内美術館」の一味違いところです。よく書店で見かけるこの本のこんな点がおススメです!等と書かれた「ポップ」に、ツイッターでのつぶやきを採用しているのです。

あなたの「つぶやき」が実際の書店でポップとして貼り付けられます!
あなたが丸善丸の内美術館の学芸員です!


これは純粋に楽しい!ツイッターの参加型の利点を上手く活かしています。実際に既に幾つも「ポップ」が貼り付けてありました。その中には自分のフォロワーさんも!!


ポップ例

「丸善丸の内美術館」Twitter連動企画概要

「丸善丸の内美術館」フェア対象書籍について、あなたの熱い思いをTwitterでご紹介ください。

以前読んだことのある本、今回のフェアで購入されて、ぜひ誰かに紹介したい!という本。なんでもかまいません。紹介したい書名を明記の上、140字以内におさめていただければ、書き方は自由!

あなたのつぶやきを美術書出版会公式Twitterでご紹介する他、これは! という書評は丸善丸の内本店の売場で実際に掲示させていただきます。

あなたの140字書評、お待ちしています!!

【「つぶやき」応募要項 】
 ・つぶやき募集期間:2013年12月5日(木)〜2014年1月31日(金)
 ・フェア対象書籍の感想・書評をTwitter上に投稿ください。
 フェア対象書籍の一覧はこちらです
 ・投稿の際は、必ず「書名」を明記してください。
 ・ハッシュタグ「♯丸善丸の内美術館」をつけて投稿ください。
 詳細はこちらをご覧ください(美術書出版会Twitter)


丸善丸の内美術館 ― 美をめぐるつぶやき展 ―
開催場所:丸善丸の内本店3F (東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾショップ&レストラン)
開催時期:2013年12月26日

求龍堂HP・丸善丸の内美術館特設サイト

もっとこじんまりとしたフェアと思いこみ、店内あちこち探してしまいましたが、書店エスカレーター脇の絶好のポジションにどどーーんと場所を取り開催していてびっくり!嬉しいですよね美術書にこれだけ注目が集まるのって。

東京駅丸の内北口(東京ステーションギャラリーがある出口です)目の前のオアゾ内、丸善3階へ!!

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3481

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3481
この記事に対するトラックバック