青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「FACE展 2014」「クヴィエタ・パツォウスカー展」web内覧会参加者募集! | main | 山本勉先生講演会「運慶のまなざし−全作品47体と眼の表現」 >>

渡辺おさむ「Sweets Sentiment」

ポーラミュージアムアネックスで開催中の
渡辺おさむ「Sweets Sentiment」展に行って来ました。


http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

バレンタインデー、ホワイトデーシーズンにぴったりの展覧会が銀座・ポーラミュージアムアネックスにて開催されています。

まずは、アート界のスイーツ王子こと渡辺おさむ氏のプロフィールから。


渡辺おさむ
1980年生まれ。スイーツデコの技術をアートに昇華させた第一人者として「東京カワイイTV」(NHK)や「徹子の部屋スペシャル」(テレビ朝日)等にもとりあげられ、アート界のスイーツ王子として人気上昇中。本物そっくりのカラフルで精巧なクリームやキャンディ、フルーツなどを用いた作品は、国内はもとより海外でも注目を集め、中国、イタリア、ベルギー、トルコ、アメリカ、韓国などでも個展が開催され話題を呼ぶ。2012年には初の作品集となる「SWEETOR UNSWEET?」を出版。



渡辺氏の手にかかるとマリア像もご覧の通り!

こちらは、ゴッホの有名な「星月夜」



糸杉は良いとして、空の色がかなり見慣れた「星月夜」とはかなり違います。近寄ってみるとその差はもっと歴然となります。



美しいホイップクリームでデコレートされた「星月夜」もまんざらではありません。ゴッホの描いた狂気が消えたと同時に渡辺氏による別の狂気が与えられたようです。甘くて美味しそうな!


ロダンの「考える人」も「フェイク・クリーム・アート」を施されるとご覧の通り!

あまり深いこと考えてばかりいると、頭にホイップクリームやフルーツはたまたマカロン載せられちゃいますよ〜


ダミアン・ハーストもびっくりのアイスクリームによる作品。36種類全部食べたい!!

この作品、シンプルだけど良い発送。確かにアイスクリームこうして見ると色とりどりで奇麗なものですね。それがたとえ着色料による色だとしても。


巨大なコーヒーカップに注がれたスイーツたち。
表面には立体のラテ・アートが!

渡辺氏の作品を観て思うことは、アイディアの幅広さです。

単に既製品を用いてデコラティブに装飾を加えているだけではないこと、紹介した数点の画像をご覧になってもお分かりになられたかと。


ユニコーンもご覧の通り。

とにかく過剰なまでの装飾がどの作品にも施されています。でも、それが全然嫌味じゃないのが凄いところ。配色やバランスを考えた上で飾り立てているので妙に「盛り過ぎ」て破綻している作品はひとつもありません。

因みに、一角獣の身体の表面にあるぼつぼつは、鳥肌でも蕁麻疹でもなく、「フェイク・クリーム」です。勿論、立派な角もたてがみもまた然り。


子供の頃、誰しもが一度はあこがれた「お菓子の家」も再現されています。

「クリームの表現方法によるモチーフと装飾の関係を問う新たな美術のあり方が示されています。」とお固いこと書かれてありましたが、もっとシンプルに単純に「美味しそう!」とか「食べたい!!」はたまた「かわいい!!!」といった普段着のままの基準で観るのが一番楽しめそうです。

渡辺おさむ「Sweets Sentiment」は3月9日までです。銀ブラついでに是非!!

この展覧会は写真撮影可能です。


渡辺おさむ「Sweets Sentiment」

開催期間:2014年2月7日(金)-3月9日(日)
開館時間:11:00-20:00(入場は閉館の30分前まで)
会期中無休/入場無料
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
(中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
主催:株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス



Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3508

JUGEMテーマ:アート・デザイン


 渡辺おさむは現代アート界のスイーツ王子としてマスコミをはじめ様々なジャンルで注目を集めている気鋭のアーティストです。多くの女性を魅了するメルヘンチックなスイーツ作品には、新しい感性とアイデアがあふれ、クリームの表現方法によるモチーフと装飾の関係を問う新たな美術のあり方が示されています。
 今回は、バレンタインやホワイトデーのシーズンに向けて「Sweets Sentiment」をテーマに、ケーキのキャンドルスタンドやスイーツのお皿が並ぶ晩餐会のシーンをカラフルでポップ、そしてクリーミーな新作インスタレーションとして再現します。チョコレート、マカロン、クッキー、生クリームやイチゴ、メロンなど、おいしそうなスイーツで彩られたユーモアとかわいらしさあふれる作品は、私たちの五感を刺激し、デザートを食べている時の幸せな記憶がよみがえってくるような展覧会です。会期中には、渡辺氏によるスイーツ・デコレーションのワークショップも開催します。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3508
この記事に対するトラックバック